2017年01月03日

2016年にやったゲーム3

さらに続きです。

・ドラゴンクエストヒーローズ2 双子の王と予言の終わり(PS3)
発売日に購入→40点

前作がDQと無双型のアクションゲームの融合がかなりマッチして、
開発スタッフにもDQ愛が感じられて期待して買ったのに裏切られた作品だよ!
前作はDQらしさがあったけど、今回は悪い意味で無双のコエテクバランスゲー。
これのせいで余計にωフォースの信用度がなくなった気がする…。

前作と比べてストーリーが雑、同じ王道でも前作の方がまだマシだったよ。
6キャラなんか特に原作の設定が全くというほど生かされてない。(特にテリー)
ハッサンとテリーは知り合い同士だからクリア後の登場なんだろうなと思うけど、
ハッサンと知り合う前に出会っているデュランとの関係はなし状態だったり。
かと思えば4とかは出会いの設定はちゃんとあるみたいとかよく分からん。

ただ、一番ダメだと思うのは敵の異常なまでの耐久力と堅さ。
小型のモンスター(スライムやがいこつとか)は前作と変わりないですが、
大型モンスター(アンクルホーンやバトルレックスやボス系)がとにかく堅い。
後半になればなるほど耐久力がグンと上がっていくので、
クリア後とかは下手なボスよりもそこから出現するモンスターの方が強かったり。
倒す事自体が作業的になってしまい、爽快感なんてありゃしない。
あんな強いサタンジェネラルとかなんでフラフラしてるのか意味分からないよw

あと、特定のキャラは本編リストラでDLCで登場なんて仕方したけど…
あの扱いの悪さを思うとリストラされた方がマシとかひどい。
FFとかと違ってキャラ数に限度があるDQで中途半端に追加されても、
また〇〇出さないのか!みたいな論争しかなさそうで限界を感じるんだよね。
3が仮に出ても多分同じ様な感じならやらないと思う。

・ブレイブフロンティア(iPhone)
8月21日に開始→70点

多分BEのブレフロコラボの時に落として、本格的に開始したのはBEコラボの時。
向こうのキャラ分からんし、BEとゲーム性同じ会社なだけに似たようなもので、
いい機会だからちょっとやってみようかなと手を出したゲーム。
ただ、BEみたいのと違ってバーストありきの戦いで無言で戦闘こなすし、
ゲーム自体が長くキャラも多すぎてわけわからなくて魅力に思えなかったのよね。
なので、最初のコラボの際はただのログイン勢で放置してしました。

その後10月ぐらいに逆輸入される形でブレフロでBE主人公トリオが登場して、
そこからちょくちょくやり始めるようになりましたね。
やっぱりFFキャラの恩恵というのはかなりでかく、いるだけで全然変わりましたw
これがナンバリングキャラだったらさらに進める事になっていたかも。

基本的なところはアビリティがないBEなので、ほとんど操作はオート。
楽っちゃ楽だけど、パターンが少なく戦略性に欠けるからゲーム性はBEが上。
それと淡々と戦闘をして終わりになるんで、その辺りは物足りないんですよね。
RKとかでもそのシリーズのキャラを入れて、同シリーズに入れたりすると
限定会話があったりするものなんですがブレフロはそういうのは特になく。
これだけキャラがいながらその辺りがないのは寂しいの一言だった。

ただ、ガチャ面では圧倒的にブレフロの方が上。
通常召喚・レア召喚・激レア召喚と3つ召喚方式があるわけだが、
他のゲームとは違い、このゲームは10連という方式はなく単引きのみ。
ただ、激レア召喚だと最大ランクまで覚醒が可能なキャラのみ出るので、
いわゆるゴミ引きという割合が大変少ないゲームなのは良いと思う。
ただ、あまりキャラストーリーがない為にキャラ設定が分かりづらい事から、
あまり愛着がわきづらいというのが少し勿体ないところがありますw

hotarui99 at 00:00│Comments(0)ゲーム 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