日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

2012年01月

2012.1.15 下浦 スミイカ

15日日曜日はなぎのようなので、久し振りの鶴見隠居屋のスミイカ乗合へ。
ここのところ好調のようなので、前回の仇を討つためにもがんばらんと。

早起きしたつもりはないが、最近年をとったのかサクッと起きて出発。現地に到着すると一番乗り。トモを確保しようとすると、すでに両トモには竿が...。唯一四隅で空いていた右前を押さえてしばし待ちます。定刻よりちょっと早い7時20分ぐらいに河岸払い。一路下浦を目指します。1時間ちょいで現地着。

水深でいうと40m前後かな。錘30号のいつものスッテ仕掛けで始めます。たまーに忘れた頃にぽつぽつという感じでイカは乗るけど、ここのところの好調具合からは程遠い感じ。ただサイズは600g前後って感じでいいんだけどね。前なんで潮後ってこともあるのかもしれないけどね~。

途中貴重な乗りを2杯ばらしたり、チップも何回かあったりしたけど、最終的には6杯で終了orz
この前よりはいいけど、なんだかな~って感じで不完全燃焼。心地よくない筋肉痛で月曜日を迎えるはめに。

ここからは愚痴。
今回は1番だったにも関わらず、すでに前日からの場所取りで自分の思った場所でできずに...。ここ最近は以前に比べ釣りに行けなくなったので、たまにいけるときは自分で納得いくように釣りをしたいので、なるべく早起きしていくのだが前日から場所を取られてしまうとそれはもうどうしようもないという感じ。まず船宿に前日からの場所取りが可能とのルールがあるのかどうかだが、今はほとんどの船宿はないと思う。
一部の常連の人か近所の人だと思うが、船宿も黙認してるのだろう。特に潮の後先で釣果に差がでるような釣り物の場合は、それによって一日の釣果がだいぶ変わるしね。
隠居屋は約1年ぶりだったが、前にもこういうことがあったので自分の中で足が遠のいていたのは事実。船宿としても1年に数回しか来ない人と毎週のように来る人では当然扱いは違うと思うけど、こと場所取りについては明確にルールを決めておいてほしいというのが本音。そうしないとほんとに一部の常連だけの船宿になってしまうんじゃないかなと思う。せっかくいっぱい釣らせてくれる船宿なのにね。

最近常宿にしている羽田のかみやはその辺は明確にルール決めがされていて、常連だからいつもいい場所ってわけではなく、早起きして早く来た人がいい席を確保できるよう徹底されている。まぁ潮後でも釣る人は釣るけどね。

ただこのような傾向の船宿は他にもあるけどね。常連は電話一本でトモ確保みたいな。船宿側もうまい人がいい場所で釣ればいっぱい釣るからいい宣伝にもなるだろうし。

まぁぐちぐちいいわけ書きましたが惨敗です。竿頭は13杯だそうです。別の宿だと25杯なんてのもあったみたいだからダメですね~。どーも年末から釣り運は下降気味のようですorz

初節句

去年生まれたわが娘。今度の3月に初節句なので雛人形を頼んできました。

土曜日に人形の街岩槻へ。人形屋さんがいっぱいあるのですが、事前に情報収集した上で3軒ほどをピックアップ。自分の時のものを買ってもらった経験はあるけど、自分が娘に買うなんてのは当然初めてで相場や良し悪しなんていうのもわからんけど、ネットで調べるといろいろとでてくるもんですね。便利な世の中になりました。口コミサイトのやらせなんていうのがあるぐらいだからネットの書き込み全部が正しいとは思えないですが、情報源としてはいいのかなと思います。後は人対人だから合う合わないもあるしね。

