日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

白鱚

2011.8.12 木更津 シロギス

夏休み釣行第一弾は前回の中途半端ではなく、一日がっつりとシロギス船へ。

一時期は涼しくなったが、また暑くなってきたここ数日、久しぶりの葛西橋荒川屋から一日船のシロギスへ。
今回はそれなりに気合を入れて、大トモをおさえようと店が開く前の5時半前に到着。2番手なのでどっちかのトモは取れるので一安心。1番目の方が左側だったので、迷わず右側に陣取り7時半に河岸払い。船は一路アクアラインを超え木更津へ。盤州にいくのかと思っていたのだが、今釣れてるのは木更津のようで、湾奥のキス船が結構集まっていました。

到着して、風もなく潮もほとんど効いていないような状況で、エンジン切ってのぶん流しでスタート。この日はほとんどこのスタイルでの流しとなりました。錘15号に自作の天秤仕掛けで一日やりました。
開始から、ガンガンという感じではないものの、それなりにぽつぽつといった具合で当たりがあり、魚は釣れてきます。サイズも特大はないものの、普通なものがほとんどで、それにピンギスが2割弱混じるって感じでしょうか。
多少潮が動いても、釣れ具合は変わらずガツガツという感じではないもののコンスタントに当たりはあるって感じ。この日は定番外道のヒイラギとメゴチ、パックンチョは一切なし。イイダコが3杯混じっただけで、残りは全部キスでした。

この日は、最初スピニングでやってましたが、途中からアナゴスタイルのベイト2本竿でやりましたが、仕掛けを投入するときに、手が滑り竿がぽちゃんと...。徐々に沈んでいく中、もう一本の竿で救出を試みるも完全に見えなくなってしまい、万事窮すかと思いきや、糸が絡んでいてラッキー。ただクラッチを切ったままなので糸巻き巻き状態で...。最後まで糸ができった状態でなんとか回収完了。糸がくしゃくしゃになり回りの方とおまつりしてしまいましたが、損失は最小限で抑えられました。

今回の課題としては、まとめ買いした細軸の秋田袖6号でやっているのですが、針をのまれるケースが頻発。また細字なので針がすぐに曲がってしまうといったことが続くので、どーも手返しが悪くなっているようです。のまれないようにすればいいのでしょうが、自分の技量からするとまだまだって感じです。普通のキス針のような軸の長い針を使うのがいいんでしょう。今後の課題です。

最終的には126匹とイイダコ3杯で終了。自分的には自己新ですが、今年の絶好調な具合からするともうチョイいってもいいかなって感じです。ひとつ言い訳をすると、当日はめちゃめちゃ暑くて何人かの人が熱中症のようになり、見かねた船長が早上りをしたので、それがなければもうチョイ数は伸びたかもしれませんが、まぁ十分といえば十分ですが。

翌日に昆布締めと南蛮漬けと残りは冷凍保存となりました。当分シロギスには困らなそうです。

2011.7.31 大貫 マゴチ・シロギス

7月最後の日曜日は、羽田かみやから、シロギス、マゴチのどっちやってもいい船に乗船。
要は、同じ場所に魚いるから、お好きな方やってくださいって船。
まだばたばたはおさまっていないが、禁断症状が現れ始めたので思わず行ってしまいました。

7時半の河岸払いだが、早めの起床で現地着6時チョイ前。途中吉野家で牛丼食べようとしたが、目当ての吉野屋が喫茶店に変わっており、しょうがないので松屋で朝食。
船は三つの隅が埋まっていたので、最後の4つ目の隅である右のミヨシを押さえて、準備を始めます。朝から北東の風で結構涼しいぐらい。脂肪いっぱいの体にはちょうどいいところかな。

定刻までに人数は増えて14人ほどで河岸払い。船は一路、大貫沖へ。
途中、結構揺れる船室の中で漫画読んでたら、なんとなく気持ち悪くなりそうになったけど無事に1時間ぐらいで大貫沖へ到着。
マゴチ用のえさは、現地で自分で調達しなさいというシステムなのでとりあえずシロギス仕掛けで始めるとサクサクっとメゴチをゲットして餌を確保。ただ潮がかなりの勢いで流れていて、2本竿は難しい状況。マゴチ用で一本置き竿にしようと思ったが、さくっと流され隣の方とお祭りしてしまうので、しばらくはシロギスに専念することに。

