2011年11月23日

デマじゃない!?落語家の立川談志さん死去。ツイッターが仕事をした・・・?

落語界の風雲児として絶大な人気を誇った、立川談志さんが21日、東京都内の病院で喉頭がんのため亡くなった模様です
享年75歳、告別式は近親者のみで済ませたとのこと。


1936年、東京都に生まれ、1952年に五代目柳家小さん氏に入門。
切れ味のある 啖呵たんかと痛烈な毒舌でファンを増やし、1963年に五代目立川談志を襲名して真打ちに昇進しました。
そして、1966年には日本テレビ系の演芸番組「笑点」で初代司会者を務め、人気を集めたことは有名な話しでしょう。


1997年にがんを公表しましたが、手術を経て高座に復帰しました。その後、2009年8月末に体調不良から休養となり、2010年4月に再度復帰を果たすのですが、入退院を繰り返しながら闘病を続けており、この度の訃報となった様です。


落語界の風雲児と呼ばれ、東京落語の巨星であったことは紛れもない事実。
今回の情報発信元がツイッターだっただけに、デマ説とのうわさが拡散していましたが、残念なことに事実でした。


ご冥福をお祈りいたします


hot_scoop at 19:25|Permalink芸能ニュース 

2011年11月16日

AKB商法に、セブン&アイが食い付く!?抽選でポスタープレゼント、限定120枚。転売厨がアップを始めました・・・?

AKB48のクリスマスケーキ『AKB48 3種のベリーのスイートBOX』がセブン&アイから発売されます。んで、ケーキを購入するとメンバーの限定ポスターが当たる抽選に応募できるとのこと。
相変わらずのAKB商法か!?と憤慨される人も多い、なぁんてうわさも出てきておりますが、なぜ保存もできない食品でポスターを「抽選」としてしまったのでしょうか?


AKBファンが、握手券欲しさに大量のCDを買う事例はニュースにもなっていたくらいです。抽選目的でケーキを大量購入し、その後そのケーキを大量廃棄されるかもしれない事態など誰もが予測できたことと言われていますが、セブン&アイはどの様な見解を持っているんでしょうねぇ・・・。

⇒ 騙しのテクニック

【関連記事】
・波乱の予感!?神7変動があるのか。っていうか、CD5500枚購入しているファンがいることの方が波乱だとおもうんですけど・・・。







セブンネットショッピングの弁として「特典は付いているけれど、あくまでもケーキを売りたくてやっています。しっかり作った味に自信のあるケーキですので、美味しく食べて頂ければ」と話している様です。


なんか、おかしな見解ですよねぇ・・・。自信あるならケーキだけで勝負すれば良い話なんて誰もが思うことですもの。
しかも、特典が付いていると言いながら、超限定抽選なんてやってる段階で暴利に走ったと思われたとしても致し方ないような気がしますけどね。


自信があっても売れないから、AKB48に頼るまでは分かるんですけど、限定120枚のポスターまでやる必要はなかったんじゃないのか?ってのが、大多数の声です。
実際にファンだけでなく、趣向の違う人間たちも群がっているみたいですし・・・

⇒ 悪党稼業







全国での抽選で限定120枚、しかも1人につき10枚限定だから、ヤフオク辺りで出品したら軽く10万は超える、なぁんてうわさがあります。
また、選抜TOP3の前田敦子さん、大島優子さん、柏木由紀さんなら等身大ポスターの買値が50万円も夢じゃない!と言った声も聞こえて来ます。


大量購入しても当たらない宝くじみたいなものだし、無駄という声もありますが、一方で宝くじより期待値は高く、TOP3以外のメンバーが当選したとしても買値10万円超えは余裕との話も出てきました。


転売目的の方々が色めきだつのも無理ない気はしますねぇ・・・。
これらの事から分かるとおり、もはやケーキそのものが欲しい購買層がまるで見えてこないって話しなんですけど、これで良いんでしょうかね?



1部では、ビックリマンチョコの再来でしかないし、「アイスの実」「ぷっちょ」「野菜一日これ一本」「WONDA」だって似たようなものだなんて話も出てきましたが、これらは低価格で保存が可能でしたからね。
今回の問題とは似て非なるものと考えるべきだと感じてます。



30個くらいは予約するから、半額で買ってくれる人いるならマジ売りたい。
一応食えるだけ食うけど残りは捨てる。




リアルにこんな声が出ています。
AKB商法のすべてが悪いとは言いませんけど、日持ちのしないケーキでこれを実施したセブン&アイは、ケーキの大量廃棄ニュースが報道された際にどんな対応を取るんでしょうか?


