SABORIBA ―さぼりば―

微妙な漫画家 立原ほたる の愚痴と弱音と言い訳ブログ
・タイトルをクリックするとTOPに戻ります。
・ブログ内で使用している画像・動画の無断転載は禁止です。

東京湾

こなや丸さん午後エギダコ。
B566F135-460D-429D-8EA6-90FBDCD7F2B3
 
もうぜんっぜんダメで3杯だった(T-T)
お触りも無かった(T-T)
前回極小ダコも釣ってたし乗りが分からないって事は無いと思うんだけど…。

お客様6名で全員右舷に並び、私は大艫の端っこ。
右隣で釣っていた方がいちいち私の正面に投げていたので私は邪魔しないように左に投げていたのよ(※私の飛距離はショボい)。
てことはその“隣の人”が釣った11杯のうち5杯くらいは私が釣っていたはずのタコだったと思いますヽ(>ε<。)ノムキ-‼︎
D491101D-3055-45B8-94E9-A3FA26F9BD62



どさくさ紛れにご報告。
8/8にこの“隣の人”と入籍いたしましたm(_ _)m 
(小泉進次郎さん・滝川クリステルさん
 速水もこみちさん・平山あやさん
 の入籍日と重なったのは偶然です)
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の釣り(シロギス)で釣れたタコがあまりにも美味しかったので また食べたく、
でもバタバタ慌ただしく。
で、ひと月ほど経った7/22にやっと行けました。
こなや丸さん午前エギダコ。

竿にタコ用のエギを付けて釣ります。
BB398AA8-DB79-4D3D-8EF1-F4F872979D05
8年前にとあるイベントで頂いた竿。
このエギダコでやっと入魂。
硬いのでエギダコに合っている気がします(o^^o)
アクセサリーは100均で買ったモール(100本入り)で作りました。


潮が澄んで悪条件だったそうですが、私的にはこれまでで一番多く釣れたし満足です(o^^o)
6A331FD9-3C31-4C8F-B548-0D6BE35B6D4A

900g、740g、700g、660gと、150〜280が6杯の計10杯。
304209D5-9EA0-4181-9CC3-21D4833D1E5F


東京湾のタコはとぉ〜っっっても美味しい💕
1F798931-756A-4132-BB53-EF8044ADEF99

一生噛んでいられる💕
タコ味のガムがあればいいのに(*´꒳`*)モグモグ💕








このエントリーをはてなブックマークに追加

「今日は難しいよ〜」

出船前にてっちゃん船長に言われたのですが、本当にとーーーーーっても難しかった(>o<)

今年の初釣行は富津港:ひらの丸さんよりタチウオ。

フォールの誘いで止めを長めで4本、チモトパイプを付けてのモッサリした誘いで2本を何とか釣ったところからパッタリ。
後半になんとか一本プラスして7本で終了(T ^ T)
9F9E23D7-9B41-48C1-A483-68B14F4E2AFA
 左隣の方が置き竿で何本か釣っていたので、タナを教えてもらって手持ちで動かさずにいたらアタリは出たもののいつまでも喰い込まず、我慢出来ずに動かしてしまい失敗というのも何度か…(←学習しない)

船を降りて、別船に乗っていたとっても上手な方とお話をしたのですが、
「4日前から急に難しくなった。魚はいるのに。」
とのこと。
あんなに上手い方が苦戦してるんだもん。私に釣れるわけないや(´・_・`)

あと、タチウオ0本だけど良型アナゴを何本も釣っている年配男性がいました。タナが合っていなかったようです(^^;;

帰宅して捌いたら、前回(11月)はメスはみんな卵をいっぱい抱いていたのに、今回は卵がとても小さかった。
急に難しくなったのと何か関係あるのかな?
このエントリーをはてなブックマークに追加

10/25のフグは厳しかった(>o<)
船宿は今回も富津港:川崎丸さん。
朝のサバフグの猛襲に参りました💧
釣っても釣ってもサバフグ(>o<)
サバフグってアグレッシブなんですね💧ガツガツしてる。
追いかけながら食ってくるカンジがしました💦
一方、ショウサイは可愛らしい(?)アタリ。
473E683A-FC70-44F7-A6B5-1A9DAD7F59C0 
 (↑川崎丸さんHPより)

サバフグラッシュで不快になってたけど、ラッシュが落ち着いてショウサイフグがポツリポツリと釣れだし和みました(o^^o)

