たぶん今年最後になるであろう釣行。ほんとはもう一回ぐらいいきたいところだけど。
今回も羽田かみやからスミイカ乗合です。事前情報だといままでと違う展開になってきているよう。ただ前日から沖の潮が入り込んできていてなんかさらにしぶくなってる様子。まぁでも10杯ぐらいいけるべと軽い気持ちでいたのだが。

今回は新しい竿を新調。自分で直した竿がだめぽなので、TICAの220のスミイカ竿を購入。この竿も廃版なんだけど、現行モデルだと240の長さになってしまうので、探し回って無事購入。いままでの竿に比べて重めなのでワンハンドでのしゃくりは難しいけど、使った感じはまぁまぁかな。デカイのきても竿がきしむようなことはなくて十分使えそうです。

今回はトモをおさえるべく3時半起床で5時過ぎ着。右のトモを無事に確保。北西の風のようなので、こっちが潮先になるだろうと思っていたのでひと安心。7時半の河岸払いまで飯くったり、スッテのカンナ磨いたりして時間を
潰します。ここのところの駄目具合を反映してかお客さんは集まらず4名。これだと先も後もあんまり関係ないかも。定刻のちょっと前に出航。最初に到着したのは富津の沖ぐらいの20mぐらいのところ。多少風があるが、それも功を奏し、潮通しはばっちり。しかも自分がばっちり潮先となる展開。いつものように錘20号の胴突スッテ仕掛けとエギの置き竿で始めます。

潮も流れているし、朝のモーニングタイム。普通ならほどなくズシッと重みが乗るのだが、しゃくれどしゃくれどPEは虚し空を切るのみ。前日はよかったようなのでじっくり流してみるが、船中で3杯顔を見たみたいだけど、自分の竿には重みはのらず。この時点ですでに11時近くorz。当初の10杯なんていう見込みは速攻おしゃかとなり5杯取れるかどうかって感じに。

移動して次は、富津の第一カイホーの下へ。ここでも渋かったがなんとか重みが乗り、シリヤケながら1杯ゲットでなんとか坊主脱出。でもここでも追加の乗りはなく、船はさらに南下。観音崎を超え浦賀の先へ。35mぐらいのところを流してみます。ここでいっぱつ600gぐらいのいい奴が乗ります。下浦の70mなんてとこではないけど、35mから上げてくる600gでしばらくぶりにしびれる感じがありました。プチ下浦って感じでしょうか。ただ追加の乗りはなくその後も竹岡方面に行ったりしてみましたが、パッとせず移動して観音崎のちょい下へ。ここでなんか急に雨がぱらぱらと降りだしたときにポンポンと連発して2杯追加。ここはチャンスとさらに気合を入れますが追加の乗りはなく、最後にちょっと北上してカイホーでやりますがそこでも自分に乗りは来ず終了~。

結果4杯で惨敗といった感じです。隠居屋で初めてスミイカ船に乗った時の1杯に次ぐ悪い記録orz
自分的にはいつもと同じやり方で攻めたつもりですが、今日のイカ様達のご機嫌にはかなわなかったようです。ただ感じたのはイカはいるのだけど、なんかしらのスイッチが入る状況じゃないとまったくやる気なしモードだったようです。積極的に小突いてリアクション気味にイカにスッテ抱かせようとも考えてみましたが駄目でした。

各宿のスミイカ船もみんなカイホーから下で下浦に集まり始めたようなので、いよいよ冬のスミイカ釣りって感じでしょうか。75mから上げてくる600gのしびれる感じを味わえるまでもうちょいでしょうか。

今日はまた全身筋肉痛。