TOEFL

2020年07月09日

TOEFL松山予備校、TOEFL専門塾|松山市でトーフル

E9A7B3F7-642B-4559-B61F-8E0B34339EC4



TOEFL の文章のノリは、

英検の上位級に近い。


英検準1級や英検1級の雰囲気に近いです。


英検では、研究者や大学教授が

登場しますが、TOEFLでは

登場しないのが特徴的です。



やや抽象的な内容だけれど

英語の読解力があれば、

イメージができるようになっています。


a people という、シャレた表現なんかも

登場してます。


昔、学習塾の寺小屋グループに清家先生という

人がいて、a people に関して

20才の私は議論した記憶があります。


私 「 people には、a を付けても良いんですよ。

民族とか国民みたいな意味になります。 」

と高校生に解説したら、

清家先生は、

「 そんなの見た事ないよ。a people なんて

あるのかね、、ワケくん。 」


なんてエピソードも。


向こうも留学帰りの

若造が何か言っとるわい、と思っていたに

違いない。


松山駅か松山市駅の近くに

TOEFL専門塾作ろうかな。


なぜないのか?ボキャブラリーで

苦戦してる先生が多いからだと思います。

ほとんどの先生がTOEFL敬遠しますからね。


私は、旺文社から出版されている

TOEFL 3800 に収録されている単語の

意味を即答できます。


TOEFL 英単語 3800 収録語彙を

抜き打ちで私を試してみて

ミスした場合は、入会金無料でも

いいです。


そのくらい、やり込んでます。




玄武岩は、英語で?

basalt !

とにかく、即答します。


難解な英単語の意味を即答するのは

昔から得意です。


英語ネイティブ5大国を完全攻略!


アメリカ留学 🇺🇸


カナダ留学 🇨🇦


オーストラリア留学 🇦🇺


ニュージランド留学 🇳🇿


イギリス留学 🇬🇧




" 松山留学予備校 "


松山トーフル・ゼミナール


松山トフル・ゼミナール



TOEFLの問題解説とか、

めっちゃワクワクしますね。


松山大学や愛媛大学に

TOEFL講座は、

現在無いと考えられますから

松大生、愛大生向けの

TOEFL講座も良いかも。



愛媛大学TOEFL講座


松山大学TOEFL講座


松山東高TOEFL講座


愛光高校TOEFL講座


愛光は、ドキドキ。私は東高なので

愛光生を相手にすると萎縮しそう。

愛光生めっちゃ頭いいですからね。


中学は、愛大附属中もいいですよね。


坊っちゃん留学予備校


" 坊っちゃん留学 "


愛大附属小

→ 愛大附属中

→ 松山東高

→ スタンフォード大学




" ここで、やっと

本動詞【 → 述語動詞、

1文で骨格となる動詞のこと。 】が

登場するんです。

長〜い主部【 主語 】ですよね。

英検の準1級、1級、TOEFLでは、

長い主部は、よく使ってきますから

抑えときましょう。常に主語と動詞の

骨格を意識しながら読解しましょう。"




TOEFLの公式問題




The Rise of Teotihuacan

The city of Teotihuacan, which lay about 50 kilometers northeast of modern-day Mexico City, began its growth by 200 –100 B.C. At its height, between about A.D. 150 and 700, it probably had a population of more than 125,000 people and covered at least 20 square kilometers. It had over 2,000 apartment complexes, a great market, a large number of industrial workshops, an administrative center, a number of massive religious edifices, and a regular grid pattern of streets and buildings. Clearly, much planning and central control were involved in the expansion and ordering of this great metropolis. Moreover, the city had economic and perhaps religious contacts with most parts of Mesoamerica (modern Central America and Mexico).




How did this tremendous development take place, and why did it happen in the Teotihuacan Valley? Among the main factors are Teotihuacan's geographic location on a natural trade route to the south and east of the Valley of Mexico, the obsidian1 resources in the Teotihuacan Valley itself, and the valley's potential for extensive irrigation. The exact role of other factors is much more difficult to pinpoint —for instance, Teotihuacan's religious significance as a shrine, the historical situation in and around the Valley of Mexico toward the end of the first millennium B.C., the ingenuity and foresightedness of Teotihuacan's elite, and, finally, the impact of natural disasters, such as the volcanic eruptions of the late first millennium B.C.



