SABORIBA ―さぼりば―

微妙な漫画家 立原ほたる の愚痴と弱音と言い訳ブログ
・タイトルをクリックするとTOPに戻ります。
・ブログ内で使用している画像・動画の無断転載は禁止です。

館山

1/9に予定していた
『磯・投げ情報』大人気企画“堤防ウォッチング”の見学を兼ねた釣行が師匠の仕事の都合で8日になったわけで。


面子は投げ釣りのN&A師匠。

ターゲットはシロギス。
餌はジャリメ。

00:43に師匠が迎えに。
支度間に合わずちょっと待って貰う。
館山自動車道を南下し終点からもしばし南下し、某港着。

お目当ての、磯・投げ情報12月号『M様の釣りBより』を読もうとしたけど、
目のピントが合わなくて読めないという謎の現象が起こる。
メガネなら外せば読めるんだけど、いかんせんコンタクトレンズ。
なので「家で読む!」と、マイバッグに収納。
あげると言われてないけど貰うことにした。

師匠達は仮眠。
デリケートな私は家じゃないと眠れないので必死で時間を潰す。

夏場ならちょっと雑談しているうちに朝マズメになるけど、
真冬の朝マズメは遅い。

だったら、師匠ってば、ご自宅で寝て、4時過ぎくらいに江戸川区を出てもいいんじゃね?
その方が楽じゃね?

などと、おとなしい私には言えず…。

7時近くにやっと明るくなり開始。
私が最初に小さなハゼを釣る。
e9b53cb4.jpg

今年の初釣果。
リリース。

冷え込んだのは朝方までで、風が無いため9時くらいから大分暖かくなる。
暖かいっても冬だから暖かいわけで、
夏にこの温度だったら地球レベルでパニクるくらいの寒さだと思うの。


移動。

移動。

困ったときの某港。
私が自力で上がれない某港。
消波ブロック帯があり自力では投げられない某港。
取り込みも出来ない某港。

そこで前回の記事の釣果。
N師匠6、A師匠5、私5。
流れ的に言うまでもなく私は全て両師匠に投げてもらった。

港内にアイナメ(だったかな?)らしきものが居て、
それが釣りたかった。
どうやったら釣れるのかな。
でも港内釣り禁止。
いろんなお魚を釣りたいなあ。

ここに15時くらいまでいたんじゃないかな?
N「もうそんな時間?早え〜」

多分釣り始めが遅かったからそう感じるんだと思うの。

気弱な私は、敢えて言わないけど。

で、
最近人気の土産物屋→ばんやでお風呂とごはん→ザ・フィッシュ→木更津のキャスティング→市原の上州屋→うち。

これで今期のシロギスは終了。
当分彼らと会うこともないわけで寂s(略)

帰宅してN師匠の正月旅行土産を肴にA師匠のお年賀の酒で至福の時間を堪能しつつM様(略)を読んでM様に苦情をツイート。

シロギスとメゴチを捌いて爆睡。
このエントリーをはてなブックマークに追加

a556aac4.jpg全て20センチ前後です嘘です。
全て私がつりましたハイハイ嘘です。


詳細は後日。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.12.15の午前2時。
綺麗でした。
流れ星がたくさん見られました。
良かった良かった^^


・・・

・・・

・・・


良くないっ!



ロマンチストとは真逆の性格の私が流星群を見るために館山まで行くわけがありません。

釣りですよ釣り。
サーフシーバスもやるよってんで参加したんですよ。
なのになんなのこの強風
うちを出た時は風なんか無かったのにっ!
これが南房総の風神伝説ってやつ?

風が止むことを祈りながら車で時間をつぶす。

サンルーフから眺める星空。

スーーー・・・

と、流れ星ひとつ。


私「かz・・・」


誰なの流れ星に3回願い事を言えば叶うなんて言ったのはっ!!

一瞬じゃん!
いつも一瞬じゃん流れ星って!!
「風を止めて風を止めて風を止めて」

って、無理っ!3回も言えない!


そんなわけで満天の星空の下、
どんよりとした空気の車内で夜明けを待っているのは、
毎度おなじみN師匠とT師匠と私。

風の鳴る音が聞こえる。
車が揺れる。




冬の夜明けは遅い。
やっと3時。
明るくなり始めるまでまだだいぶある。

仮眠は取ったけどなんだか眠くなってきちゃった。
でも寝たらダメよほたる。
師匠だって男。
襲われちゃう・・・・・・って、

とっくに寝てるし両師匠。

なので携帯でツイッターとかゲームとかやって時間をつぶす。

良かった携帯依存症で。
おかげで退屈しないもの。

んで、白々と空が明るみ始めやいわゆる朝マズメ(たぶん)に移動開始。
北上しつつ竿を出せそうな場所を探す。

どこ行っても強風。

ようやっと、
かなり北上し以前一度だけ行ったことがある某港(でも富津以南)でやっと竿を出せた。

風は落ち着いていたものの波が高く、防波堤は厳しいので港内で。
1mほどの段差を降りねばならず軽く苦戦。
(上る時は引きずりあげて貰った。)

しかし魚影薄くなんだか釣れる気がしない。

置き竿で放置。

ちょっと気温が下がったのか冷え込む。
お腹も空いてきた。

と、そこに、

アツアツのカップヌードルが!

