日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

2012年02月

2012.2.26 下浦 スミイカ

26日日曜日は、久し振りの八幡橋鴨下丸からのスミイカ乗合。

行きたい行きたいと思いつつ、ここのところの公私共の忙しさからなかなか出撃する機会がなく、ただ、誕生日割引の期限が2月中なのでなんとか都合をつけて日曜日にいってきました。日曜日は、かなり人が多いのでできればさけたかったのだが、平日は難しそうなので...。

今回もトモを確保すべく一生懸命早起きするも、現地につくとむなしくも両トモにはすでに荷物がorz。両ミヨシは空いていたのでどうするかと思ったけど、今回は左のトモから2番目に席を取ります。当日は北東の風の予報だったので左後ろに船は流れると思っての考えだったけど、ほとんど終日船は右後ろへorz。

7時00分の河岸払いで一路船は下浦へ。道中はちょっと波っ毛があって船も揺れるが、1時間弱ぐらいで現地到着。船は下浦の深い航路ではなくて千葉よりの水深30mぐらいのところへ。自分的には60mとかやるのかなと思っていたけど、一日それぐらいの水深でやり通してました。

今回はいろいろあったけど、なんとか復活することができた従来から使用しているスミイカ竿を使用。この竿の利点はとても軽いので、しゃくりがとてもしやすい。疲労度が少ないといったところ。それにいつもの胴突スッテ仕掛けで錘25号という布陣。それと今回はリールもちょっと武装して、ハンドルを100mmのカーボンのものに変更し、ノブも大型のものへ。船はテンヤ船なので、スッテで釣ってるのは自分だけみたい。なんかaway感が漂うけどまぁいいや。

投げ始めるとまぁまぁのペースで釣れてくる。ここんとこ2回のスミイカとは大違いの展開。サイズ的にもいまの時期の特大のやつから300gぐらいのやつまでいろいろ混じりって感じかな。リールは今回10mm全長が延び、ノブをデカイのに変えたんでかなりパワーアップした感じ。今までかなり苦労していたサイズも比較的楽に取り込むことができた。まぁ水深が浅めっていうのもあると思うけどね。そんなこんなで終日千葉側を観音埼手前まで流すといった感じで釣ってました。朝方にあった波っ毛も落ち着いてきて、いい感じ。ただ曇天で日が無いからちょっと寒いけど、そこは必死にシャクッて体あっためるって感じかな。

そんなこんなで最終的には、スミイカ18杯、キロオーバーのモンゴウイカ2杯、シリヤケ2杯の計22杯。この時期にしてはかなりの爆釣っていっていい感じでしょうか。いや~楽しかった。釣り方自体はいつもの通りでできるだけ遠投して、小さく小突いて大きくしゃくるといったことの繰り返しです。今回はおもいっきしズシを味わってきました。

ただ一つだけ悲しいことが。せっかく直したお気に入りの竿がまたぽっきりとorz。ソリッド穂先の真中ぐらいで折れてしまい、何で~って感じ。別に巻き込み過ぎたとかはなくて、しゃくった瞬間にぽっきりと。ガイドにPEが絡んでたこともないのに。まぁ今シーズンは最後のスミイカの予定だったのでいいのですが、また直すとなるとそれなりのお金がかかるし。前も書いたけど短めのスミイカ竿って今はどこも出してないので、いっそのこと作っちゃうかななんても画策中。この前竿を直してもらったところでブランクから作ってくれるんだよね。ちょっと値が張るかもしれないけど、今度相談してみよう。

昨日はとりあえず1.3キロぐらいあったモンゴウイカを解体して、エンペラを刺身に。ゲソを肝焼きにして食しました。デカイので、エンペラだけでも二人分の刺身は十分。肝も1杯で肝焼きの十分の量を確保できました。ただ身は厚みがある分、固くて刺身は無理かな。身は煮るか焼くかして食べましょう。

これで半年ぐらいはイカには困らないかな。

2012.2.5 金沢八景 カサゴ

5日日曜日は久し振りの金沢八景新修丸からのカサゴ。

何を釣り行こうかといろいろ迷っていたが、釣果を見てると冬でも好調そうなカサゴに。おいしいしね。
前日はなんだかんだあって準備できず当日朝早めに起きてガサゴソ準備開始。4時過ぎに家を出て一路金沢八景へ。

5時過ぎに到着すると2番目だったので、ミヨシとトモどっちにしようかと思ったけど、今回は左の大トモへ。7時半の河岸払いまで、飯食ったり着替えたりで時間を待ちます。定刻の7時半に7名様を乗っけていざ出発。場所は猿島の沖なんで港でてすぐだね。一日その周辺を流し変えてました。当日は朝だけちょっと風吹いてたけど、それも止んでいいなぎに。20分ぐらいで到着し、錘30号の自作胴突き2本針仕掛けで開始。

餌はいつものサバの短冊とちいさなハゼが配られたけど、とりあえずはいつもの通りサバで。何回かハゼも使ってみたけど、自分のやり方が悪かったのか、回ってしまってハリスがヨレヨレになってしまったので、ほとんどサバ短冊で通しました。

いつもはキス竿の幻波を使ってカサゴは釣るんだけど、30号の錘しょわせるとちょっときついので、中古屋に売ってた無名の竿を今回は使用。たぶん前オーナーが自作したみたいな感じでブランクとかには名前も何もなく、もちろん表示もないから、どれぐらいの錘負荷なんてわからないんだけど、30号の錘だとちょうどいい感じかな。調子的には7:3ぐらいの先調子で5.6フィートぐらいとちょっと短めだけど、カサゴとか外房のフグにも使えそうかな。安かったしね。

開始早々はまだ潮が若干流れている感じでほどなく1匹目をゲットして坊主脱出。その後も入れ食いって感じではないけど、ポツポツといった感じで釣れてくる。ただサイズは中型ぐらいかな。刺身にできるようなやつではなくて、煮付けがメインってとこかな。それに空揚げサイズが混じるといった感じ。ただ前日の40匹超えに届くような釣れっぷりではなく、うーんてな感じかな。

そのうち潮が止まってしまい、ぽつぽつ具合はさらにダウンorzたまーに忘れたころに当たりがくるといった感じ。潮が効くまで我慢と思ったが、多少動き始めたと感じたのは残り30分ぐらいになってからか...。当たりが遠いし途中眠くてまいった。

最終的には16匹で終了。前日の釣果からみて30匹ぐらいはいけるかと自分で勝手に思っていたのだが。サイズ的にも普通って感じの奴ばかりでデカイのは混じらなかった。よかったのは終日ナギで気持ちよかった点。まぁかなりストレス溜まっていたので、それの解消は多少ならずとも図れました。でも当日の竿頭は51匹だったらしいです。うーん。どうやったらそんなに釣れるのか。まったくわからん。ちいさい当たりを取って、さらに当たりを増やすようなやり方をしてるのでしょうが、今の自分では逆立ちしてもそんな数は釣れんでしょう。前回の時も自分は30匹ちょっとだった時に確か70匹とか釣ってたんだよね。さすがに老舗だけあってここの常連さんはツワモノ揃いです。

帰りにお土産にわかめもらって帰宅。早速わかめはさっと湯通しして食べました。普段乾燥わかめしか食べてない自分にとって、このわかめはカルチャーショック。むちゃくちゃうまいです。
カサゴは大きめの奴2匹を無理やり3枚におろして刺身に。あとは煮付けと冷凍庫行きとなりました。もうちょっとあったかくなったらまたいきますか。干物作りたいし。
プロフィール

hoteiaoi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