日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

2012年05月

2012.5.4 横浜 カサゴ

連休最後の釣りもカサゴって既にひと月遅れだって...。
この日も前回同様羽田かみやのメバル・カサゴ船へ。

前日に5月だっていうのにとんでもない雨が降り東京湾はドロドロの濁りとなってましたが、このお魚は基本的に潮が濁ってるほうがいいので、チャンスと見てまた行ってきました。

結構いつもすいてるので、余裕かましていたら既に左舷の前と後ろには竿が。迷ったあげく左舷のトモから2番目に釣り座を取ります。定刻の7時半に河岸払い。この日は結構乗ってて15人ぐらいはいたんじゃないかな。

とりあえず前回調子良かった場所にいくのかと思いきや、そのまま素通りして定番場所の本牧沖へ。道中の東京湾はコーヒー牛乳水で溶かしたような色してましたが、本牧沖はそこまでは濁ってません。
前回の時に仕掛けと錘が無くなりかけたので、今回は事前に浅草釣具にいってたんまりと錘をゲット。ヨリモドシとかもなくなってしまったので、お徳用パックで大量購入し、せこせこ仕掛け作りました。

今回は昔の早船のキス竿を使ってみました。今までも幻波のキス竿をメインに使ってましたが、本牧沖は比較的軽い錘(20号)がメインなので、それでも十分いけるかなって感じで。結果としてはなんの問題もなかったですが、潮が速い時間に25号の錘をしょわせるとちょっと苦しそうだったかな。リールはいつものアルファスです。

本牧沖に到着し、開始の合図とともに入れ食いタイムが始まり。魚の大きさは選べませんが、とにかくガンガン当たります。あっという間にカウンターの数が上がっていきます。
今回はいつもの海老餌だけではなくて、事前にサバの短冊を上州屋で買おうとしましたが、それなりの金額だったので断念orz。家にある冷凍スミイカを切り身にして使ってみましたが、結果からいうと一匹も釣れませんでした。たぶんもうちょっと頑張れば一匹ぐらいは釣れたと思うのですが、海老の方が圧倒的に当たりがあり、当たりが無い状況に我慢できなかったからです。

船は潮の早さで流す場所を変えながら、一日本牧界隈を流し続け、圧巻だったのは、堤防際に軽く投げてゆっくりと仕掛けを落としながら海底の段差を感じてるといいサイズが2本針に両方かかってるなんてのが何回かありました。カサゴでも20センチぐらいの奴が一荷でかかってくると、キス竿はかなり満月。走り回ることはないですが結構な引きです。

そんな状況がほぼ一日続き、3時ごろに雨が降りそうになり終了~。
最後に数を申告するのですが、カウンターを落としてしまい何匹か分からずorz。とりあえず数字を確認していた90匹ぐらいと申告しておきましたが、家帰って数え直すと102匹と初の束超え。イヤ~釣ったね~。

持って帰ってさばくの大変でしたが、いいサイズは刺身に。まぁまぁの奴は干物に。それ以外のは小分けにして冷凍保存となりました。カサゴはくせの無い味なので、いろんな料理に使えるからいいやね~。刺身、煮付け、空揚げ(南蛮漬け)、味噌汁なんていう定番もそうですが、最近はブイヤベースとかアクアパッツアとか作ったりしてます。かみさんも喜んで食べてくれるし。ただ頭がでかくて歩留りが悪いのはしょうがないけどね。

ただ冷凍庫がもう入りきらないので、しばらく釣りはおあづけかな。

2012.4.29 横浜 カサゴ

すでにひと月前ぐらいの釣行記となるが、連休2発目は、前回スカ食らったメバルカサゴ。
今回は常宿の羽田かみやからエビ餌での、メバル・カサゴ船へ。

7時半の出船だけどまぁいつものごとく5時頃に家を出て、途中で飯食ったりしながら現地に到着し、あんまり場所は気にしなかったけど、とりあえず左のトモが空いていたのでトモに席を取ります。

7時半に5名を乗っけて河岸払い。一路船は横浜方向へ。
最初ついたのは、いつもの本牧の場所ではなくて手前の場所。ここは自分的にはやったことのない場所だったけど、潮はイイ感じで濁っていて最初からぽつぽつといった感じ。穂先から感じからして、かなりのガレ場のようで根掛り続発。あっという間に仕掛けと錘をロストしつつも、かなりの魚をストックしているようで、結構いいサイズのカサゴがぽつぽつと。ただ釣れる範囲は結構狭いピンスポットのようなので、流し終わってそのガレ場から外れると途端にあたりは減ってしまう感じ。当日は潮も早くなく、風も弱かったので、ゆっくりと何回も流し直してもらい、その都度結構な勢いで竿が絞り込まれます。

