2007年01月26日

韓国と映画を作るからこんな事になるんだよ・・・

2001年1月26日、JR新大久保駅で起こった、酔っ払いが線路に落ち、その人を助けようと韓国人留学生の李秀賢(イ・スヒョン)さんと日本人のカメラマン関根史郎さんが線路に入ったものの、山手線にはねられ三人が亡くなったと言う事件。
色々と話題になりましたが、もう6年も前の事になりますか・・・

・・・で、こういうのは美談にして置いてこその物だと思うんですが、これが映画化されたそうです。
タイトルは「あなたを忘れない」。
これがまぁ、酷い有り様だそうです。
そもそも、たった数分間の出来事を映画にすること自体にムリがある訳ですが・・・


17 : 名無しさん@七周年 :2007/01/26(金) 00:32:53 ID:UbHqW3hn0
↓この映画の宣伝ポスター
http://blog77.fc2.com/s/specialnotes/file/chosen.jpg

この映画のオフィシャルサイト キャスト表

http://www.korea-japan.jp/cast.html
助けようと飛び込んで亡くなった日本人・関根さんの名前は一番下から4番目、「酔っ払いの男」の下。

この事件では日本人カメラマン関根史郎さんも助けに飛び込んで亡くなっているのに、
その日本人の方は意図的に隠され、「助けようとしたのは韓国人だけ、日本人は見ているだけだった」という印象の映画になっている。

配給元のソニーピクチャーズによるとこの映画は 「フィ ク シ ョ ン で す か ら 」。

[事実]李秀賢には韓国に恋人(韓国人)がいた
[映画]李秀賢には日本に恋人(日本人)がいた

[事実]転落した男性は見ず知らずの他人
[映画]転落した男性は恋人の父親で韓国人嫌いの人種差別者
http://kei.txt-nifty.com/suki/2007/01/post_b86c.html

・・・これで日韓合作の日韓友好映画だってんだから笑わせる。
何を差し置いても関根さんを完全に無視ってのは、あまりにもふざけてる。
よくドラマとか映画とかで、ストーリーに関わる重要な人物は最後にクレジットされたりってのがありますが、映画の公式サイトを見る限り、明らかに脇役の一人って扱いですよ?しかも、酔っ払い男よりも下の。
韓国人が命を張って人助けをすりゃ美談になって、日本人が命を張って人助けすりゃ無視ですかそうですか。
この映画の糞監督も、「見ず知らずの人を救おうと線路に飛び込んだ李さんの最期の姿を、今の日本人に見て欲しい」とか、完全に関根さんなんて最初っからいなかったかの様なコメントしてるし。

李さんの恋人云々の話も酷い物ですね。
これであれか。恋人の父親が「彼は素晴らしい男だった。韓国人は素晴らしい!」って最後になる訳か。
頭ん中腐ってんじゃねーの、この映画作った奴ら?

尼崎の脱線事故の時といい、悲惨な出来事を映画化やドラマ化して金儲けを企む奴らがムカついて仕方ないんですが、やっぱりこの映画も見るまでもなく糞映画決定の様です。ていうか、なんでここまで韓国人が喜びそうな設定ばっかりな訳?
韓国人はこれを見て、感動とかしちゃうんだろうな・・・関根さんが無視されてるってのは、どんな脚色にも勝る蜜の味だろうし。
日本人もバカだから、こういうのを間に受けちゃうんだろうなぁ・・・特に韓流ドラマ大好きなババアとか。

こんな映画が大ヒットしたら、それこそ日本の終わりだと思うんですが、
信じられん設定の数々だわ、ホント。助けに入って亡くなった二人も、これじゃ浮かばれんだろ。
こんな映画を作った奴らこそ・・・

マンガ嫌韓流2


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hotatekusai/50485694
この記事へのトラックバック
初心者が作業開始3ヶ月後から、メルマガを使った情報商材のアフィリエイトで月30万円以上を稼げるようになること。それが本書の目標であり、コンセプトです。
ブログで稼ぐ方法をお教えします【ブログアフィリエイトで日給8万円ブログとメルマガで作る稼ぐ仕組みの作り方】at 2007年01月29日 01:00
マネー問題の解決がこのサイト管理者のテーマです。急いでお金を都合したい、長期的に大金を儲けたい、急な入用に優良な金融業者を紹介して欲しいなどのニーズにこたえるよう日夜研究に励んでおります。
経済的自由を実現する会【優良金融業者紹介】at 2007年01月29日 22:17
この記事へのコメント
はじめまして。
今から半世紀前、我が身を犠牲にしてまで見知らぬ日本人を助けようとした、ある一人のデンマーク人がいました。
彼の勇気ある行動を初めて知った時、私は感動で体が震え、涙が止まらなくなりました。
関根史郎さん、李秀賢さんもそうですが、こんな勇敢な方は世界中に居られるんですね。


http://www2.w-shokokai.or.jp/knudsen/sibai/sibai_0.htm

http://www.town.mihama.wakayama.jp/kikaku/knudsen/knudsen.html
Posted by ジョナサン at 2007年08月18日 19:26
まだまだ日本では浸透していませんがTwitterの次にくるのはこのフォースクエアで間違いありません!
Posted by フォースクエア at 2011年06月28日 11:43
ホタテくさいブログ=親韓派
Posted by ホテルくさい名前 at 2016年07月13日 23:47