昨日日曜日は行徳港にカニ釣りに行った。

台風一過とはいえ曇っていた一日だが、自宅を8時過ぎに出発し、途中で餌のめざしとアオイソメを調達して現地へ。

今年は猛暑だったせいか、ワタリガニが多数釣れていて、先日の木更津のときも6杯ほどゲットしていた。こっちの湾奥でも釣れているようなので、かに網持参で現地へ。でもそれだけじゃ暇だからハゼ用の投げ竿4本用意しそれをさびきながら、かに網をやろうという考え。到着早々、投げ竿にめざしを付けたかに網をセットしほんなげる。それから、ハゼの仕掛けをセットし順番に投げ込み、全部投げ終わったところで、おもむろに網を上げると、小さいながらガザミゲット。

ハゼの方は前日の大雨からかほとんどダメって感じ。ほんとにぽつぽつで最終的には11匹。しかももう11月なんですけどいつに生まれたのってサイズばかり。カニの方もぽつぽつでとなりの人に1杯もらい全部で5杯となりました。

ただ今回のクライマックスはこれじゃなくて、弁当を食い終わりまったりモードになってた12時ちょいすぎ。
それまでちょこちょこと当たっているハゼの当たりとは違うちょっと派手に竿先を動かす当たり。どーせセイゴかなんだろうと思い、リールを巻くと重たい手ごたえ。30mぐらいのちょい投げなんで、巻いてきて足元まで寄ってきた姿をみるとなんとでかいカレイが...。

ただ足場が高いし、ハゼ用の仕掛けでハリス0.8号の5号の針なんで、抜きあげようとすると間違いなくボッチャンとなるため、さてどうするかと思案すること数秒。左に30mぐらいいくと浅いところがあったので、そこまでなんとか誘導。最後にジャンプして水辺に飛び降りキャッチ成功。
そばでみていた方々からはナイスファイトと拍手されてしまいました。

その後は、もうおなかいっぱい状態なんで2時過ぎぐらいに退散し、家でさっそく解体作業に。
家ではかるとジャスト40センチ。散々乗合船でやっても釣れなかったサイズですが、あんなとこにいるんですね。まぁ冬になるとあの沖でカレイ乗合
をやってるから、その魚がまわってきてもおかしくはないんだけどね。

魚は5枚におろし、刺身用に4サクとれたので、2サクとカニ2杯を実家に渡し、1サク分を昨日の晩かみさんと食しました。カレイならではのあっさりした白身ですね。あとカニは2杯味噌汁にし、ハゼを60匹空揚げにして昨日の食卓はほとんど釣ったものとなりました。残ったアラは今朝の味噌汁に。いつも思うんだが、魚のアラからとった出汁の味噌汁は激ウマです。

今日は引き続き最後の1サクを刺身でいただきます。