日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

2011.1.22 湾奥 カレイ

既に2日経過したが、土曜日は行徳伊藤遊船からシーズン2度目のカレイ乗合。

前回の釣行からずっと釣果を見てきたが、やはり下降線をたどっている。何日か前までは、産卵に絡んだ個体の夕方の爆釣もあったみたいだが、すっかり落ちついてしまったみたい。

いつもと同じく午後船で、場所取りも兼ねて早めに出発。無事に前回よかった左の大トモを抑え、しばし車の中でまったりと。13時に河岸払いでいつもと同じく行徳沖へ。
前回来た2週間前はまだほとんど船はなかったが、今回は個人の自家用船も含めて結構な船団ができていた。カレイより船の方が多いんじゃねーのって感じに。

今回も竿5本持参し、厳しそうな予感から最初から全部投入。2本は足元。残り3本はほんなげてさびいてくるって感じ。13時半ぐらいに開始し、全部入れ終わると、あとは暇なカレイ釣りって感じに。
前回の時は、2時過ぎぐらいから1枚ゲットして落ち着いて釣りができたが、今回はそんなに甘くはなくまったくノー感じな状況が続く。それでも自船や周りの他船を見るとぽつぽつだがカレイは釣れているので、まぁそのうち釣れるだろうとのんびりしながら、穂先を眺める。

そんな感じでいると3時半過ぎに待望の当たりが。軽く投げていたキス竿をひったくるような感じで結構な当たり。しばらく様子を見ていると結構派手に竿をもってく素ぶりが見られたので、ここで竿を立てて巻き始めるとなかなかの手ごたえ。上がってきたのは、39センチのメスの眞子ちゃん。無事にタモに収まりとりあえず坊主脱出。カレイの場合は喰いが立つと連荘することがあるので、次があるかなと思ったが、またもや普通の釣れないカレイに。

ラジオを聞きながら、またしばしまつこと4時過ぎ。今度は遠めに投げていたキス竿にまた派手なあたり。今回も様子を見ていると、また竿をもってくような感じになったので、ここで竿を立てると無事に針掛かり。前ほどじゃないがそれでもまあまあの手ごたえで上がってきたのは35センチの眞子ちゃん。これも無事にタモに収まり2枚目。

まだ時間があったので、3枚目いけるかと思ったがそんなに甘くはなくこの2枚で終了~。ただ肉厚でいいサイズなんで1枚で前回の2枚分ぐらいありそうな感じかな。40アップもちらほら出ていたようなので、釣れるといいサイズなんだが、いかんせん釣れね~からな。当日の自船では、竿頭が4枚ってことみたいだけど、半分以上は坊主じゃないかな。ほんとに釣れない釣りだよな。

この釣りの場合、自分はとにかく竿数を増やすこと、極力遠投して広い範囲を探ることでやる気のあるカレイに遭遇する確率を増やすことを心掛けているんだけど、それでも釣れるか釣れないかは運次第ってとこもたぶんにあるって感じかな。

帰って捌いてみると、2枚ともメスのようだが卵がないことから既に産卵は終わった個体。バスでいうポストスポーンって感じなのかな。
これからはよほどタイミングが合わない限りは、数を釣るのは難しいでしょう。もちろん腕のいい人は釣るんでしょうが。

今シーズンはまぁ自分的にはそこそこの釣果にめぐまれたので、たぶんこれで湾奥のカレイはお終いかな。2枚の獲物は今回は刺身にせず、煮付けと空揚げ用に冷凍庫にお入りいただきました。

2011.1.8 湾奥 カレイ

湾奥で年明けからカレイが釣れ始まったようなので、今日は行徳伊藤遊船からカレイ乗合。

約1年ぶりのカレイ乗合。この前のフグのこともあったので、飯岡にフグ釣りに行こうかとも考えたが、どーも疲れ気味で飯岡まで行く気力は沸かず、朝起きてから考えてカレイに決定。先週のアイナメに続き釣れない釣りだが、まぁここのところ毎年冬はこんな感じなので、伊藤遊船の午後船に出発。

午後船は13時出船だが、過去の経験から釣り座が釣果にかなり影響するようなので、大トモをゲットするべく、自宅を8時半に出発し、9時半過に到着し、無事に大トモ確保。車の中でテレビ見ながら、おにぎりを食べて時間を潰します。

去年までは午後船といっても、11時半ぐらいには出てしまっていたのだが、今年は午前船もあるのできっちり13時出船。まぁ釣れるのは夕方だからあんまり関係ないって感じもあるが。

