日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

鮎並

2011.1.4 初釣 アイナメ

今年初の釣行は、新年開始の鶴見隠居屋アイナメ乗合。

前日の釣果を見てみると調子良さそうなので、今回は飯岡スタイルではなく東京湾スタイルのブラクリでのアイナメ。

例のごとくミヨシを確保するべく早めに到着し、無事に左のミヨシを確保。
7時半の出船までまったりと過ごします。
当日のお客はほとんどがスミイカで、アイナメ船は4名で出船。
多少北風が吹いているが、まぁなんとかなるでしょう。

開始早々ゴンゴンといい感じの首振りが。
ズームインスーパーの占いでも今日は1番だったから、こりゃ幸先いいかなと思ったが、上がってきたのは巨大な赤目フグ。
かなり首振ってたからまぁまぁのサイズのアイナメちゃんと思ったのだが。
ただこの時点ではおもち帰りしてフグ刺しと鍋をたらふく食べられると思い、むしろラッキーと思っていたが...。

その後あちこちを流してくれるがうんともすんともいわない時間が流れ、やっと本日初のアイナメちゃんが釣れたのが10時過ぎ。前日の好釣果がうそのような感じ。まぁ腕が悪いといえばそれまでですが。

その後も東京湾を走りまくりあちこちを転々としますが、芳しくない状況が。たまーにある当たりも、アイナメなのかフグなのか分からず、じっくり待って合わせてもすっぽ抜けるばかり。本人はかなり本気でやってたのですが結局悲しいかなアイナメは小振りな1本で終了orz

ただ、おれにはあの巨大な赤目フグがあると思っていたが、船宿に戻り話を聞いたところ捌いてもらえないことが判明orz
そりゃないよってことで、ナビで近所のフグ料理屋を検索し、片っぱしから電話するも、まだ新年の4日で店が開いていなかったり、持込みはできませんとか...。
さすがに自分でおろして新年早々自分が仏様になってしまうのはまずいので、結局断念し海にお帰りいただきました(滝涙)

アイナメは他の方の釣果をおすそわけいただき、合計4本お持ち帰りさせていただきました。皆様仏のような心の持ち主なのですね。

ズームインの占いだとラッキーカラーはピンクだったので、ピンクのブラー使ってみたりしたんだが、お魚は連れてきてくれず、東京湾のもくずとなりました。
たぶん今シーズンの東京湾アイナメは自分的にはこれで終了でしょう。また来シーズン楽しませてください。

再び飯岡 アイナメ 

二日酔いも癒えた日曜日、前回玉砕した飯岡のアイナメに再び出陣。

前回は午後船だったが、今回は気合をいれて午前船に。
出船が5時15分なので、就寝8時で起きたのが1時ぐらい。それから一路飯岡へ。前回で大体の時間は読めていたが、3時半ぐらいに現地着。
道中は、サッカー見ながら行きました。

今回は前回とは違う宿で、隆正丸にお世話になりました。どっちにしても初めてなので、前日に予約の電話を入れた時にいろいろと教えてもらったので、特に問題なく無事出船。

当初自分は前回同様エビ根(飯岡港のすぐ前の根)でやると思っていたのだが、約1時間ぐらい走るとのことで、別の根回りでの釣行となりました。

前回のエビ根の時は、まったくのベタ凪だったが、今回はそれなりに風もありうねりがある。まぁたぶん外房では全然大したことはないんだろうが、東京湾しかしらない我には、周期の大きい波はほとんど経験ないことから、釣り始めたころには、ちょっとやばそうかなという感じに。
苦い水がなんとなくあがってきそうな感じだけど、まぁなんとかしのいでそのうち海も凪いできたので無事生還。

前回は激渋って感じだったが、今回は開始早々からかなり当たりがある。それにPE越しに感じる根の感じは、前回のエビ根ほどはきつくない感じ。それでもかなり針は消耗したけど、錘までのロストは確か2個だったかな。

フグ混じりで、アイナメも釣れるがなんか自分には小さいのばかり。なかなかビール瓶はきてくれない。ただ周りではそれなりに上がっているので、そのうち釣れるだろうと思ったけど、なかなか釣れずにようやく納得のビール瓶が釣れたのが10時過ぎ。真黄黄の男の子。
その後もぽつぽつだが、結局ビール瓶はこれのみ。あと2本ぐらい釣りた
かった。