This last factor is at least circumstantially implicated in Teotihuacan's rise. Prior to 200 B.C., a number of relatively small centers coexisted in and near the Valley of Mexico. Around this time, the largest of these centers, Cuicuilco, was seriously affected by a volcanic eruption, with much of its agricultural land covered by lava. With Cuicuilco eliminated as a potential rival, any one of a number of relatively modest towns might have emerged as a leading economic and political power in Central Mexico. The archaeological evidence clearly indicates, though, that Teotihuacan was the center that did arise as the predominant force in the area by the first century A.D.



It seems likely that Teotihuacan's natural resources—along with the city elite's ability to recognize their potential — gave the city a competitive edge over its neighbors. The valley, like many other places in Mexican and Guatemalan highlands, was rich in obsidian. The hard volcanic stone was a resource that had been in great demand for many years, at least since the rise of the Olmecs (a people who flourished between 1200 and 400 B.C.), and it apparently had a secure market. Moreover, recent research on obsidian tools found at Olmec sites has shown that some of the obsidian obtained by the Olmecs originated near Teotihuacan. Teotihuacan obsidian must have been recognized as a valuable commodity for many centuries before the great city arose.



Long-distance trade in obsidian probably gave the elite residents of Teotihuacan access to a wide variety of exotic goods, as well as a relatively prosperous life. Such success may have attracted immigrants to Teotihuacan. In addition, Teotihuacan's elite may have consciously attempted to attract new inhabitants. It is also probable that as early as 200 B.C. Teotihuacan may have achieved some religious significance and its shrine (or shrines) may have served as an additional population magnet. Finally, the growing population was probably fed by increasing the number and size of irrigated fields.



The picture of Teotihuacan that emerges is a classic picture of positive feedback among obsidian mining and working, trade, population growth, irrigation, and religious tourism. The thriving obsidian operation, for example, would necessitate more miners, additional manufacturers of obsidian tools, and additional traders to carry the goods to new markets. All this led to increased wealth, which in turn would attract more immigrants to Teotihuacan. The growing power of the elite, who controlled the economy, would give them the means to physically coerce people to move to Teotihuacan and serve as additions to the labor force. More irrigation works would have to be built to feed the growing population, and this resulted in more power and wealth for the elite.



1 obsidian: a type of volcanic glasslike rock used for manufacturing tools and ceremonial objects



Directions: Answer the questions.

In paragraph 1, each of the following is mentioned as a feature of the city of Teotihuacan between A.D. 150 and 700 EXCEPT:

A.regularly arranged streets
B.several administrative centers spread across the city
C.many manufacturing workshops
D.apartment complexes
The word "ingenuity" in paragraph 2 is closest in meaning to:

A.ambition
B.sincerity
C.faith
D.cleverness
Which of the following is NOT mentioned in paragraph 2 as a main factor in the development of Teotihuacan?

A.The presence of obsidian in the Teotihuacan Valley
B.The potential for extensive irrigation of Teotihuacan Valley lands
C.A long period of volcanic inactivity in the Teotihuacan Valley
D.Teotihuacan's location on a natural trade route
What can be inferred from paragraph 3 about Cuicuilco prior to 200 B.C.?

A.It was a fairly small city until that date.
B.It was located outside the Valley of Mexico.
C.It emerged rapidly as an economical and political center.
D.Its economy relied heavily on agriculture.
Which of the following allowed Teotihuacan to have "a competitive edge over its neighbors"?

A.A well-exploited and readily available commodity
B.The presence of a highly stable elite class
C.Knowledge derived directly from the Olmecs about the art of toolmaking
D.Scarce natural resources in nearby areas such as those located in what are now the Guatemalan and Mexican highlands
According to paragraph 4, what has recent research on obsidian tools found at Olmecsites shown?

