SABORIBA ―さぼりば―

微妙な漫画家 立原ほたる の愚痴と弱音と言い訳ブログ
・タイトルをクリックするとTOPに戻ります。
・ブログ内で使用している画像・動画の無断転載は禁止です。

韓国

お店にはメニューに無いお酒がある。
その時々の旬なお酒を仕入れているんだと思う。
最近では、【刈穂 六舟】とか【黒龍ひやおろし】とか。


で、つい先日、
【米マッコリ】
という韓国のお酒が入荷。
常連のお客様が注文し、お出しするときに、
つい、言い間違えてしまった・・・。


まりもっこりです。」


と、にっこり笑顔で・・・orz


米マッコリを見た時に、ふと、
(´-`).。oO(名前の響きが“まりもっこり”に似てるなぁ・・・)
って思ってたんだけど、
それが言葉にでてしまった。

顔なじみのお客様ということで、
笑ってくださって助かりましたが、
やはり恥ずかしかったです^^;

私も少し・・いや、結構ご馳走になりました。
甘酸っぱくてカルピスみたいな爽やかな味。
アルコールっぽくなく度数も6%と低いので、
お酒が苦手な方でもスイスイ飲めそうです。



米マッコリ


まりもっこり




このエントリーをはてなブックマークに追加

の手話、
韓国のは分からなかったけど、
世界共通の国際手話というのがあるそうで、
それを使うことになりました〜(^o^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

秋田書店会議室で、漫画の中に出てくる手話を教わりました。
共に考え、指導して下さったのは、
御自身も手話を扱った漫画を描かれている、横谷順子先生です。

初めてお会いするということもあり、緊張していたのですが、
横谷先生はとてもにこやかで人あたりが良く、相談しやすかったです。

今回、手話シーンの出る漫画を描くにあたり、私は当初、
「出てくる単語の手のカタチだけ書いて、
 適当に道線(動きを表す線)をつければ良いかな」
と考えていたのですが、

横谷先生は、手話をとても真剣に大切に学んでいて、
同じ手のカタチでも、動きによって意味が違うそうで、
その辺をちゃんとかいたほうが良いよと、わざわざ協力に来て下さったのです。

また、サンプルビデオから韓国語の手話を分析して来て下さり、
日本語手話ではなく韓国語で行くことに。

ただ、内容をかなりアレンジしてあるので、本編には無いセリフも多く、
横谷先生と私と担当さんで、他の表現方法を考え、
なんとかかんとか解決。

ただ一つののフレーズを残して…。

そのフレーズとは…


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

デジール10/28発売号に掲載予定
『Sad Movie』のネームがOKになりました。
久々の一発OK。
その上お誉めの言葉を頂いて嬉しい♪
構成が良かったみたい。

4つのストーリーが重なりあっている本編から、
2つのストーリーを抜き出して、40ページに収めるために苦心しました。
やはり慌ただしいのはいなめませんが、映画『Sad Movie』共々、
よろしくお願いしますm(__)m


…って、まだ作画に入ってない上に、
その前に映画会社のチェックがあるんだよね〜(+_+)
もしもNGくらったらどうしよう(((( ;゜Д゜)))
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sad Movie <サッド・ムービー>
11月11日(土)全国東宝洋画系にてロードショー。





クォン・ジョングァン監督作品です。

デジール10/28発売号でコミカライズするのは……


テレビのニュース番組で、報道を同時手話通訳する仕事をしている
姉 スジョン (イム・スジョン)と
姉の恋人で仕事に一生懸命な消防士
イ・ジヌ (チョン・ウソン)のカップル、

遊園地で着ぐるみに入っている、耳の不自由な
妹 スウン (シン・ミナ)と
遊園地で客の似顔絵を描いていて、スウンが片思いをしている青年
サンギュ (イ・ギウ)のカップル、
この二組のお話を、40ページに収まるようにアレンジして描くのです。


チョン・ウソンさんてとても人気があるそうですね。
カッコ良く描かないと、顰蹙買いそう(^o^;
カッコイイ男を描くのって、苦手なんだよなぁ…描けるかなぁ…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