いつの間にかT師匠がお湯を沸かして作ってくれたのでした。

こういう場所でのカップヌードルの美味しいことったら♪
周囲の釣り人たちもきっと羨ましがってたと思うの♪

モチベーションが上がったところで
私の竿にアタリが!!

あったらしい。
私は見てなかったけどN師匠が見てた。

N「変なアタリだったなー。なんだー?上げてみな」

で、リールを巻く。
何か重い。何か乗ってる。

力糸が見え、オモリの先に何か付いている。
んん???なんだ???
魚じゃないな???

おお!こ・・・これは・・・!!!


○コだ〜!




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今のところ、雨の確率は30%。

降ったらまた私の神的パワーのせいです(´・ω・`)ゴメンヌ

雨天中止にならず尚且つ師匠の理解を得られれば、
某釣法でサーフシーバスにトライしたい。
潮が合わないみたいだけど


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



雑魚と言わないでください^^;
とっても楽しめたんです^^;

朝ごはん前に、汐入川河口でちょっと釣って、
ギンポとかセイゴとかメゴチとか。
みんな小さいけど。

で、ご飯後、チェックアウトして、人気のスポットへ。
何とか車は止められたものの、堤防は釣り客でいっぱい。

とても奥へ行けそうにないので、岸に近い方で、浅場に向けて釣ってました。

キスやイワシ、カワハギ、ベラ、その他謎の魚。
全部小さいです。
青いのはハナハゼらしいです。
七色に光り、目も白目の上下が青く、とても綺麗な魚ですね。

メゴチのヌルヌルって凄いですね。

地元でハゼ釣ってた時に、常連のおっちゃんからメゴチばさみを貰ってたので、
それが重宝しました。


↑こんなのです。

お昼には引き上げたので、2時間ほどでしたが、
いろいろ釣れて楽しかった^^

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


『千葉・南房総・館山/海辺の小さなお宿 大浜』

ここが泊まった宿です。
トイレは共同(男女別)の簡素な宿でしたが、
目的は釣りなので十分でした。
アメニティは歯ブラシ、タオル、バスタオル、浴衣。
料理は一泊8400円とは思えないくらい量もあり美味しかったです。
素泊まりもできるようです。
なにより、スタッフの皆様が優しいことに感動。
本当に親切にしていただきました。

ネット予約の際、備考欄に釣りが目的だと書いておいたところ、
丁寧な手紙とともに
館山のお得なプランのパンフレットの地図にポイントやターゲットを記入したものと、
『太洋釣具餌センター』の問い合わせ先を郵送してくれました。

当初、20日に予約をしていたのですが、台風が近づいているので、前々日に22日に変更を頼んだのを快諾。

チェックインは15時なのに、早朝にいきなり行っても車を止めさせてくれた。
ゴンズイに刺されて車を取りに行ったら、それはそれは心配してくれ、
病院から戻り車を置きに行くと、まだ10時前なのに、
休めるように部屋を用意してくれると言ってくれた。
大丈夫そうなので辞退したのですが、
昨日の記事の通り息子が眠いってことで、
結局おふとんを敷いていただいて、息子を寝かせて頂いて・・・。

あれやこれや、スタッフ(たぶん女将さん)のほうから促してくれたんです。

こんなわがまま客にそれはそれは親切にしてくださって、
本当にありがとうの気持ちを込めて、
無断でリンクさせていただきました(これまた迷惑かも^^;)。

あと、PCの方はぜひ冒頭『大浜』さんのHPを見てみてください。
なんというか・・・面白いです。大将が。

宿より、大将が前面にでてます^^;


館山で逢った方々はいい人ばかりでした。
ゴンズイの件の地元の釣り人の方も、
釣具店のスタッフの方々も、
病院の方々も。
表面的な親切じゃなく、醸し出す雰囲気が本当にいい感じでした。




画像は、息子がひと寝した後、夕飯までの間汐入川の河口で釣ったフグ。
当然、即リリース。

というか、そこはフグばかり釣れました。
歯が強くて、糸を切ってしまうためか、一度、いつの間にか針ごとなくなっていました。

それって針を飲み込んだままってことなんだよなぁ・・・。



夕食後も来てみたけど、釣れないし真っ暗だし怖いしで、早々に引き揚げました。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




ゴンズイって言います。
毒魚で、背鰭に1本、胸鰭に1本ずつ、計3本の毒棘があります。
刺されるとバッチーン!と電撃くらったような激痛がします。
物凄く痛いです。
刺された本人が言ってるんだから間違いありません。

そうです。私、ゴンズイに刺されたのです。


※ ゴンズイに刺されて検索してここに来た方へ ※

【応急処置】

刺された箇所から血液ごと毒を絞り出し
(私は口で吸いましたが、口内の雑菌による感染症や、口内に傷などがあればそこから毒が入るかもしれませんので要注意)、
火傷しない程度の温度で温めてください。痛みが楽になります。
タンパク質の毒なので、高温にすることで固まるそうです。
(私は缶コーヒーを買いその缶を痛む箇所に当てました。)
そして念のため病院に。
アナフィラキシーショック(アレルギー)の症状が出たら救急車を呼んで下さい。
私は早朝に刺され、夕方には痛みが引きました。

以上、私の経験上のアドバイスであり、専門家ではないので、
あくまで参考までに。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