当日は近所に住んでたおじさんからもらったオリムピックのグラスの竿でやったんですが、これが結構柔らかくて満月に曲がってとてもいい感じ。ただむちゃくちゃ古いもので、ガイドがステンのむき出しだったりするので
穂先にPEが絡まりストレス倍増。長さ的には2.1mとメバルに使うには短いのですが、自分はメバル用の長くてダルな竿は嫌いなので、ちょうどいい感じかな。仕掛けも自作の新修丸仕様の2本バリ仕掛けなのでそんな長竿必要ないし。ただ、釣果が圧倒的にカサゴが大半となってしまうのはしょうがないところかな。まぁ自分はどっちが釣れてもいいので、必然的に扱いやすい手返しのいい短竿でやっています。それと今回は針は管付のチヌバリを使ったのですが、これも全然問題なし。今までは丸セイゴとかでやってたのですが、管付だとおっきいやつしか売ってないんで、今回はチヌバリ5号でやってみましたがかかりとかは全く問題なしでした。本当は細軸のムツがいいのでしょうが、管付のムツ針なんてとんでもなくでかい針しか売ってるのみたことないし、管付じゃないと自分は針結べないんで...orz

話は脱線しましたが、この場所で一日心中なのかと思いましたが、カサゴばっかりなので別の場所に移動となりました。次の場所は言っちゃうとすぐにわかっちゃうので、あえてここでは書きませんが、ある橋の橋桁へ。結構な接近戦でしたが、自分はピッチングでゴミの中にジグ打ち込んで釣る釣りが好きなのでこういうシュチュエーションはいいね。それにこういう場合は、メバル用の5:5ぐらいの竿でピンに打ち込むのは厳しいしね。ただ逆にいうと長竿のメリットは最大限に生かせるかもしれんが。

ここではうまくケーソンの継ぎ目に入れられた人はなかなかのサイズのメバルがバクバク釣れてました。でも自分はなんとなく不完全燃焼で終了orz。
その後に何か所が同様なシュチュエーションをめぐるもパッとしないので、結局は最初の場所に戻ってきました。
そこのピンはいれば釣れるのはわかってるので、ぽつぽつと数を稼いでカウンターの数字は62となり、家に帰って数え直すと60匹と今までで一番の好成績でした。あー面白かった。

ここからはおまけで、この日は連荘で夜アナゴもいってしまおうとの考えで、今期初の夜アナゴに出るも結果は...orz

まぁまぁのサイズ3本と白ギス4つと惨敗。今年もアナゴだめかな~。でも反対側のトモの方は10本以上釣ってたので腕が良くないんですね。最後の方は釣れないのと、昼間の疲れと眠さでドヨーンとした感が漂っていました。今年もアナゴだめかな...。

ひと月遅れで記事あげてるようじゃだめだね~。もっと頻度あげんと。

2012.4.27 金沢八景 アジ

またひと月ぶり以上の更新。

なんで社名変更やら合併やら引っ越しやらいっぺんにやんの。総務な我にはこれらが同時進行で、次から次へと仕事が降ってくる状況。でもなんとか少しは落ち着きつつありなんとか連休は休みをがっつりとりました。

とりあえず27日は休みをいただき、ほんとはアルミ積んで房総のダムにでも行って癒されそうと考えていたが、なんとなく天気が...。雨の中のアルミの積み下ろしはかなりしんどいので、変更して新修丸のカサゴ船を目指すも現地に着いたところで本日は出船の予定なしと...。このまま帰ろうかと考えていたが、帰り道で金沢漁港に寄ってみると忠彦丸でカサゴはでないけど、アジなら出るというので初めてアンドンビシでアジ釣りしてきました。

とりあえず仕掛けも何にもないので、受付で仕掛けワンセットもらい船に乗り込みすぐに出航。まずは本牧近辺の岸壁よりでスタート。雨が降ってるのでカサゴの活性めちゃ高でビシでコマセを振るもカサゴが。まぁカサゴ釣りに来たんでいいんだけど。場所を移動してとこでコマセを振るも周りはポチポチ釣れてるようだが、我にはアジはかからずイシモチなんかがかかっていたけど...。最後の横浜沖に移動したところでやっと当たりが出て、とりあえずアジを7匹ゲット。確か全部で15匹ぐらいだったかな。なんとなく不完全燃焼なので、午後船にも乗り、再びコマセを振るも、回りはバカスカ釣ってるのに、我の竿にはアタリは来ずorz

なんだかわからずにいるとその様子を見ていた中乗りのあんちゃんが竿貸してというので、貸してみると速攻に1匹ゲット。なんか狐につままれたような感じだが、あんちゃんいわく。棚が合ってないとのこと。船長の指示では底から1-2mとのことなので、ビシを底からあげていたのだが、仕掛け分がそれより下がってしまっているらしい。知ってる人には当たり前のことなのかもしれんが、なんせ初めてなんでよくわからず。ただその後からガシガシ釣りまくり20匹ぐらいは釣ったかな。

びしょびしょになって帰ったが、やはり東京湾のアジはおいしい。脂がのりのり。
とりあえず刺身で、あとは塩焼きで食しました。あとはフライ用におろしてあるのでちかじかアジフライといきますか。
プロフィール

hoteiaoi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