日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

飯蛸

2012.11.3 東京湾 イイダコ

木曜日のスミイカに続き、いけそうな時に行っとけということで今期2度目のイイダコ。

いつもの羽田かみやがこの日はイイダコ乗合でないんで、考えた結果、浦安の吉久に行ってみようと考えた。
朝到着し、駐車場に入れるときに聞いてみると

「イイダコなんですが」  「今日はイイダコは出ません。スミイカなら出ます」

そうですか。毎日出船と書いてあったのですが...orz
吉野屋なら毎日出船してるけど、たぶん混んでるので吉久にしようと思ったんだけど、必然的にそのままとなりの吉野屋へ。
吉野屋は相変わらずの盛況ですね。イイダコも15人ぐらいはいたかな。この日が今期最後らしいので、それもあって多めだったようです。場所は右側のトモから4番目。まぁ胴の間って書いたほうがいいかな。

7時半の河岸払いで一路船は東京湾の西側へ。約1時間ちょいで現地着。
潮は結構の澄み潮で、水深は深めの9mぐらい。潮はとろーっと流れているけど...。開始早々お祭り連発orz
後ろの方のPEが太くてすぐこっちに糸流れてきちゃうんですが...。たぶん2号以上はあるでしょう。イイダコ釣りに2号のPEはいらんと思うんだが。
錘をもっと重くしてくれればいいんだけど、あんまりそういうのは考えていらっしゃらないようで。

とりあえず避難しながら釣りを続けますが、このいかんともしがたい状況が最後まで続き、ストレス解消がかえってストレスが溜まってしまうような状態。それでも乗りがよければまだマシなんだが、乗りも渋いし。ただひとつ救いはサイズがいいこと。釣れてくるタコはいいサイズが多く、前回のような小さいのは少なかったからそういう意味ではばっちし感触は味わえたかな。

浅場に移動したタイミングで左隣の方が前方に投げて釣りを始めた。
その昔は、自分も投げて広く探ってタコを釣っていた時もあったけど、これだと圧倒的に手返しが悪くて、数が伸びない、また富津に行ったときに投げて釣っているとやめたほうがいい(これはイイダコがある程度固まってコロニーを作っていることから。富津で手バネで釣っている名人級の方々はすべて船下)と言われたこともあり、最近は船下オンリーといった具合だったのだが、ただあまりに乗りが渋いので自分も前方に投げてタコを探るように。そうするとなんとかぽつぽつ当たりが出てくるような状況

たぶん船に乗ってる人数が少なければ、もうちょっと回るんだろうけど、人数に比べてタコの量が少なくてしかも真中だとミヨシ、トモで釣られてしまい、回ってくるタコの絶対数が少ないんだろうね。
こうなると手返しなんてこと言ってる状況じゃなくて、どうやってタコを先に呼ぶかってとこが重要なんでお祭りしないようにして、投げて誘うの繰り返し。そんなことを繰り返してて、2時半におしまいの合図。

カウンターの数みると40orz。家帰って数え直すと42杯でした。
これで今期のイイダコもおしまいかな~。今年は始まりが遅くて、終わりがいつもと同じような感じなので、より一層時期が短かったような感じかな。また来年のお楽しみかな。

来年はタコの湧きがよくていっぱい釣りにいけますように。

2012.9.24 盤州 イイダコ

いや~。また久し振りの更新。

すっかりの放置プレイ。なんせ自宅ではPC立ち上げるのもままならない状況。携帯でもできるのかもしれんが、そんなにまとめて文字打てんorz。この週末はかみさんが娘を連れて実家に帰ってるので、このチャンスを逃すと引越しやらなんやらで次はいつになるかわからんので、行ってまいりました。

金曜日は高校の部活の同窓会で、家帰ったの4時過ぎorz
さすがにこれでは釣りいけないので土曜日は断念。でも午後船か夜ならなんとかなるかとも思ったんだけど、よる年波による解毒能力の衰退は著しく、翌日も頭痛めなので、この日はオーケーに買い物いっただけにしておきました。日曜日はどこ行こうかと画策していたが、最近好調な外房のフグかイイダコ悩んだけど、この前せっかくビクを作ったので安定はしてないけど、東京湾盤洲のイイダコへ。