大貫沖は北東の風だと風裏になることから、そんなに釣りづらくはないが、ケツ流しのことからやはり広く探らないと当たりは遠い。でもそれなりに投げるとぽつぽつだがキスは釣れてくる。でもどこの船宿のキスの釣果みても絶好調のようだが、とてもそんな感じの釣れ方ではなく、やっぱりキスの本命の場所ではないんだなって感じ。
そうこうしているうちにプルプルというキスの首振りの感触がなくなり、急に根掛りしたような感じとなった。その後ゆっくり動きだしたのでそれなりの大きさの魚がかかったよう。ハリスは0.8号なので、ドラグをゆるめて対応しようとしたが、1~2回首を振られて2つともハリがぷっつり。たぶんかかったシロギスにマゴチが食いついたのでしょう。この段階ではスタートしてすぐだったので、もったないと思いつつもまだなんとかなるかなって感じでしたが。

その後、潮が落ち着いたのを見計らって、メゴチをつけてマゴチ用の仕掛けを投入。キスの方は相変わらずぽつぽつで望み薄なので、ここは一本でもいいやつ取りたいとこですが...
しばらくすると、糸が船尾方向に大きく流れてお祭りをしてしまう。すいませんとはずしていると回収時になんとなく重たい感触。浮いてきたのはマルイカ。メゴチの腹に抱きついてます。針には当然かかってないので船長にタモですくってもらい、無事ゲット。いいお土産ができた。
その後、潮がさらにまったりしてきたので、大貫沖から北上し富津の岬の下側に移動。
大貫沖にはたぶんフグ船と思われる船が結構浮いてましたね。

富津の展望台を左に見ながらスタート。ここも基本は砂地のフラット底だが、キスはいない模様。釣れてくるのはパックンチョぐらい。まぁ今回はパックンチョも餌にするので、それはそれでよかったが。
あまりにもキスは釣れないので、諦めてマゴチに専念するも、なかなかゴゴゴンとは来てくれず、景気いい話が聞こえてくるのは左舷の方々のみ。北東の風なのでどうしても潮後になる展開が効いてるようorz

そんななかでもたぶん2回ほど魚の感触はあったのだが、一回目は離してしまったようで軽くなってしまい、二回目は合わせのタイミングが良くなかったようですっぽ抜けorz
その後は沖目を流したりしたが、沖に行くほど風当たりが強く、雨も降ってきて戦意喪失気味。
そんなこんなで2時半過ぎに終了~。最終的にキス19匹、メゴチぽろぽろ、マルイカ1杯、マゴチは見事に坊主でした。

当日はキス竿でやってみましたが、マゴチ用の竿に比べて先調子なので魚に違和感を与えてしまったのもあると思うのと、ハリスが1.5mと長いので短めの竿だと合わせが効きずらいっていうのもあったのかもしれませんが、用は腕が良くないってことでしょうね。

初めてだったので、なんとなく要領はつかめましたが、次回があるかどうかは微妙なところ。マゴチって魚は餌食べるのへたくそなんだなってのがよくわかったかな。平べったい形してるからね。
今回の釣行で感じたのは「二兎を追う者は一兎も得ず」ってことかな。次にいくなら、マゴチのみといった形で勝負したいところですね。当日は他の船宿だとキスは爆釣してたみたいなので(中には400匹なんてのも...)キスの一日船のほうがよかったかな。

次回があるなら、「まず朝早くきて餌の確保」これが大事だね。活きのいいハゼをそれなりに確保する必要があるでしょう。メゴチが釣れるかどうかはわーらんですからね。

晩飯にはマルイカを早速刺身に。スミイカと違った薄い身でウマ~。でもマゴチの刺身食べたかった。

2011.7.11 金沢八景 シロギス

すでに結構日がたってしまったが、11日は休みをとって金沢八景進丸の午後シロギスへ。

9日の霞での惨敗を癒してもらおうと、好調が続いていてはずれのないシロギスへ。ほんとは葛西橋から一日船に乗ろうかと思っていたが、朝起きるとなんか胃が重い感じ。前日の焼肉がボディーブローのように効いているのか、それとも健康診断に書いてあった慢性胃炎か。とりあえずパンシロン飲んで横になってると、回復したので午後から船が出る金沢八景へ。