A.Obsidian's value was understood only when Teotihuacan became an important city.
B.The residents of Teotihuacan were sophisticated toolmakers.
C.The residents of Teotihuacan traded obsidian with the Olmecs as early as 400 B.C.
D.Some of the obsidian used by the Olmecs came from the area around Teotihuacan.
Select the TWO answer choices that are mentioned in paragraph 5 as being features of Teotihuacan that may have attracted immigrants to the city. To receive credit, you must select TWO answers.

A.The prosperity of the elite
B.Plenty of available housing
C.Opportunities for well-paid agricultural employment
D.The presence of one or more religious shrines
In paragraph 6, the author discusses "The thriving obsidian operation," in order to:

A.explain why manufacturing was the main industry of Teotihuacan
B.give an example of an industry that took very little time to develop in Teotihuacan
C.illustrate how several factors influenced each other to make Teotihuacan a powerful and wealthy city
D.explain how a successful industry can be a source of wealth and a source of conflict at the same time
In paragraph 1 of the passage, there is a missing sentence. The paragraph is repeated below and shows four letters (A, B, C, and D) that indicate where the following sentence could be added.

In fact, artifacts and pottery from Teotihuacan have been discovered in sites as faraway as the Mayan lowlands, the Guatemalan highlands, northern Mexico, and the Gulf Coast of Mexico.

Where would the sentence best fit?

The city of Teotihuacan, which lay about 50 kilometers northeast of modern-day Mexico City, began its growth by 200 –100 B.C. At its height, between about A.D. 150 and 700, it probably had a population of more than 125,000 people and covered at least 20 square kilometers. (A) It had over 2,000 apartment complexes, a great market, a large number of industrial workshops, an administrative center, a number of massive religious edifices, and a regular grid pattern of streets and buildings. (B) Clearly, much planning and central control were involved in the expansion and ordering of this great metropolis. (C) Moreover, the city had economic and perhaps religious contacts with most parts of Mesoamerica (modernCentral America and Mexico). (D)

A.Option A
B.Option B
C.Option C
D.Option D
Directions: An introductory sentence for a brief summary of the passage is provided below. Complete the summary by selecting the THREE answer choices that express the most important ideas in the passage. Some sentences do not belong in the summary because they express ideas that are not presented in the passage or are minor ideas in the passage. This question is worth 2 points.

A.The number and sophistication of the architectural, administrative, commercial, and religious features of Teotihuacan indicate the existence of centralized planning and control.
B.Teotihuacan may have developed its own specific local religion as a result of the cultural advances made possible by the city's great prosperity.
C.Several factors may account for Teotihuacan's extraordinary development, including its location, rich natural resources, irrigation potential, intelligent elite, and the misfortune of rival communities.
D.As a result of its large number of religious shrines, by the first century A.D., Teotihuacan became the most influential religious center in all of Mesoamerica.
E.In many important areas, from the obsidian industry to religious tourism, Teotihuacan's success and prosperity typified the classic positive feedback cycle.
F.Although many immigrants settled in Teotihuacan between A.D. 150 and 700, the increasing threat of coerced labor discouraged further settlement and limited Teotihuacan's population growth.




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hotch_potch_club at 08:42|PermalinkComments(1)

2019年03月13日

TOEFLテスト英単語3800 松山TOEFLゼミナール/松山IELTSゼミナール

A50D5299-83B4-44B6-862D-2A8FB8286C8F



TOEFL 英単語3800。


TOEFLは、読み方は、

トーフル。


TOEFLとTOEICの違い。


TOEIC は、日常&ビジネス&社会生活


TOEFLは、学術系で文章のノリは英検準1級や

英検1級のノリに近いトピック。



# トーフル

# トイフル

# トエフル

# トフル

# 豆腐

# とーふ

# とうふ


TOEFL → トウフル → 豆腐 ??


