木曜日のスミイカに続き、いけそうな時に行っとけということで今期2度目のイイダコ。

いつもの羽田かみやがこの日はイイダコ乗合でないんで、考えた結果、浦安の吉久に行ってみようと考えた。
朝到着し、駐車場に入れるときに聞いてみると

「イイダコなんですが」  「今日はイイダコは出ません。スミイカなら出ます」

そうですか。毎日出船と書いてあったのですが...orz
吉野屋なら毎日出船してるけど、たぶん混んでるので吉久にしようと思ったんだけど、必然的にそのままとなりの吉野屋へ。
吉野屋は相変わらずの盛況ですね。イイダコも15人ぐらいはいたかな。この日が今期最後らしいので、それもあって多めだったようです。場所は右側のトモから4番目。まぁ胴の間って書いたほうがいいかな。

7時半の河岸払いで一路船は東京湾の西側へ。約1時間ちょいで現地着。
潮は結構の澄み潮で、水深は深めの9mぐらい。潮はとろーっと流れているけど...。開始早々お祭り連発orz
後ろの方のPEが太くてすぐこっちに糸流れてきちゃうんですが...。たぶん2号以上はあるでしょう。イイダコ釣りに2号のPEはいらんと思うんだが。
錘をもっと重くしてくれればいいんだけど、あんまりそういうのは考えていらっしゃらないようで。

とりあえず避難しながら釣りを続けますが、このいかんともしがたい状況が最後まで続き、ストレス解消がかえってストレスが溜まってしまうような状態。それでも乗りがよければまだマシなんだが、乗りも渋いし。ただひとつ救いはサイズがいいこと。釣れてくるタコはいいサイズが多く、前回のような小さいのは少なかったからそういう意味ではばっちし感触は味わえたかな。

浅場に移動したタイミングで左隣の方が前方に投げて釣りを始めた。
その昔は、自分も投げて広く探ってタコを釣っていた時もあったけど、これだと圧倒的に手返しが悪くて、数が伸びない、また富津に行ったときに投げて釣っているとやめたほうがいい(これはイイダコがある程度固まってコロニーを作っていることから。富津で手バネで釣っている名人級の方々はすべて船下)と言われたこともあり、最近は船下オンリーといった具合だったのだが、ただあまりに乗りが渋いので自分も前方に投げてタコを探るように。そうするとなんとかぽつぽつ当たりが出てくるような状況

たぶん船に乗ってる人数が少なければ、もうちょっと回るんだろうけど、人数に比べてタコの量が少なくてしかも真中だとミヨシ、トモで釣られてしまい、回ってくるタコの絶対数が少ないんだろうね。
こうなると手返しなんてこと言ってる状況じゃなくて、どうやってタコを先に呼ぶかってとこが重要なんでお祭りしないようにして、投げて誘うの繰り返し。そんなことを繰り返してて、2時半におしまいの合図。

カウンターの数みると40orz。家帰って数え直すと42杯でした。
これで今期のイイダコもおしまいかな~。今年は始まりが遅くて、終わりがいつもと同じような感じなので、より一層時期が短かったような感じかな。また来年のお楽しみかな。

来年はタコの湧きがよくていっぱい釣りにいけますように。