15日日曜日はなぎのようなので、久し振りの鶴見隠居屋のスミイカ乗合へ。
ここのところ好調のようなので、前回の仇を討つためにもがんばらんと。

早起きしたつもりはないが、最近年をとったのかサクッと起きて出発。現地に到着すると一番乗り。トモを確保しようとすると、すでに両トモには竿が...。唯一四隅で空いていた右前を押さえてしばし待ちます。定刻よりちょっと早い7時20分ぐらいに河岸払い。一路下浦を目指します。1時間ちょいで現地着。

水深でいうと40m前後かな。錘30号のいつものスッテ仕掛けで始めます。たまーに忘れた頃にぽつぽつという感じでイカは乗るけど、ここのところの好調具合からは程遠い感じ。ただサイズは600g前後って感じでいいんだけどね。前なんで潮後ってこともあるのかもしれないけどね~。

途中貴重な乗りを2杯ばらしたり、チップも何回かあったりしたけど、最終的には6杯で終了orz
この前よりはいいけど、なんだかな~って感じで不完全燃焼。心地よくない筋肉痛で月曜日を迎えるはめに。

ここからは愚痴。
今回は1番だったにも関わらず、すでに前日からの場所取りで自分の思った場所でできずに...。ここ最近は以前に比べ釣りに行けなくなったので、たまにいけるときは自分で納得いくように釣りをしたいので、なるべく早起きしていくのだが前日から場所を取られてしまうとそれはもうどうしようもないという感じ。まず船宿に前日からの場所取りが可能とのルールがあるのかどうかだが、今はほとんどの船宿はないと思う。
一部の常連の人か近所の人だと思うが、船宿も黙認してるのだろう。特に潮の後先で釣果に差がでるような釣り物の場合は、それによって一日の釣果がだいぶ変わるしね。
隠居屋は約1年ぶりだったが、前にもこういうことがあったので自分の中で足が遠のいていたのは事実。船宿としても1年に数回しか来ない人と毎週のように来る人では当然扱いは違うと思うけど、こと場所取りについては明確にルールを決めておいてほしいというのが本音。そうしないとほんとに一部の常連だけの船宿になってしまうんじゃないかなと思う。せっかくいっぱい釣らせてくれる船宿なのにね。

最近常宿にしている羽田のかみやはその辺は明確にルール決めがされていて、常連だからいつもいい場所ってわけではなく、早起きして早く来た人がいい席を確保できるよう徹底されている。まぁ潮後でも釣る人は釣るけどね。

ただこのような傾向の船宿は他にもあるけどね。常連は電話一本でトモ確保みたいな。船宿側もうまい人がいい場所で釣ればいっぱい釣るからいい宣伝にもなるだろうし。

まぁぐちぐちいいわけ書きましたが惨敗です。竿頭は13杯だそうです。別の宿だと25杯なんてのもあったみたいだからダメですね~。どーも年末から釣り運は下降気味のようですorz