FullSizeRender



TOEFLテスト英単語3800

旺文社、著者は、神部孝さん。


私は、初版、

改訂版、第3版、4訂版まで

全部持ってます。


TOEFL やるなら、この単語集が

オススメです。



CD を使って記憶する

やり方が自分に合っていました。


英語 → 日本語 の順に

流れるのですが、

ナレーターの人の日本語訳よりも

早く日本語訳を言う訓練が

かなり効果的です。


assiduous → 『 勤勉な 』


この場合、industrious ,

diligent と日本語ではなく

英語の類義語を言うトレーニングも

かなり功を奏します。



prospector → 炭鉱者【 たんこうしゃ 】


TOEFL英単語3800の中の単語なら

1.0秒以内に日本語訳、または、

英語の類義語を出せます。



頭ん中が、電子辞書みたいな状態を

目指しています。



ザトウクジラ → humpback whale !



もう、ホント、音聞いた瞬間に

即答しますから‼️



試してもらいに来てもいいですよ!



CDは、300回以上聞いて、

知的武装して訓練してますから、



molasses → 糖みつ!


みたいな感じで、サクサクと、


どんな難解な単語をも


即答してみせます!



CD 300回以上が

かなり効果的です。


ランク1,2は、簡単すぎるので

ランク3、ランク4を中心に

聞いていきます。



300回以上聞いてみると、


perfunctory → おざなりの


あたりの英単語も、馴染みのある単語に

なってきます。



目指すは、人間電子辞書。


a walking dictionary .



★ 英単語を覚えるコツ ★


付属のCDを


300回以上聞いてみよう!




同じCDを500回以上聞いたらどうなるか

引き続き、報告します‼️



英語教育のジョバンニ株式会社


英会話スクール・英語教室の

ジョバンニ株式会社


代表取締役 社長

和家 裕樹


略歴:愛媛県松山市出身。

英会話スクール経営者。英会話スクール研究者。

専門は、TOEIC 。


松山東高校、アメリカ・ロサンゼルス留学、

学習塾・寺小屋グループ英語講師を経て、

20歳の時に英会話スクール運営法人を設立。

企業経営歴15年。TOEIC講師。

松山の英語オタク。


趣味は、勉強と海外旅行 。→ 息抜きも大切!


image




エピソード : 高校時代は、

成績は学年で毎回最下位。

全国的にも、偏差値は10。英語が

分からず、白紙で提出した事も。



偏差値 10 → TOEIC 960点



before ビフォー


赤点まみれの地獄絵図から、スタート!


0ea7787c



after アフター



IMG_1532



P.S.


私の曽祖父 * は英単語の記憶に長けていたと

伝えられております。


* 和家 清一郎 【 わけ せいいちろう 】

1881年 【明治14年】〜 1965年【 昭和40年】

愛媛県八幡浜市出身。


真穴みかんを研究・開発

真穴みかんブランド創業者


真穴みかんブランド創業家

私たち、和家家の歴史本、

出典: 親父からのメッセージ

FullSizeRender










  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hotch_potch_club at 12:05|PermalinkComments(0)

2013年07月13日

松山市内でTOEIC(トーイック)/英検/TOEFL(トーフル)/IELTS(アイエルツ)対策なら・・・



↓英語教室のホームページはこちら↓

students

愛媛県松山市の

中心部(上一万・道後[愛媛大学の近く])で

TOEIC/英検/TOEFL/IELTS対策なら・・・

ジョバンニ株式会社の各教室へ。

narita

students


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hotch_potch_club at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
松山の英会話教室ブログ
松山の英会話教室ブログ
松山市の英検準会場
eiken-application
★ まあな みかん ★
ehime-mikan
国際観光都市 - 【松山】
Matsuyama
松山の英会話教室ブログ
訪問者数

