「中国の大気汚染を緩和するためには家庭のガス化が必要だと、中国当局は考えているに違いない。だからガス銘柄は伸びる」と思って、2004年にシンアオガス、昨年2006年に中国燃気(チャイナガス)を購入しました。

シンアオガスは狙い通りに株価が2倍になったので、昨年半分売却し、タダ株を保有しているのですが、現在、その株価も160%を超えています。

一方の中国燃気ですが、昨年購入以来、他の同期生銘柄が急騰するなか、上昇率は40〜50%前後で見劣りは歴然とした状態でした。

ところが、ここ最近、株価が急騰し、現在は上昇率が+81%。買価の2倍まで、あとわずかという水準まで近づいてきました。

上昇原因は、前回のブログでも書きましたが、同社の株主オーマン・オイル・カンパニーが中国燃気の株式を2757万株買い増したこと。

さらに、きょうは、オマーン政府と天然ガス・石油などの貿易・開発会社を合弁設立すると発表し、株価はさらに+4.8%上昇しました。→株式ランキング

もうひとつ、最近、頭角を現してきたのが、中国希土(チャイナレアアース)です。最近、急騰しているのですが、きょうも+8.23%の急騰でした。

急騰の原因はよくわかりませんが、中国政府がハイブリットエンジンやコンピュータなどに必要なレアアースの輸出を制限したことが急騰理由かなあと勝手に思っています。

何と言っても、中国はレアアースの世界産出量の9割を占めている国です。輸出制限は価格の高騰につながっているようです。

きょう、取り上げた2銘柄に共通することがあります。それは企業名が「中国〜」という名前だということです。

以前、申し上げたことがあるかもしれませんが、「中国〜」というのは、いかにもナショナルブランドっぽいので上昇するかもしれないという、いい加減な買い方をしてみました。

もちろん、それだけではありませんが、「中国移動」「中国銀行」「中国ロ業」と、私の保有する銘柄には、こうした単純な名前の企業もちらほらあります。

冗談のような話は、これぐらいにして、きょうは中国当局の株価政策を考えてみたいと思います。→株式ランキング

上海A株をはじめとして、これだけ株価が上昇すると、いつ調整するのかという下落不安が日に日に強まります。そのカギを握るのが、何と言っても中国政府の考え方だと思います。

中国株投資を考えるときに、重要なポイントがいくつかあります。

ヽ式市場には中国人民の預金がだいぶ流入しているということ。

∨無五輪は中国政府が威信をかけて成功させたいだろうということ。

C羚餽駝韻両暖駑呂漏亮造望緇困靴討い襪箸いΔ海函

ずG後半は本土のマネーが香港市場に流れ込むだろうということ。

ッ羚饑府は日本のようなバブルとバブル崩壊は避けたいということ。

この5つのポイントを組み合わせると、何となく見えてくるものがあります。

ひとつは、急騰相場を際限なく放置はできないと考えているということです。かといって、乱暴な政策を打ち出せば、「株価暴落→人民の預金が消える→社会不安を誘発→北京五輪にけちがつく」という、最悪のシナリオの引き金を引きかねません。

ということは、適度な調整が望ましいと思っているのではないでしょうか?そのあと明るい上昇相場を再現し、北京五輪を成功裏に開催し、終わらせたい。そのためには、どんな方法があるのか?そんなことを日夜、思案していると思います。

それでは、私はどうするか?→株式ランキング

調整が来たら、ためらいなく買いです。中国株投資家にとって、ここ数年の低迷期を我慢してようやく訪れたビックチャンスだと思うからです。しかも、ここにきて中国人民の消費力も格段に向上したというニュースも伝えられています。

これは企業収益にとって大事なファクターです。

中国人民が証券会社に殺到したように、私が保有する中国版ヤマダ電器「国美電器」にも殺到する日が到来したらいいなあ、なんて、勝手に妄想している次第です。

やはり、高度成長期の国には夢を感じますね。

中国株人気は当ブログのランキング順位でも感じます。

きょう現在、利益利益は+938万円。保有銘柄や実績は、本家サイト「ど素人の投資ドットコム」に掲載しましたので、ご関心のある方はご覧になってください。→ランキング

ところで、中国株も凄いですが、私がもうひとつ実践している外貨投資も凄いです!1年間で投資利回り3倍という状況です。外国為替証拠金取引(FX)は、31万円の投資に対して133万円の含み益、利回りは429%。FXは投資を始めて1年ほどで400%の利回りですから、これはアンガンや万科企業をはるかに上回る投資利回りです。

それにしても、過去のブログを読んでいただくと分かりますが、最近は為替相場の動きで中国株市場の動きもなんとなく予見できるようになりました。「ドルが下落すると株安。ドルが上昇すると株高」というパターンが定着していますので、中国株投資と外国為替証拠金取引(FX)の相性の良さを実感しています。ちなみに、私のFX投資は31万円の投資で利回りは370%を突破して絶好調です。

ご関心のある方は、「ど素人の外為日記」をご参照くださいね。

ところで、先日、岡三証券グループの中国株証券「岡三オンライン証券」をご紹介しましたがこの口座は無料情報やツールが満載で大反響です。とくに、AASTOCKS社の情報は、基本的な銘柄情報や「チャート分析」だけでなく、過去の株価データを分析して今後5日間の株価予測を表示する「値動き予想」もあり、とてもユニークです。本当に当たるかどうかは分かりませんが、楽しめるツールかもしれません。現在、国内手数料無料キャンペーンを実施中です!

口座開設はこちらからどうぞ!

中国株投資の必須アイテム!中国本土B株も購入でき、株式情報も充実した東洋証券、そして銘柄研究に役立つ「中国株二季報2007年春号」。この本は中国株版「四季報」として私が愛用している本で、毎号購入しています。中国株投資家の「三種の神器」は、「中国株二季報2007年春号」であり、「日本株より儲かる中国株大成功ノート」、そして、あのんさんが推奨している「「中国株の新しい常識35」です。私はそう思って熟読玩味しています。