中国の今後の金融政策を検討する全国金融工作会議が20日に閉幕しました。この会議は2002年以来の開幕でしたから、5年ぶりということになります。

それでは、今回、何を決めたのか?人気ランキング

日経新聞によると、\こ最大1兆ドルを超す政府の外貨準備の運用を多様化する。4大銀行のひとつ農業銀行の株式化・上場を目指して銀行改革を仕上げる。4覿箸株式や社債で資金を調達できるよう資本市場を整えることなどを決めたようです。→株式ランキング

それでは、,粒芦濬猗の多様化というのは、具体的にどうするのか?現在、米ドルやユーロを中心に運用しているますが、その運用利回りは4%程度にとどまっている模様です。このため、今後は原油や希少金属など資源の購入に外貨準備を当てる見通しだといいます。

ということは、資源相場は最近、低迷していますが、そろそろ原油価格も下げ止まるのかどうか?原油価格は株式市場でも銘柄別の株価に影響を与えますから、中国当局の出方が注目されそうです。ランキング

もうひとつ、4大銀行のなかで最後の上場となる農業銀行ですが、その資産は中国第2位(約74兆円)。しかし、不良債権比率が26%で資産の痛みがひどいため、今後は公的資金で不良債権を処理し、来年中の上場を目指すそうです。

昨日、本家サイトで中国株の損益を更新したところ、本家サイトのアクセス数が急増しました。最近は中国交通建設を仕込んだくらいで、あとは放置投資を続けているのですが、どんどん含み益は上昇していることが分かります。ご興味のある方は、どうぞ。

株式ランキングは日本株ブログが上位を独占しています。中国株ブログにも応援のランキングクリックをお願いしますね!

中国株投資の3点セット!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。なんといっても見やすいのが気に入っています。

中国株二季報2007年春号」の今回の特集は、「高成長続ける中国経済〜軟着陸への道と投資戦略」。上場企業インタビュー「中国国際航空」「パークソン」「華能国際電力」。そのほか盛りだくさんです。

本家サイト「ど素人の投資ドットコム」に2007年1月の中国株損益を掲載しました。ご関心のある方はご覧ください。

NEWS!中国株二季報2007年春号の販売が始まりました!

中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのQさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。

中国株投資というのは、グローバルな視点で市場を見る目が必要です。私の外国為替証拠金取引(FX)を実践して、そうした目を相当養いました。

当ブログのランキング!  を確認してね!素敵なサイトはこちらです!

中国株の第一人戸松信博が中国株で1億円を獲得するプロジェクトを実施中!詳細は今すぐ こちらをクリック!