日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

2011年12月

2011.12.25 下浦 スミイカ

たぶん今年最後になるであろう釣行。ほんとはもう一回ぐらいいきたいところだけど。
今回も羽田かみやからスミイカ乗合です。事前情報だといままでと違う展開になってきているよう。ただ前日から沖の潮が入り込んできていてなんかさらにしぶくなってる様子。まぁでも10杯ぐらいいけるべと軽い気持ちでいたのだが。

今回は新しい竿を新調。自分で直した竿がだめぽなので、TICAの220のスミイカ竿を購入。この竿も廃版なんだけど、現行モデルだと240の長さになってしまうので、探し回って無事購入。いままでの竿に比べて重めなのでワンハンドでのしゃくりは難しいけど、使った感じはまぁまぁかな。デカイのきても竿がきしむようなことはなくて十分使えそうです。

今回はトモをおさえるべく3時半起床で5時過ぎ着。右のトモを無事に確保。北西の風のようなので、こっちが潮先になるだろうと思っていたのでひと安心。7時半の河岸払いまで飯くったり、スッテのカンナ磨いたりして時間を
潰します。ここのところの駄目具合を反映してかお客さんは集まらず4名。これだと先も後もあんまり関係ないかも。定刻のちょっと前に出航。最初に到着したのは富津の沖ぐらいの20mぐらいのところ。多少風があるが、それも功を奏し、潮通しはばっちり。しかも自分がばっちり潮先となる展開。いつものように錘20号の胴突スッテ仕掛けとエギの置き竿で始めます。

潮も流れているし、朝のモーニングタイム。普通ならほどなくズシッと重みが乗るのだが、しゃくれどしゃくれどPEは虚し空を切るのみ。前日はよかったようなのでじっくり流してみるが、船中で3杯顔を見たみたいだけど、自分の竿には重みはのらず。この時点ですでに11時近くorz。当初の10杯なんていう見込みは速攻おしゃかとなり5杯取れるかどうかって感じに。

移動して次は、富津の第一カイホーの下へ。ここでも渋かったがなんとか重みが乗り、シリヤケながら1杯ゲットでなんとか坊主脱出。でもここでも追加の乗りはなく、船はさらに南下。観音崎を超え浦賀の先へ。35mぐらいのところを流してみます。ここでいっぱつ600gぐらいのいい奴が乗ります。下浦の70mなんてとこではないけど、35mから上げてくる600gでしばらくぶりにしびれる感じがありました。プチ下浦って感じでしょうか。ただ追加の乗りはなくその後も竹岡方面に行ったりしてみましたが、パッとせず移動して観音崎のちょい下へ。ここでなんか急に雨がぱらぱらと降りだしたときにポンポンと連発して2杯追加。ここはチャンスとさらに気合を入れますが追加の乗りはなく、最後にちょっと北上してカイホーでやりますがそこでも自分に乗りは来ず終了~。

結果4杯で惨敗といった感じです。隠居屋で初めてスミイカ船に乗った時の1杯に次ぐ悪い記録orz
自分的にはいつもと同じやり方で攻めたつもりですが、今日のイカ様達のご機嫌にはかなわなかったようです。ただ感じたのはイカはいるのだけど、なんかしらのスイッチが入る状況じゃないとまったくやる気なしモードだったようです。積極的に小突いてリアクション気味にイカにスッテ抱かせようとも考えてみましたが駄目でした。

各宿のスミイカ船もみんなカイホーから下で下浦に集まり始めたようなので、いよいよ冬のスミイカ釣りって感じでしょうか。75mから上げてくる600gのしびれる感じを味わえるまでもうちょいでしょうか。

今日はまた全身筋肉痛。

2011.12.11 木更津 スミイカ

日曜日は事前予告通り4週間ぶりにスミイカいってきました。こんなに釣り行かないのは何年ぶりだろ。

今週末かみさんはチビ連れて実家に帰っているので、金曜日昔のレース仲間との忘年会後、土曜日はもちかえった仕事をやりその後まったり。昼は久し振りの燦燦斗へ。いつもの通り定番のあつもりを食してきました。毎度ながらうまいっす。小麦のいい匂いのする麺と絶妙なつけ汁。そして絶品なチャーシュー。普通のあつもりにしましたが、肉増しにすればよかった。好き好きはあると思いますが、自分的には某有名店のつけ麺なんかよりはるかにうまいと思うけどね。その後オーケーに買い物に行った後、晩飯の準備をして、早めの晩飯後、翌日の釣行に備えてはやめの就寝zzz