早めに出て下道で行こうかと思ったが、思ったより車が多く、途中から首都高に乗り、現地着12時過ぎ。1時半の出船なので、飯食べてしばらく待ちます。場所は日陰になりそうな右の大トモ。でも実際は日陰になんなかったけど。

多少風があったが、それぐらい風吹かないと暑くてやってられないって感じなので沖にいると過ごしやすかったです。最初は港でてすぐの6mぐらいと浅いところ。今日は3本竿を持参しましたが、実釣は2本竿でベイトタックルに、自作の天秤仕掛けで挑みます。
最初の場所ではまぁぽつぽつと当たりはあるが、船長納得いかないようで、野島のドック堤の沖に移動。水深でいうと15mぐらいから除々に浅くなっていくところ。ここではいい感じでぼちぼちという感じ。サイズは選べないが
いい奴も結構混じります。ここで3流しぐらいして、ちょっと当たりが遠くなると場所をまた移動。今度は小柴方面かな。でもいまいちって感じなんで、さらに移動で中の瀬方面へ。ここもだめで結局再度ドック堤沖へ。ここは当日は魚がそこそこ固まっているようで、まぁまぁ当たりがあるって感じです。

最後までそこで粘り、4時終了だけどちょっと残業してもらい、最終的にはキスは51匹。一番大きいので24センチで20センチオーバーが10匹弱ぐらいいたかな。後は、メゴチとヒイラギとパックンチョにベラって感じでしょうか。

当日はたるい潮回りっていうのもあって、多少食いもぽちぽちって感じみたいでしたが、まぁ半日で51匹釣ればまぁまぁでしょうか。先日の霞の傷は十分癒されました。

帰ってきて翌日キスを捌いているとまだ卵持ってる魚が結構いることから、まだまだ産卵は続いてるって感じでしょうか。

大き目の奴は、3枚におろして今回は昆布締めにしてみました。今のキスは冬みたいに脂はのってないですが、昆布のうまみがしみ込んで激旨。実家にも持っていきましたが好評でした。残りはいつものように冷凍保管。

いついっても裏切らないシロギス。また癒されたい。

2011.5.15 金沢八景 シロギス

一回書いたけど、消えちゃったんで手短に。
既に1週間経過だが、15日の日曜日は金沢八景進丸の午後キス乗合へ。

ほんとは土曜日の午前船なんてのが、いろいろなことからいいのだが大人の事情で日曜日の午後船へ。
今回は実父を釣れての釣行となります。

シーパラダイス渋滞を避けるためちょい早めの9時半に家を出発し、渋滞はなくさくっと11時過ぎに到着。早めの飯を食べてると午前船がかえってきたので、左の大トモを押さえます。
12時半の河岸払いで船は近場の小柴沖へ。

開始早々から南風がそれなりで潮も流れてるから、かなりの勢いで仕掛けが流されます。多少釣りにくいですがその分魚の活性は高くて、開始からまぁまぁのペースで釣れてきます。実父も久しぶりの釣りでぽつぽつと白ギスゲットで楽しんでいるようです。ただしばらく経つとさらに南風が強くなりどんぶらこって感じに。潮も流れなくなってきてしまい、釣りにくい+活性低の状況に。ぽつぽつと追加して4時の沖上がり時で46匹。まぁまぁでしょうか。言い訳を書くと欲張って2本竿でやっていたが、風が強くて手前祭り連発。さんざん悩まされているアルファスのハンドル緩みも発生し...orz
最初っから1本で手返し重視でやったほうがたぶんいい結果が出たでしょう。でもまぁ十分っていえば十分ですが。結構荒れた海だったので、久しぶりの船で実父は船酔いしてしまったようですが、それでも楽しんでいたようなのでよかった。

サイズは選べませんが東京湾の白ギス。今がチャンスです。
でっかいのは刺身、カルパッチョに、小さいのは塩焼きで美味しくいただきました。
またそのうち行きましょう。

2011.5.7 木更津 リレー船

忙しくてなかなか更新できずorz
連休も終わりに近づいた7日は、行徳伊藤遊船から久しぶりのキスアナゴリレー船

当日の朝までどうするか迷ってたが、まぁ行ってみるべと準備して8時過ぎに自宅出発。伊藤遊船に到着して席をとろうとすると、既に両トモには名前がorz。しょうがないので右のミヨシに名前を書いてしばし車の中でまったりと。12時の河岸払いまで過ごします。