    high_note music lounge
    ハイノート・ミュージック・ラウンジ
    英会話の ジョバンニ (株)
    ジョバンニ株式会社
    TOEIC対策のジョバンニ
    trial
    愛媛県松山市
    Matsuyama
    英会話のジョバンニ(株)
    松山市の天気なう。
    松山の英会話教室ブログ
    英会話の体験レッスン
    明日への手紙
    letters
    Seeing is Believing
    スタンダード・チャータード銀行
    英会話の ジョバンニ(株)
    英会話,松山
    松山市の英会話教室ブログ
    president
    画像をクリックして最新のお得な情報をGET!
    ミカエラ さん
    松山の英会話教室ブログ
    Matsuyama
    最新記事(画像付)
    英会話の ジョバンニ
    松山市の英会話教室です。
    英会話のジョバンニ(株)
    松山の情報ブログ
    愛媛・松山の英会話学校
    INTERVIEW WITH PRESIDENT
    ツイッター公式アカウント
    You Tuber、カナダ人タレントのミカエラさんCMの英会話教室です。英会話やTOEIC 講座等の無料体験レッスンは、フリーダイヤル:0120-949-815 愛媛県松山市平和通 1-1-1 いよてつ Lofty 上一万
    愛媛の英会話教室ブログ
    松山の情報ブログ
    ギャラリー
    • 合格体験記
    • 専業主婦だった私が、50代で英検一級合格、70歳の最年長英会話講師になれたワケ(プレジデントオンライン)
    • 私の英語教育の基本は、ゆるく、楽しみながら…
    • 私の英語教育の基本は、ゆるく、楽しみながら…
    • 私の英語教育の基本は、ゆるく、楽しみながら…
    • 私の英語教育の基本は、ゆるく、楽しみながら…
    愛媛の英会話教室ブログ
    松山の英会話教室の経営者ブログ。
    英語学校の経営者ブログ
    和家裕樹
    過去のブログ一覧
    トリセツ - 西野カナ(フル)
    torisetsu
    松山の英会話教室
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    著者プロフィール
    80024ba6

    和家 裕樹(わけ・ひろき)


    愛媛県松山市生まれ。

    【真穴みかんブランド
    創業家】4代目

    和家清一郎のひ孫。

    松山東高校、
    ロサンゼルス留学などを経て
    20歳の頃に起業。


    英会話教室運営・英語教育の
    ジョバンニ株式会社
    代表取締役社長

    保有資格:TOEIC 960点
    内訳(L:495点、R:465点)

    英語で苦労した経験から,
    英語力をアップさせたい
    学習者の切実な気持ちが分かる
    英会話教室の企業経営者。


    14歳(中2)の時から,
    語学教室の組織的な経営に
    興味を抱き始める。


    16歳の時、高校は成績不振で
    進級できず,偏差値70の高校を
    退学処分になる。

    英語の成績は440人中440番。
    学年ビリの最下位で偏差値10の
    落第生。

    高校中退後、精肉工場でのバイト
    (ニッシン・グルメビーフ)や
    新聞配達少年をしながら、
    英語の勉強と人生をゼロからやり直す。

    大検(高卒認定資格)や
    TOEIC960点を取得。

    ロサンゼルス留学や寺小屋
    グループ・学習塾講師等を経て
    23歳の時に英会話スクール
    運営会社を設立。


    30歳の時、西日本で初となる
    マンツーマン英会話教室を創立。


    40代で外国語の専門学校、
    『 松山外語専門学校 』の
    創立を目指している。


    愛媛県松山市出身の
    英会話スクール事業家。

    企業経営は、12年以上。

    TOEIC講座から生まれた著名な卒業生は、
    2005愛媛みかん大使、2006愛媛みかん大使、
    2010ミス日本(ファイナリスト)、2011全日空キャビンアテンダント、
    2013ANA客室乗務員、その他テレビ局のレポーターや
    アナウンサー等。

    企業語学研修で担当した企業は、
    井関農機株式会社(東証1部上場企業)、
    ニトムズ株式会社・
    日東ライフテック株式会社
    (東証1部上場企業の
    日東電工グループ)e.t.c.

    尊敬する教室経営者は、
    二神能基氏(寺小屋グループ・
    二神塾の創業者)、
    松岡功氏(学習塾の進級スクール・
    進級グループの創業者)。