浦安の吉野屋が毎日乗合だしてるけど、この日はたまたまいつもの羽田かみやから船が出るのでそちらへ。当日は雨予報orz。せっかくなのになんでって感じだけど、今は天気で日を選べるほどの余裕はないので、それでも強行。

当日の北東の風予報から、左後ろがいいんでないかとの見込みで、早めに現地について無事に左後ろをゲット。出船前から雨が降る中、スッテの針といだりして時間をつぶします。
定刻の7時半5名様で河岸払い。一路龍宮城前を目指します。

道中はそれなりに揺れるという感じだけど、現地につくとそんなに波はなくイイ感じ。とりあえず8号中通しのスッテ仕掛けで始めるとバカスカという感じではないけど、ぽつんぽつんって感じでタコはかかってくる。潮は効いてないけど、まぁこんなとこなのかなって感じ。ただ過去のバカスカの乗りを知っているだけあってちょっと物足りないけど、今期の状況からすればいいほうなのかな。ぽつぽつ具合は変わらずも、じっくり我慢の流しを展開してくれて一応カウンターの数字は上がっていく。

昼ぐらいまでになんとか束を超えるも、このころになると風はビュービューだし、雨は土砂降りでもう何やってるのかわーらん状態。通常3時過ぎの撤収なのだが、あまりのひどい天気で2時半撤収命令で帰ってきました。
最終的には120杯でまぁまぁなのでしょうか。

感じたのは、まだタコが小さいっていうこと。例年より遅れているというのは聞いていたけど、約1ケ月ぐらい遅れている感じなのかな。タコが小さいのでやはりスッテのほうが有利でしょう。テンヤだとすりぬけちゃうサイズがまだ多いだろうし。それといるとこいないとこがはっきりしてるので、連発するとこではとにかく手返し重視が釣果を伸ばすコツでしょうか。まぁこの釣りのではそこが肝なんですが。

帰って120杯下処理して、そのうちの5杯を生のままごま油で和えて、残り5杯を軽くゆでで、ポン酢+もみじおろしで。旬の味覚って感じでしょうか。

でも雨の中ずぶぬれになってはさすがに疲れた。次はいい天気のときいきたいね~。

2011.9.24 東京湾 イイダコ

24日土曜日またイイダコいってしまった。今回も浦安吉野屋より。
とある事情から金欠なのだが、今いかないとすぐにつれなくなる釣り物、またあのゴム引っかけたような独特の釣り味はこれでしか味わえないからね。

今回は前回よりちょい早めに起きて、家で朝飯を食べ、いざ出発するもなんか途中で気持ち悪くなり...。前日飲み過ぎたわけでもないのに何でという感じ。道中はさんざんだったが、無事に船に乗り、7時半の河岸払いで船は一路前回と同場所へ。

ちなみに今回の席は右のトモから3番目。まぁ普通に胴の間って書いたほうがいいところかもしれんな。場所的にはいい場所ではなかったですね。前からでも後ろからでも中途半端な場所って感じで。

約1時間ちょいで船は現場に到着し、「はいどーぞ」の合図でスタートするも、前回と比べてなんか渋いなって感じ。確かに前回に比べて潮は濁り気味だし、台風直撃後だからかなり真水も入ってると思うからね。でもほどなくして一発目が乗り、いきなり重たい感触。いきなりやったかって感じでマダコゲット。開始早々いい感じ。その後も前回ほどのバシバシ感はないものの、ポツンポツンと乗る感じで爆発的ではないものの、カウンターの数字はちょっとずつ伸びていく。今回はちょっと深めということで8号中通しの仕掛けも準備したが、隣の方との錘の違いからかえっておまつりが多くなってしまったので、最終的には7号のスッテ仕様でやり通しました。