釣果のほうは、やっとこ9匹釣ったあとはバラしてばかり💧
残り30分のアナウンスでツ抜けを諦めたところでヒョコっと釣れ、ツ抜け滑り込みセーフでした(^^;;
CCCA93AC-C81F-451A-8DE7-9819CB06C50E
 

前回が釣れ過ぎだったせいで少なく感じますが、本来なら今回の釣果で充分なんだろね((。_。 ))ウンウン
型も良いし ((。_。 ))ウンウン
サバフグは20以上釣ったと思います(笑)

TOPはキャスティング市原16号店 森くんの13。
1匹脱走し、リリースもけっこう多かったみたい。釣れない時に釣れるのが上手な人なんだろうなぁ ((。_。 ))ウンウン
私の10匹は3番手だけど、10匹は4名だそうで(^^;;
初挑戦のキャスティング(〃)S田くんも10でした。

帰宅し、
(*´-`).。o(飯塚船長の捌いた身欠きは綺麗だな〜)
と、イチイチ思いながら仕上げをしました。
手早いのに綺麗で身も大きくて凄いです ((。_。 ))ウンウン
DC1B1433-9148-42C2-A29E-6BECD8595AD5
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

新品のまま6年以上寝かせておいた食わせフグ用の竿に入魂すべく、昨日、富津港:川崎丸さんに行って来ました。
小さなアタリを取って釣る食わせフグ、超楽しい(o^^o)
TOP36匹、私34匹で次点でした♪

が、
川崎丸さんは“捌いた数が釣果”だそうで、私は小さいのを 9匹リリースしたので本当は25でした💦
数を聞かれた時は知らなかったので34と言ってしまった💧
船宿リリースサイズとされている15cmよりは大きかったけどたくさん釣れたので(^^;;

2CD3CCAB-EA67-4E90-942C-14AAAC161EB5
↑画像は川崎丸さんHPより拝借。
34匹になってます(>o<)
船長さんごめんなさい(>o<)
良型のカワハギも釣れたので、今夜はフグの肝和えで一杯です(o^^o)


カットウフグは何度も行っているので身欠きの状態のフグをたくさん見て来ましたが、川崎丸:飯塚船長の身欠きはとても綺麗だと感じました👀✨
このエントリーをはてなブックマークに追加

9/19(水)、富津港:ひらの丸さんよりタチウオ。
今期3度目です(たしか)。

観音崎沖?からスタート。
いきなり竿が曲がるのは両隣。
私は序盤全然ダメダメで、同行の友達に置いて行かれてしまった💧
中盤、友達のハリのカエシをこっそり潰し( 嘘ですやっていません)、彼がバラしまくっている間に何とか追いついたものの追い越せず、結果27本3番手。TOP31、友人29。
13名のお客様みなさん大きく釣果は変わらないので今回の3番手もたまたまです(^^;;

掛けられない場合が多くて悔しいシーンが多かった(>o<)
私は非力なせいか効率の良い姿勢が出来ないんだよなぁ(>o<)
セリーナ・ウィリアムズ みたいな肉体が欲しい(>o<)
いや…欲しくない…今のタプタプも嫌だけど…。

94D858AB-F247-43FE-9ED6-636FE98D9128
ひらの丸さんホームページより。
何でこんな素っ頓狂な顔してるんだ私(^^;;

9E42F80F-406E-432B-AFF1-13C68C754C7E
通りすがりの豪華客船。
釣りが出来ない船には乗りたいと思わない(^^;;

F4E38B18-F470-4D98-AAEF-BB9E70FF5E40
帰ったらキュロットにエサのコノシロが付いてた(・∀・; )
乾いてカピカピ(^^;;
このままコンビニに寄ってた(>o<)

東京湾、ショウサイフグが釣れてるみたい。
行きたい…。
食わせフグは昔2度ほど行ったことがあるけど、釣り方をキレイさっぱり忘れてしまった(^^;;


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

8/27、富津港ひらの丸さんよりタチウオに行ってまいりました。
前半イイカンジでお多福のような表情になったり、中盤うまくいかず能面のような表情になったりと、楽しさ難しさが思いっきり凝縮された釣行でした(o^^o)