3時半の目覚ましでサクッと目覚めて一路羽田のかみやへ。現地には5時ぐらいについたのでトモいけるかと思いましたが、既に両トモには竿が...orz
久し振りだったので、ぜひトモでやりたかったのだけどしょうがないので、空いている両ミヨシのうち当日の西風予報から右前を確保して、飯食ったりして時間を待ちます。
今回はポイントがたまったんでタダでの乗船。こういうときはえてしてダメな時が多いんですがどうでしょう。

定刻の7時半9名で河岸払いで一路木更津沖へ。
約40分で到着で早速スタート。今回はこの前自分で直したスミイカ竿に錘20号のいつもの胴突きスッテ仕掛けと150円エギをつけた置き竿の2本立てで臨みます。
到着したときはまだ多少下げ潮が効いていたようで、ほどなくして1杯目をゲット。無事に坊主脱出。イカは400g弱のレギュラーってとこでしょうか。約4週間のインターバルだったのでイカはそれなりにでかくなってきてますね。自分的にはでかいのより小さいやつの方がおいしいからそっちがいいのですが。

ポツポツといった感じで飽きない程度には釣れてくるけど、連発はなく淡々といった感じで釣れてきます。当日は大潮でしたがほとんど潮は効かなく、風もないに等しいので沖に浮いてる船はあちこち向いてます。イカのサイズはいろいろですが大体400gぐらい中には600g弱のいいやつも混じります。水深的にはまだ15m前後の浅場なんでさほど上げるのは苦ではないですが、前回のカワハギ竿と違い、今回は棒のようなスミイカ竿なのでズシッをいっぱい味わえました。

ぼちぼちと数を稼いで、ツ抜けしたころに今までと違う重さのズシッに一瞬根掛りしたのかと思いましたが、動き始めて、噴射してるのがわかったのでイカには間違いありませんがなんだかわかりません。モンゴウイカかもしれんと思いましたが、上がってきたのは1キロ弱ぐらいのアオリイカ。足一本でしたが無事にタモ入れしてもらいこりゃうれしいおみやげ。去年も600gぐらいのやつを木更津沖で釣ってるんですが、今回のはそれより一回り以上おっきいやつでした。

その後は木更津沖を転々と流してぽつぽつ拾い釣りの様相で、最終的にシリヤケ込のスミイカ16杯、アオリイカ1杯で終了となりました。

内訳としては2杯が置き竿のエギですが、その他はすべてスッテ。自分的には攻めのスタイルのスッテの方が性にあってる感じがします。ただかなり体に負担がかかるので、一日釣りして帰ってくるとヘトヘト。特に左手の負担が大きいです。しかもせっかく直した竿はまた問題発生でたぶんもう使えなさそうです。新しい竿の購入を考えていますが、トリガーグリップで短いスミイカ竿なんてないので、どっかで妥協せざるを得ないでしょう。ちょっと釣りのスタイルを変える必要があるかなといった感じ。

ダイワさん。昔の島影みたいに2.1mぐらいの長さの軽くてトリガーグリップのスミイカ竿出しませんか。最新のメタリアで。これだったらちょっとぐらい高くても買っちゃうんだけどな~。たぶん現行の2.4mだと長過ぎって感じてる人は結構いると思うけどな~。

スミイカは5杯を実家に分け、残りはサランラップにくるんでそのまま冷凍庫直行。アオリイカのみ半分にして実家におすそわけ。1キロぐらいなんで半分にしても十分お釣りがくるぐらい食べれそうです。手が墨だらけになってしまいました。

今晩は久し振りにアオリイカいかせてもらいます。

近況

世の中はクリスマスだなんだってことみたいだけど、先月のバタバタから仕事が忙しくなり...。
釣りも前回のかみやから行けずにストレスも上昇中。
ここのとこの冷え込みでなんとなく体調も悪化。頭痛継続中。
でもやっと今週末はスミイカいけそう。入院していた竿の補修も終わり、今回はいつものスミイカ竿で出陣しようかと考えています。
ひとつ気掛りは、あんま釣れてないことorz
まぁしゃくりまくってスカッとストレス発散だね。
プロフィール

hoteiaoi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