「あくまでもケーキを売りたくてやっていました。味には自信があったから捨てる人が悪いのでは!?」って対応を取るのでしょうか・・・ねぇ?
さすがに、ここまで確信犯的な対応を取られたら消費者としては首を傾げるしかないかもしれませんけど、はてさてどうなることやら・・・。



【関連記事】
・AKB48、ピンクレディー越え!?3作連続初週ミリオン達成。もう、ゴリ推しとは言わせない・・・?




hot_scoop at 22:10|PermalinkAKB48 うわさ | 食の安全騒動

2011年11月15日

木村拓哉、ドラマを卒業!?奮わない「南極大陸」に、TBS内では責任論まで噴出。南極大陸ならぬ難局大陸・・・?

13日に放送された木村拓哉さん主演のTBS開局60周年記念ドラマ「南極大陸」第5話の平均視聴率が13.2%であることがわかりました。
同作品は、木村拓哉さんのほか堺雅人さん、山本裕典さん、吉沢悠さん、岡田義徳さん、志賀廣太朗さん、川村陽介さん、ドロンズ石本さん、寺島進さん、緒形直人さん、柴田恭兵さん、香川照之さん、綾瀬はるかさん、とまぁ豪華キャストが出演しています。


通常の連続ドラマを遙かに凌ぐ制作費を投じられた大作として、放送前の下馬評では今秋の目玉と持て囃されていました。
視聴率争いでも中心に来ると見られており、誰もがこの作品の成功を疑っていなかったって感じみたいなんですよねぇ。


んが、ふたを開けてみると、初回こそ22.2%を記録したものの、その後は第2話19.0%、第3話16.9%、第4話15.8%、第5話13.2%と下げ止まらず、TBSの思惑とはまるで違った厳しい戦いが続いている状況のようでして・・・。

⇒ だれ・なぜ・どうして







視聴率13・2%という数字はフジテレビ系の前作「月9枠」で放送された「月の恋人~moon Lovers」第6話の13・4%を下回る記録になってしまいました。
これは、木村拓哉さんの主演ドラマ上「歴代最低記録」という自慢できない数字だそうで、TBS内では責任論まで噴出しているといううわさまで飛び出してきました。


「キムタク」ブランドはもう通用しない、なんて声も出てるみたいなんですけど、このまま行くと視聴率が1桁台も視野に入っているだけに、製作側にも責任の擦り付け合いが始まっている、ってなうわさも出てきちゃいました。


プロデューサーの更迭論やら、営業か編成で修行してこいと言った責任の取らせ方になるのでは?なぁんて話も持ち上がっているようなんですが、制作費が莫大な赤字を抱えているのも事実のようでして、局内はお通夜のように静まり返っている、なんてうわさも出てきています。


挙句の果てに、横浜ベイスターズ売却問題も抱えているTBSさんですからねぇ。
果てさて、いったい誰が責任を取るべき人なんでしょうねぇ・・・。

⇒ 驚愕の犯人







プロデューサーの1人は、今年最大のヒット作「JIN-仁-」も手がけた人の様です。
ちなみに10月期スタートの連ドラで初回の視聴率から下げ続けているのは、「南極大陸」「ランナウェイ」という作品のみだそうでして・・・。


この2作品の共通点は、どちらもTBS系だということ。
その昔「ドラマといえばTBS」と言われた時代もあったみたいなんですけど、今となっては見る影もなしって事なんでしょうか・・・?


このまま視聴率が奮わなければ、キムタクがドラマを卒業する、なんてうわさも飛び出してきているようなんですが、これはさすがに眉唾にしか思えませんし、出演者一人のせいにするってのも如何なものかと思います。
でもまぁ、過去の栄光は戻ってこないかもしれませんね。




南極大陸ならぬ難局大陸だろ


なぁんて揶揄されている時点で、この度の戦犯はTBS製作陣の様な気もしないでもないんですけどねぇwww
それでも「キムタク」なら何とかしてくれる?って・・・漫画みたいな展開を期待しているんでしょうかねw


【関連記事】
・アンダービリオン達成か!?前田敦子主演の「もしドラ」が失速。「マネジメント」を見るべきだったのは女子マネではなく・・・!?




hot_scoop at 21:46|Permalinkジャニーズ うわさ | 芸能ニュース
RSS・ブックマーク
オススメ商品