結果、13名中3番手。
120cmドラゴンもGET出来たし楽しかった♪
23DCC7FF-480D-4851-9E61-1614DA2891A5

この日最小65センチと。
9F84CA53-2C9A-4898-9029-2A7D99A710E6

 ひらの丸さんのタチウオの船は大きく広々快適なのですが、船べりが高く厚みもあるので、小柄な私(155cm)にはシャクリ辛い。
気付いた船長さんが台を出してくれ、それに乗ったらとてもやり易くなりました♪
D54BADD8-14E6-4B10-AFCE-22CE9FB9EC7C
次に行くときはまた使わせて欲しいです ((。_。 ))ウンウン
このエントリーをはてなブックマークに追加

つり情報 2012年 10/1号が発売されました。
つり情報20121001

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます。ちなみにアフィリエイトではありません。
 携帯のサムネイル表示で画像の文字が小さくて見えない方は画像直リンからどうぞ^^)

さて、つり情報短期連載
『脚立釣り 再生・復活プロジェクト』は
今号で、ひとまず了。

記事の中にありますが、
私は屋形船でシロギスを釣っていました。
040d47aa.jpg


実形さんがすだてから持ってきたスズキ。
843afb44.jpg

活け締めにし、取材の後、お刺身でいただきました。

すだてにはこんなコもいたそうで
e40f7d0e.jpg

何ザメっていったかなぁ?

あ、すだての時は危ないお魚は取り除かれるそうです。
画像のサメは危なくなさそうですが^^;

166,167の見開きのページ、
このときの干潟見学にも触れられていますね。
金萬智男さんが『ハクセンシオマネキ』を発見した時の
ニュースはコチラ

ググるといろんな記事が出てきて面白いです^^

このプロジェクトは今後も続けて行くようです。
何の役にも立たない私にも、お声が掛かっているので、
その際はまたブログで報告します。

この伝統の釣りに携わることで、
干潟のあり方について考えるようになりました。
ブログでは「本に出たよワーイ」っぽいスタンスでしか書けないので、
是非つり情報本誌を読んでいただきたいです。

――――――――――――――
『脚立釣り 再生・復活 プロジェクト』
その1
その2
その3
その4
番外編
このエントリーをはてなブックマークに追加

水曜日に湘南釣り堀

マイミクで、ブログにもコメントを頂くケムールX編集長さんが、
ミクシィ内の『フィッシング&釣り漫画コミュ』で紹介されていて、
面白そうだったので、担当メルヘンさんと行ってみることになりました。

ケムールX編集長さんにそのことをお伝えしたら、たまたま会社がお休みだとのことで、
案内していただけることに^^
マイミクさんとの初対面、楽しみです。

そして翌木曜日には木更津の宮川丸さんの船でイシモチです。

先月の萬栄丸カワハギでご一緒した根岸さんが発行されている
『隔週刊つり情報』の取材です。
私が取材されるんです^^;
ちゃんと釣れるといいなぁ。

誰かスキューバ出来る人、私の仕掛けにお魚付けてくれませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回から“師匠”と肩書きを付けるのヤメます。
釣りを教えて下さるかたが増えて文章が師匠だらけになりそうなので
心の中では常に師匠と思っておりますm(_ _)m

そして、このブログやツイッターで交流をオープンにしている方は名前も出させて頂きます。

てなコトを踏まえて本文突入。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前カレイ釣りに行ったときに、初心者丸出しの私に色々と親切にしてくださったお二方(T氏とN氏とします)に誘われ内房某所まで行ってきました。
都内から前夜深夜に出発でT氏の奥様もご一緒との事。
とても急なお誘いでしたが、釣りってそういうものなのでしょうね。
「明日は天気いいぞ!行こう!」みたいな。

私は当日早朝に現地合流すべく未明に出発。
無事合流出来たところ
「強風で釣りにならないから場所を移動しよう。」
と。んで、先導されて別の港へ。

何度か投げてるうちにどんどん風が強くなり、
何も釣れぬまま納竿。

その後はいろいろなポイントを巡り、解説をしていただき、
保田漁港の『ばんや』でゆっくり食事。

それから浜金谷のフェリー乗り場の近くにある『ザ・フィッシュ』をぶらぶらして解散。

私以外の3人は枇杷ソフトクリームをニコニコとペロペロしてて、なんだか可愛かったです。
私は身体を冷やすのが恐くて食べられなかった^^;
中身はおばあちゃんなんです。