リストアップした3軒の本命のところを一番最後に訪問することとして、まず1軒目。品揃えはすごいですが、値段も立派な感じが...。ただわかったのは、有名な人形師が作ったり、着物がなんとか織とは有名なやつだと高いってことがわかりました。ある意味当然なんでしょうが。ここで大体の相場感を養うことができました。ただ後でわかったことですが、人形は現物を手にとって見ないといい悪いは判別できないということです。これも知ってる人には当たり前のことかもしれませんが、パッとみただけだと同じに見えても、人形本体がプラスチックでできてるものあり、着物の折りとかも見えない後ろや人形の下なんかで違ってたりするので、実際手にとって見ないとわかりません。ここのお店はたぶん手にとってみることはできないようなので、値段が安いものはそういうところでディスカウントされているのでしょう。

続いて2軒目を訪問しようと思いましたが、駐車場がないことが判明orz
お金払って停めるという選択肢もありましたが、まぁいいやということで本来の目的の3軒目にスキップ。3軒目は岩槻の街の中からちょっと外れて工業団地の中にありますが、ナビを頼りに無事到着。小木人形店というお店です。ネットでの評判が一番良かったのですが、どんなもんでしょうか?

入って店の中をうろうろしていると、一人の女性の店員さんがついてくれ、いろいろと説明をしてくれました。
ここで実際に人形を持たせてもらいいろいろ確認することができました。手にとってといっても大事な人形なのでパントマイムに使うみたいな白い手袋をいただいてそれで手にもっていろいろ確認。さらに顔の表情もいろんなパターンから選べ、着物の柄も後ろの屏風まで選べることのことでした。非常に丁寧に説明していただき、値段的にも予算内に収まりそうなので、ここでカタログをいただき、一時退散。かみさんとガストで昼食兼作戦会議とします。

ガストでの作戦会議の結果、台の大きさ、顔の表情、着物の柄、屏風などを大体決めて再度お店へ。再びいろいろアドバイスを受けながら、現物合わせでコーディネートしてくれます。ここでさらによさそうなバランスにして完了。無事に注文。27日の大安に自宅に郵送されることとなりました。

一発勝負の感のある人形選び。複数のお店を見たわけではないのでなんとも言えませんが、なかなか良い買い物ができたかなって感じです。

鼻涙管閉塞

生後4ケ月になるわが娘。生まれたときから左目が涙目で、目やにも多くでていて、題名の症例が疑われていたのだが、2か所ほど行った眼科では、特に検査もせずに目薬で様子見ましょうって感じ。目薬(抗菌剤)をつけると一時的に目やにはよくなるが、挿さないと再びひどくなるを繰り返していたので、改めて3か所目の眼科を訪問すると、すぐに検査をしてくれ、鼻涙管が詰まっているのが判明。昨日処置してもらいました。

処置といっても、目から鼻に落ちる管を専用の針でつっついて穴を通すというもの。なんとなく目を針でつっつくという感じがいやなところだけど、10~20分程度で処置は完了。

先生曰く
胎児はもともと4枚の膜が鼻涙管の中にあるそうで、それが生まれてくるまでに破れて穴が空くらしいのだが、そのまま残って生まれてきてしまう子どももいるよう。ただその場合でも生後3ケ月ぐらいまでには自然に穴が空くケースもあるようだが、それを過ぎてしまうとなかなか自然に穴が空く率は減ってしまうらしい。また6ケ月を過ぎると力が強くなり、処置の際に暴れることもあることから全身麻酔が必要となってしまうケースもあるよう。そんなこんなで、早めの方がいいということで、昨日の処置となりました。
先生曰く、本人は痛くないとのことでしたが、動くとまずいので抑えつけられていることでギャンギャン泣いているのが待合室にも響いてくる。しばらくすると、看護師さんに抱えられて処置室からでてきた。目の周りが多少あかかったが、あとは特に何も変わりなし。残ってた膜が結構厚かったらしく、自然で破れることはなかったでしょうとのことでした。涙目は解消したもよう。後は再びふさがってしまうケースもあるようなので、その確認をすればだいじょぶのようだが、彼女は逆さまつ毛もひどいので、今度はそっちのケアも必要になるかもしれんな。

