2011年09月29日

東電、国賊確定!?過去10年間で約6千億円の水増し請求。それでも東電は必要か・・・?

東京電力の電気料金算定の元になる見積もりが、実際にかかった費用よりも過去10年間で計約6千億円高いことが政府の「東京電力に関する経営・財務調査委員会」の調査で判明したようです。


電気代が必要以上に高く設定されていた可能性があったとのこと。
これらのカラクリは過去記事を参照してください。


報告書案によると、修繕費という項目で1割ほど過大に算出していたって話でして・・・。
「経営効率化によるものというよりも、そもそも届け出時の原価が適正ではなかったと推察される」と指摘されているみたいです。
これってはっきりいってしまえば「詐欺」ですよね?

【送料無料】ザ・詐欺師新装版

【送料無料】ザ・詐欺師新装版
価格:480円(税込、送料別)



電力消費者を欺いている時点で、まさに詐欺なんでしょうが、東電をチェックしなければならないはずの経産省も同罪ではないのか?なんてうわさもあるくらいです。
利権の闇が表沙汰になってしまったわけですが、893と警察が手を組んでいるようなもんだなんて意見も出てくる始末・・・。


しかも、この6千億円ってあくまで確認できる範囲での10年間分ってことなんですよねぇ。
ってことは、日本の好景気時代にあたるバブルの頃はどのだけのピンハネをされていたんでしょうか?
そんなことはしていない!!なぁんて言われても、もはや信じるに値しない企業ですからねぇ・・・。

⇒ バブルと寝た女たち







さらに、他の電力会社の分も合わせたら国民は兆単位で搾取されていたって考えても良いなんて声も聞こえてきます。
これが完全に合法で、且つ搾取金も返さなくて良いのであれば、民間会社である必要性ってないわけでして・・・


この東電の水増し問題。
国民感情だけでも腹立たしいんですけど、工場経営している中小企業などの企業からしても経済的ダメージは強かったという意見があります。


電力料金が当たり前の値段だったら、企業も個人ももっと豊かに発展をしていた可能性が高いなどの指摘も出てきました。
まぁ、景気低迷の原因のすべてが電力会社のせいというのは言いすぎかもしれませんが、それでも電力会社が詐欺的手法で暴利を貪り、その搾取金を政治家や経団連に撒いて電力会社自体が非競走の状況を維持してきたとするならば、利己的企業と言われてもいたしかたないかなぁと。


ましてや、原発問題により日本に只ならぬ被害を出した企業です。
その後の様々な対応においても、誠意ある企業とは努々感じられません。
そして、この水増し搾取問題が明るみに出てきました。


ここまで来ると、国賊企業と言われてしまってもフォローのしようがないんじゃないでしょうかねぇ?
原発問題は「天災」という免罪符を使用して逃げるつもりかもしれませんが、この件に関しては言い逃れ出来ないでしょう。

日本を蝕む人々

日本を蝕む人々
価格:1,575円(税込、送料別)



今後続くと言われている電力料金の値上げ。
絶対に払いたくないと思っている人は、多いんじゃないかと思います。


一般家庭の被害はそれほどのものではないかもしれませんが、企業などからは過去にさかのぼる損害賠償請求が発生したとき、政府はまた税金を投入するのでしょうか?
JALの様に、一度清算し馬鹿げた給与体系を見直すべきなのかもしれません。
今まで甘い汁を吸っていたOBにも、関連企業にもそれなりの対応をして然るべきなんでしょう。


そして、電力産業の抜本的な改革に努める良い時期なのかもしれませんね。
今回の原発事故も、本来であれば原発自体にはなんら問題が無く、それらを保有していた企業の体質に問題があったと考えるべきです。


・・・っていうか、東電やフジテレビやとまぁ気持ち悪い企業が増えすぎたんですよ。
結局、経営理念が捻じ曲がり古い体質のまま利益追求を試みた化けの皮がコレですからね。
日本って国が疲弊しているのも当然なのかもしれません。

だって、利権塗れの世の中で経済成長を語るって、笑えない冗談ですもんねwww

だれも知らない日本国の裏帳簿


【関連記事】
・日本人は頭がおかしい!?東電や政府がメチャクチャやってるのに暴動すら起きない。日本人は責任逃れのプロ・・・?
・東電役員に辞任要求!?政府の第3者委員会の最終報告素案。解体、分社化案がないだと・・・?




hot_scoop at 19:55│ 東電問題 | 福島原発事故
RSS・ブックマーク
オススメ商品