結局アイナメは13本で、あとフグが18匹。一回デカイ赤目フグがかかったんだが、抜きあげる時にハリスごとぷっつりでさようなら。
それでも前回に比べると全然調子良かったかな。ただ竿頭はアイナメだけで32本とのことなので、まだまだ修行が足りないというところでしょうか。

港にもどってフグの処理してもらって、カレーライスいただいて帰宅。
なんか至れりつくせりって感じ。なんか温泉にも入れるらしいが、入ってると帰りが遅くなるので、そこまではしませんでした。東京湾の船宿じゃここまでサービスはあり得ないって感じでしょうか。

帰りはノンストップで2時間かからずに無事自宅へ。
フグとアイナメを実家に分けて、フグを早速空揚げに。
食べてみたが、ちょっと身が柔らかいかな。
過去に数えるほどだが、ふぐ屋で食べた空揚げは結構身がプリプリしてて鶏肉に近い感じって印象なんだが、今回のショウサイフグは水分が結構多いみたいなので、身が柔らかかった。あと下味を塩コショウだけでやってみたが、醤油とかにつけた方がいいかもしれない。身自体が淡泊だしね。まだ冷凍保存した分があるから、これは次回の課題としましょう。
まぁ空揚げじゃなくて、鍋とかでもいいんだが。

アイナメは例によって、3枚におろしてヅケに。前回のときはつかりがいまいちだったので、漬けだれの量を増やして今朝の朝食に。かみさんはちょっとしょっぱいっていってたけど、自分にはちょうどいいかな。激ウマです。

本日はビール瓶を塩焼きでいただく予定。いままで食べたことがないんでどんな感じかな。ほっけに近い魚だから、ほっけのような感じなのか。

飯岡のアイナメ。今釣れてます。おすすめです。
自分も年内にもう1回ぐらい行きたい。

金沢八景 アイナメ

土曜日は家から一歩も出ずに過ごし、翌日日曜日はどうしようかと思案していたが、「外房の仇は東京湾で」ってことで、金沢八景の進丸からアイナメ乗合へ。

東京湾のアイナメ乗合船はその昔は多かったみたいだが、時代の流れか減ってきているよう。昔のことは知らないが、あんまり釣れないからマニアックな人しか来ないだろうし。

進丸は去年初めてアイナメの乗合船に乗って、確か3つぐらいだった記憶。根掛かりし過ぎて針無くなったりして、向いにいた常連さんにわけてもらったりしたっけ。
7時半の出船だが、アイナメの場合ミヨシ側が絶対有利というか、ミヨシじゃないとあんまり釣りにならないので、とにかく席確保ということで5時半に現地着。さすがに一番乗りで無事に右のミヨシを確保し、一時退散してコンビニに朝飯と昼飯を確保に。

7時半までまったりと過ごしいざ出航。
前日は南風だったらしいが、船が出るころには北風にかわりそれも結構な勢い。アイナメ用の船はあんまりデカくないので、結構揺れるし、潮も被る。

最初の場所は、港からすぐの岸壁。
スタートしてすぐに、プルプルとの感触。送り込んで合わせると微妙だが首をふってる感じ。そのまま抜きあげると船中1番で小さめながら本命ゲット。いい感じ。
その後、横須賀沖の沖の根回りに移動。まあまあな風でそれなりに船は揺れるが、何投かしてまたプルプルとの感触。今度も十分送りこんで合わせるとさっきとは違う重み。ドラグがでていくほどではないが、キス竿を満月にしてあがってきたのはいいサイズ。自分でタモ入れしてゲットは、39センチの男の子。いや~これを待ってたって感じ。これで皮の湯引きが食える。

始まってすぐにサクサクと釣れたので、結構釣れるかなと思ったけど、その後は、ぱっとしなかった。小さめのやつを2本追加でアイナメは合計4本。まぁ4本釣れれば充分なんだが。あとは外道で、25センチぐらいの眞子ちゃんが1枚。カサゴにベラにぎんぽにと。さすがにブラクリで眞子ガレイつったのは初めて。

ちなみに自分はベラも持って帰って食べます。結構放しちゃう人が多いけど、実はまぁまぁの味です。先日飯岡で釣ったやつは塩コショウしてバターで焼いて食べたし、空揚げとかにすればおいしくいただけます。それに鱗をとらなくていいのでとても楽ちんなお魚です。(鱗は熱を通すとなくなってしまいます)関西では結構食べてるみたいだしね。