風が無ければ私に色々と教えてくれるつもりだったそうで、
ありがたく思いました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、とても暖かい日、某所にカレイを釣りに行ってみました。

現地着が午後2時ごろ。
釣り場には10人ほどが竿を出しています。
釣れている様子はありません。

カレイは仕掛けを引きながら釣ったりするようですが、
ここは手前の方の底がゴツゴツと石が多いので、投げっぱなしの方がいいみたいです。
んで、暇なので周囲の方と雑談したりしながら過ごしていました。

そして午後4時半。




マコガレイかな?
20センチくらいです。

・・・

・・・

・・・ふっ・・・
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

数日前、いつも釣っていたところが釣れなくなってきたので、
もう少し河口方面に行ってみました。

こちらの方がやや良い気がします。

ふと気付くと夕暮れ。




ハゼ釣り客と入れ違いに、シーバスを釣る人たちが河口に向かって行きました。




このエントリーをはてなブックマークに追加

13〜15センチ位が多く釣れてます。



背開きにして背骨を取り、天ぷらにしました。
真っ白の身はふんわりと柔らかく、とても美味しいですよ。

ちなみに→2ヶ月前に釣れたハゼ
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、先日、息子が釣り上げたツバクロエイ

2時間以上の大格闘だったんです。
なんてったって、幅が93センチ。
重さは量りませんでしたが、10キロくらいあったかもしれない。

で、
そんな大きな獲物がかかるなんて思ってもいないから、
タモ網もない。釣り糸も細い。

そして場所が…。
水面まで2メートル以上ある絶壁。

しばらく泳がせたり引いたりして疲れさせるも、
岸壁まで寄せると、エイは垂直の壁に張り付き、
どんなに頑張ったって、竿だけじゃ上がらない。

「お母さん!タモ借りてきて!!!」

以前、同じ場所で息子の友達が63センチのシーバスを釣った時は、
250mほど離れた橋の下にいた釣り人からタモ網を借りたそうなんです。

その時と同じ場所にちらちらと明かりが見える。

そこで、そこまで私が網を借りに行かされる羽目に。

息子「お母さん、ダッシュ!!」

私「無理!」

ただでさえ運動神経が鈍い私。
その上、橋の下までは、足場がものすごく悪い。

地面はでこぼこで、人一人がやっと通れるような草ボーボーの間を抜け、
川の縁の幅40センチ距離数メートルのとこを通り、
また草むらを抜け、雑木の枝の下をくぐる。また川っぺりを体を横にしてそーっと通る。
やっと河川敷(?)のコンクリートの地面に出るも、
“回”の形のブロックが敷き詰められたようなデザインで、でこぼこ。
おまけにブロックの間と“回”の内側の□の中には水が溜まっている。
途中、河川敷の一部が狭〜くなっているところは体を横にしてそぉ〜っと歩く。

走るなんて絶対に無理。
それでも、足をびちゃびちゃにしながら、必死で橋の下に行き、
人影に話しかけようと近寄ると…。

若者が二人、音楽を聞いてました…。

念のため、聞いてみる。

「タモ網持ってますか?」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日、息子と二人で夜釣りに。
釣り場に着いたのが夜の8時ごろ。
もたもたと仕掛けをし、何度かキャスト。
私も少し上手になり、8割方うまく飛ばせました。

ルアー釣りです。
投げてはタダ巻きを繰り返し、川底のごみをお掃除していたら、
数メートル離れた所にいた息子が
  
  「来た!!」 

あわてて駆け寄ると、

息子「あれ・・?ゴミかな?(魚とは動きが違うらしい)
   いや、違う・・・これは・・・

   エイだ!!

   やべぇ!でかい!!!」


大格闘の末、釣りあげたのがコレです。
ルアーでの初ヒット(息子が)

尻尾は毒針が危険なので釣りあげてすぐ切り落としたのを添えただけです。
横幅が93センチ。体長は尻尾込みで65センチ。
(サンダルは息子の。25センチくらい。)

最初、アカエイだと思っていたのですが、
ネットで調べたらなんだか形が違う。尻尾も細くて短いし。

どうやらツバクロエイっぽい。



このツバクロエイを釣り上げるには、もう、ものすごく苦労しまして・・・
その様子は明日にでもUPします。

ツバクロエイはこんな顔。
ツバクロエイの顔

右の足は私のです。
玄関で撮ったので暗い・・・。
ルアーでの初ヒット(息子が)


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