人数がそろったので定刻よりちょっと早い時間で出港し、一路木更津沖を目指します。
羽田あたりからだと、30分ちょいぐらいで着くんだが、湾奥からだと結構遠いよな~。風の塔超えるまでがかなり時間がかかります。1時間以上かかって現地到着。場所的には木更津の沖堤の沖って感じかな。水深は10mに満たない浅いところ。

最初は、1本天秤の1本胴付ってパターンで始めますが、胴付はまったく当たらんので、2本とも自作の短め天秤仕掛けで挑みます。
エンジン切ってのブン流しだけど、ちょっと風があって船の移動が早いのでパラシュート入れてのけつ流し。パラシュート入れるとちょうどいい具合で船が流れます。ただおもいっきし潮後の展開で右舷6人の6番目って感じ。
なんで普通な距離に投げてもみんなの仕掛けが通った後になってしまうから、できるだけ遠投して広い範囲をさぐるように心がけました。案の定遠いとこに投げると当たりはあるけど、その後に足元までさびいてくると当たりが減ってくるといった感じなんで、撃ち返しを多くして数を稼ぐって感じかな。手返しは悪いけどしょうがないやね~。

魚のご機嫌的にはバリバリって感じではなく、ポツンポツンって感じ。まぁこの辺は腕の差もあると思うので、すごい人ならこんな状況でも1束とか釣るんでしょうが、普通の釣り人の我だとまぁそんな感じかな。サイズ的には大中小が混じりで、一番デカイので24センチだったかな。それでも中サイズが一番多いので十分楽しめます。当たり的にも前回の金沢八景のときより浅いのもあるけど明確に出るので、魚の活性もだいぶ上がってきたのでしょう。ただあったかくなってきたのと、広いフラットエリアを流すので、魚自体は固まっているというよりは広範囲に散らばってるって感じだね。何匹かの小さい群れに当たるとパタパタと釣れてそれがいなくなるとまた沈黙って感じかな。

混じりものは、定番のヒイラギとかパックンチョとか。メゴチも結構混じったけどちょっと小さい奴ばっかり。そういえばここのところはあまりメゴチは釣れてこなかったんだけど、今年は結構多いのかな。混じりものはヒイラギのみゲットして後はお帰りいただきました。

1時過ぎからスタートして、5時半ぐらいまでずっと木更津沖を流し返してキス狙い。最後の方は風も止んできたのでパラシュートあげて流してくれたので、それだと船下でも当たりがでました。
とりあえずキスの部は45匹で終了。お土産的には十分でしょう。ただもうちょい釣れればって感じかな。

その後、再びアクアラインをくぐり、アナゴの部は盤州で開始。
依然よろしくない状況のアナゴ。本日はいかがなものか。
暗くなり始めた6時ぐらいにスタートとなり、準備しておいた3本を順番に投入。ほどなく竿をあおると重たい感触。リールを巻くとサクッと船中1番で1本目ゲット。しばらくおいて投げて引いてきた仕掛けでも1本確保して合計2本。サイズも2本ともまぁまぁなやつ。なんか怖いぐらいいい調子なんでこりゃいいかなと思いつつも、そうはうまくいかないのが今年の傾向。3本目を釣ったのはかなり時間経過後。こりゃだめだって感じ。

結局は3本で終了~orz。それでもアナゴの部では竿頭だったようです。ほんとに悲しい。
盤州は木更津よりもともと数は出ないんだがそれでもね~。今年のアナゴはほんとに重症のようです。
ぎりぎりまで粘って8時50分ぐらいまでやっても状況は変わらずで、湾奥に帰還となりました。

自宅についたのが11時近く。いつもながらリレー船は疲れます。釣った魚はそのまま冷蔵庫にぶち込み、ビール飲んで就寝。翌日に下処理しました。
大きめの10匹は皮ひいて刺身とかカルパッチョとかに
小さいのは頭とって塩焼き用に。真ん中ぐらいのは背開きにして冷凍庫へとなりました。ヒイラギは頭とって翌日の味噌汁へ。小骨が多いけどヒイラギいいダシでます。ヌルヌルは塩でもめばきれいに取れます。
キスはまだ抱卵はしていないので、これからどんどん浅いところに差してくるんでしょう。

次はいついくかな~。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