今日はほとんど無風のべたなぎでカレイ釣りにはもってこいの天気。
場所は10分ぐらいの近場だから、出発してすぐに到着。アンカー打って開始~。

竿は5本用意し13名乗ってかなりキツキツだが、大トモ効果でなんとか4本出し。
開始してしばらくして穂先に違和感。竿を立てると魚の感触。ゆっくり慎重に巻くと早速本命登場。無事にタモにおさまり、出だし好調。すぐに2枚目もゲットして、カレイってこんな釣れるもんかと錯覚してしまうほど。ちなみにここ数年冬には必ず一度はカレイ乗合に乗っているが1枚以上釣ったことがないので、早くも自己新記録。

その後もぽつぽつと釣れ続き、17時15分の沖上りまででなんと7枚も釣ってしまった。初釣りのアイナメの借りを返すには十分すぎる感じかな。まぁ欲をいうとサイズは一番良くて30センチぐらいだったので、それがもうちょいよかったら何にもいうことないのだが。
今日は自分が乗った船はかなり調子良かったみたい。あれだけ人が乗ってても船中で結構釣れていたみたいだから。

まだ他の船宿は数えるほどしかきていないのと、釣れてきているのは産卵に絡んでいるオスのカレイがほとんどなので、数を釣りたいのならば今はチャンスかもしれません。いつまでこれが続くかもわかりませんが。

今日釣れていただいた方々は、刺身、煮付け、空揚げでいただきます。

続 カレイ釣り

結局、この1匹で終了~。
去年から船カレイは何度か行ってるけど1匹以上釣ったことなし。まぁ坊主覚悟の釣りなんで釣れただけマシなんだが。
当日も約半数は坊主だから釣れただけよしとしないと。でもトップは5匹だっていうから腕の差なんだよね~。
しかしこの釣りは修行のような釣りだな~。もう来るのやめようっていつも思うんだけど、また来ちゃうんだよね。今の時期って釣り物があまり無いってこともあるけどね。
家帰って血抜きして(家までちゃんと生きてる)、5枚におろして、今は冷蔵庫の中に。
帰ったら刺身で一杯やります。
ちなみにアラも今朝の味噌汁で美味しくいただきました。
東京湾の恵みに感謝。

カレイ釣り

既に放置気味

金曜日はプレゼンで散々な目に逢い、その後は飲み会で疲れて帰ったので、土曜日は起きれず...。結局家から半歩出ただけでほとんど引籠り。

翌日の日曜日。キス釣りに行こうか迷ったけど、キスは調子悪そうなのでよさそうなカレイに変更。カレイは前々週に行って33センチを1匹を釣っているけど、2匹、あわよくば3匹ゲットなんて目論んで行徳伊藤遊船にGO。午後船だけど、家を7時半過ぎぐらいに出て9時前に到着。右舷の大ドモをゲット。ただ自分みたいな考えの人が多いらしく、船は満員御礼で約20人乗っけて一路行徳沖へ。
餌つけて放り込むとなんもすることが無いから、早速カップラーメンを食べまったりムードへ。
かなりの人数だけど、大ドモ効果で竿を5本だし気合を入れたのだが...。

うーん。釣れん。
うんともすんとも言わずに、ひたすら時間だけが過ぎていく。船中ではごくたまーに釣れてるようだが、自分の穂先はピクリとも動かず。風はなくべたなぎで、すごいカレイ日和なんだが。
開始から4時間ぐらい経過した午後3時過ぎ。穂先がぶるぶるってきたんで「オッシャー」と気合入るが結局それっきり。その後も同じ竿に2度ほど当たりがきたが...。3度目の当たりでかすかな生命反応を感じたので、ゆっくりリール巻くと、でかいハゼが。約20センチぐらいはあったかな。正体みたりって感じだけど、ひらべったいの釣りたいんだよな~。
日が傾いてくると、ぼつぼつと船中でもあがり始めた。特に左舷が好調のようで、船長がタモもっていったりきたりで40アップもちらほら。
名目の終了時間4時をすぎて残業突入。5時で上がりますとのアナウンスも我の穂先はいまだもって異常なし。さらに10分延長の声がかかったが万事休すと思われた5時7分。来ましたよ~。船の真下に落としたキス竿がぶるぶると。ゆっくり上げると生命反応あり。船長に掛声をかけて無事にタモに収まったのは、37センチの眞子ちゃん。うーんしびれる展開。

プロフィール

hoteiaoi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