今回はフグも結構釣れましたが、これはさすがにやばいのでもって帰りませんでした。今年は12月の半ばだというのに水温が高いようで、餌取りが多いですね。せっかくのイワイソメの頭もフグにかかるとかじられてなくなってしまいます。
まぁ木更津ではいまだに7mでキスが釣れてるぐらいだから今年はおかしいのでしょう。

当日は左のミヨシの方が10本つられていてダントツ。今年は魚は多そうな感じなので、まだ楽しめそうです。

帰宅後に下処理して、小さめのアイナメはヅケにして朝食に。アラは定番の味噌汁で。今晩は真打ちのアイナメちゃんを刺身でいただき、皮は湯引きでいただく予定。それでも食べきれなさそうだから、明後日はブリしゃぶよろしくアイナメシャブシャブでもやろうかな。あ、眞子ちゃんもいるんだ。

あ~しあわせ。

飯岡 アイナメ

土曜日のヒイカ惨敗を受け、この休みはもうまったり過ごそうと思っていたが、いざ日曜日になり天気予報をみると晴天べた凪と聞いて、これはと思い今期初、そして初の外房の飯岡の午後アイナメ船へ。

いきなり思い立ったのが朝の8時ぐらい。去年から行ってみようとは思っていたが、前シーズンは結局実現しなかったので思い立ったが吉日と船宿に電話。電話してみると予約は4~5人とのことなんで、準備をしていざ飯岡に向けて出発。

首都高→東関道経由で現地着11時半前。無事に到着し、出船場所を確認後、近所のコンビニへ。118円のカップうどんをすすり、12時半の待ち合わせ時間に出船場所へ。
餌と氷をうけとり、岩壁から船へ。なんか人がいっぱいになったんで2杯出しにするとのこと。自分は左の大トモに座って準備開始。
外房の船なんで、普段乗ってる東京湾の船より一回りおっきい。それで2杯出しだから、かなり余裕をもって釣りができる。

1時過ぎに河岸払いといっても、場所は港からすぐにある根なので、速攻到着。スタートとなりました。とーぜんアネロンは服用していますが、すごいベタ凪なのでそれすらいらないかも。自分の船で霞の本湖に浮いてるより揺れない感じ。まぁちょっと風吹けばすぐに波高くなるでしょうが。

飯岡のアイナメは東京湾のブラクリを使うスタイルとは違って、15号の中通し錘をつかった仕掛けで船の真下に落として根を直撃するスタイル。とーぜん根掛かり必須なんで、いかにうまく根掛かりせずに魚の目の前に餌落とせるかで、勝負が決まるって感じでしょうか。

PE2号を巻いたジリオンとこの前買った幻波のキス竿のセットで開始。開始してまもなく当たりがきて魚が上がってきたが、今までみたことない魚。なんだこりゃと思いつつ、よくよくみてみると「ドンコ」ってやつのよう。

その後はたまーに当たりがあるものの、スカッたりしていまいちな状況。
PE越しに感じる底の感じは尖った岩でできた根という感じでこりゃ根魚天国って感じ。自分の魚探とかで見てみたいと思ったけど探検丸なんてないし。しかし我には根魚さんたちは相手をしてくれず、べらやらショウサイフグやらイイダコやらが釣れてくる状況。同じ左舷に乗った方々は、ぽつぽつだが本命をあげている。ただ全般的に小さいのが多いようで、いわゆるビール瓶はなかなか釣れないよう。

午後船なのであっという間に時間が過ぎ、日もくれて暗くなってきた時にやっと根魚さん登場。残念ながらアイナメではないが、まぁまぁのサイズのソイ、続けて同サイズを連発。その次に小さいながらもなんとか1匹ゲット。ただそこで時間切れゲームオーバーとなりました。

当日は渋かったようで、皆さんいまいちって感じでしたが、外房のポテンシャルにある意味期待していた自分にとってはまたショボンとする結果に。まぁ初めてなんでしょうがないところもあるのかも。アイナメの皮の湯引きを所望していたが、次回以降にお預けとなりました。

帰りに釣果を聞いた船宿のおかみさんが手製のチケットをくれて、帰り道の魚屋でシラスをもらって帰宅。
自宅からだとちょっと距離があるけど、高速すいてれば結構サクッといけるのでまたリベンジかな。

どーもこの前のスミイカから流れがよくありません。トンネルに入ってしまった感じなんでしょうか。手堅くシロギスかワカサギあたりにしておけばよかったかな。




livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