最近はこの処置の経験がある眼科医が減っているそうな。乳児に処置するのはやりたがらない医者も多いんだろうね。

2012.1.3 観音崎 タチウオ

今年最初のブログ更新。あけましておめでとうございます。

ここのところ様々な事で公私共に忙しくなかなか自分の好きな事に時間が割けない状況。前はさんざん行っていたハゼ釣りも去年は結局ゼロ。悲しいといえばそうなのだが、今年も時間を見つけてぽつぽつ釣行したいと思います。

それで新年一発目はずっと前から行きたいと思っていたタチウオのジギング船。せこせこ道具を集めていてやっといけそうになったので、三が日の最終日に行ってまいりました。
今回の船宿は初めての深川吉野屋。浦安の吉野屋は何度もいってるけど、こっちは初めて。でも家から結構近いんだよね。葛西橋の荒川屋と同じぐらい。当日は結構な人出で2杯出し。自分は2杯目の右トモに座り、7時に河岸払い。一路観音崎を目指します。道中は多少の揺れでしたが1時間半ぐらいで観音崎到着。既にかなりの船団ができています。早速のスタートの合図。どれぐらいのジグ付けたらいいのかわからんので、とりあえず120gの紫色のジグでスタートします。着底後にしゃくり始めると早速なんか重たい感じ。ガンガン走り回る感じではないですが、確かに魚の感触。80mからなので巻き上げるのも結構重労働。それで上がってきたのは、指4本サイズのいい奴。周りの船見ても結構釣れてるので、速攻クーラーに入れて再度しゃくり始めるとまた重たい感触。今度もまた指4本のいいサイズ。いや~しびれるって感じ。

さくさくっと2本いいサイズが釣れたので、こりゃ爆釣かと思いきやその後はぱったりorz
ジグの色を変えたり、重さ変えたりいろいろしてみましたが、うんともすんとも言わずorzそれでも周りの餌釣りの船とかはまだいくらかは釣れてるので多少はまだ魚のやる気はあるようだが、われの竿は空をきるのみ。それにしても観音崎の船団ってすごいね。下浦いく途中で見たりはしていたけど、あんな狭いエリアにあんだけの船集まるんだから。あんななかで一日操船するのは大変だろうな。昔の霞の浚渫みたい。

その後指3本サイズを1本追加して合計3本で終了。最後の最後に結構な手ごたえの奴をかけたんだけど、途中で軽くなってしまいorz

今回初めてやってみたけど、結構奥が深い釣りだね。単純にしゃくればいいってもんじゃない。活性が高いときは落としてしゃくれば釣れるって感じかもしれんけど、低いときはどうやって口使わせるか考えないと釣れない。まぁ何やってもだめな時もあるみたいだけど。自分的には、軽めのジグ使ってゆっくりスローフォールさせて当たり出すのが活性低いときには有効のような感じがしたね。ただお祭りさせないように十分注意が必要だと思うけど。あと今回はPE1号を巻いていったけど、もうちょい細い糸の方がいいかな。この辺も改良の余地があるでしょう。竿もジグの重さ80gまでの竿で一日やっていたけど、120gぐらいのジグ使うとかなり疲れる。十分釣りはできるけど、竿がしなる分手首に負担がかかることから、もうワンランク固い竿が欲しいな。手返しも考えて次回は2本体制で挑むかな。

当日は活性が低めだったようだけど、船宿の竿頭は9本。自分は4本掛けて3本って感じだったけど、改めて当日使ったジグ眺めると結構かじった跡があるようなので、実際はとらえきれていないバイトは結構あったのかもしれんな。次回はその辺を考えてやってみるかな。

タチウオは実家に1本わけ、翌日に刺身と塩焼き、アラはいつもの味噌汁へ。今の時期なのでかなり脂がのってて美味。鱗がないのと皮はがなくていいので、処理が簡単だね。またいきましょう。

プロフィール

hoteiaoi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