16日金曜日は2年ぶりの鶴見新明丸のハゼ乗合へ。

今回は久し振りに実父と一緒にハゼへ。何を釣りにいきたいかリクエストを聞くと久し振りにハゼ行きたいというので、新明丸に行ってきました。

実家をちょいはやめの5時頃に出発し、一路鶴見を目指します。現地着は6時半前。左のトモのみ竿が置いてあるので、右のトモに道具を置いて準備をします。

定刻の7時45分に出船。どこにいくのかと思えば、懐かしの鶴見川本流のミオ筋から。2年前に行ってデカイのばかばか釣れてとても楽しかった思い出が。

最初の場所でさくっと1ついいのが釣れましたが、なかなか渋いかなって感じ。ちょうど2日前から冷え込みが本格化してきたのでたぶんそれも影響してるのかもしれません。ただ他の人はコンスタントに釣ってるのでやはり腕もあるのでしょう。

ただ何回か流し変えしてもらうところで、溜まっているところにあたるとバコバコ20センチ近いのが連発します。なかなかこのサイズのハゼは今の時代目にかかれないので、こんなのが連発しちゃうと楽しいの一言。ただいるところいないところなのか、なかなかコンスタントに当たりが出る状況でもないので、数的にはそんなに伸びてはいないですが、そんなにいっぱいじゃなくてもいいかなって最初から思っていたので。今日は2人で楽しめればいいかなと。

鶴見川を一通り流し終えたら、次は下流方向の運河筋に移動となります。
こっちではサイズが小さくなり、潮止なこともあっていまいちな状況。まぁ飽きない程度には釣れるんだけど、鶴見川のサイズ見ちゃうとね~。最後はまた戻って川筋の最下流を流して終了となりました。

釣果は二人で66匹と大したことはないんですが、サイズがいいのでかなりのボリューム。釣ってる人だと束は超えてるようですが、とにかく今日は楽しむことが優先なので、これでも十分二人で楽しめました。

時期限定のハゼ釣り。今年はもういけないかもしれないけど、また来年楽しみたいね~。