成長が早いイイダコ。サイズは前回と比べて着実に大きくなっています。そんなこんなで最終的にはカウンターの数字は87杯で終了。最後の最後にかなりの手ごたえのマダコをかけたのですが、糸が船下方向に流れていて船下を通る際に船底に張り付かれてしまいorz。ゆるめてたりしながらいろいろやったのですがにっちもさっちもいかず、これは残念ながらあきらめ。家帰って数え直すとイイダコ91杯、マダコ1杯となりました。当日のトップが99杯ってことみたいなので、まぁまぁだったのではないでしょうか。

サイズは前回よりいいので、イイダコのボリューム的にはまぁまぁかな。最後のマダコが入るとだいぶ違った感もあるかもしれませんが、こればっかりはしょうがないやね。
なかなか安定感がない今期のイイダコですが、これからはどうでしょう。いければあと2回ぐらいいきたいな~なんて個人的な願いはあるのですが、あとは懐と相談って感じでしょうか。

帰って今回は少なめの5杯を前回同様ごま油で和えて、沖縄の塩をつけて食べました。ちょうどこれぐらいの数が一番いいかな。後は冷凍保存となりました。今度は煮物でもつくろうかな。里芋って普段はあんまり食べないんだけど、イイダコとの煮物はおいしいんだよね。今年は冷凍保存はできないかななんて思ってたけど、気がつくと冷凍庫の中イイダコだらけになりつつあります。まぁいろんな食べ方できるからすぐなくなりそうだけどね。

2011.9.19 東京湾 イイダコ

いついけるかわからんといっていたが、3連休の最終日またイイダコ行ってしまった。
最初は富津に行こうかと思っていたが、久し振りの浦安吉野家へ。

4時半起床で出発。現地着6時チョイ前。前と変わり座席の札を取るスタイルになったようですが、すんなりといき、すでに埋まった4隅はあきらめて右のトモから2番目を確保。受付をして待合室でしばらく朝食のパンを食べて過ごします。吉野家は相変わらずの大盛況。お客いっぱいですごいな~。休みの日はいつも混んでるので、ここんとこ行かなかったが、かわはぎとか人気の釣りものは相変わらずの大盛況。反面不調気味のフグとシロギスは結構余裕があったかな。

イイダコ船はお客11名を乗っけて7時半に河岸払い。旧江戸川を下ります。自分的にはいつものごとく盤洲にいくものと思っていましたが、船は別の方に向かいます。約1時間ちょいで現地着。どこのイイダコ船もいない完全な独占な場所。場所を書いてしまうとよろしくないと思うので、今回は場所は書きません。でも自分的には何回もみたことある景色なんでこんなところでって感じです。

9時前にスタート。最初の場所は水深9mぐらいとイイダコにしてはやや深めかな。終日を通して5mから9mぐらいのところを流していた感じでしょうか。とりあえず6号の錘のスッテで始めるも深めなんで、すぐに7号に変えてスタートします。当日は小潮でそんなに潮が効く潮回りではなかったですが、最初はトローっといった感じで潮が流れていて、最初はバクバクのスタートに。いい感じで連発で乗ります。ただ水深が若干深めなんで合わせが効かず、さよならしてしまうのが結構ありました。もったいない。

始まって約1時間ぐらいで40杯ぐらいはいったかな。これぞイイダコ釣りといった感じ。サイズも小さいのも混じりますが、中型がメインといったところです。50杯ぐらいまでいったとこで、ちょっとひと段落って感じで乗りが渋くなってきましたが、この前とは雲泥の差。最初は50杯とれればいいかな~なんて思ってたのですでにノルマクリアで後はどこまで数伸ばせるかってとこですな。

最初のペースなら150ぐらいはいけそうな感じでしたが、そうはうまくいかずじょじょに乗りは渋くなりぽつりぽつりといった感じに。ただでっかいゴミをかけたような重たい感触で上がってきたのは300g弱のマダコ。足一本だったですが、無事にタモに収まり、よっしゃ~って感じ。その後もぽつりぽつりは変わらずも数は伸びていき、あとさらにマダコも2杯入り、いや~楽しい展開。前回のカサゴの時も書きましたが、東京湾のマダコはおいしいんだよね。

2時半の沖上がりまでで、最終的にイイダコ115杯、マダコ3杯といった感じでした。去年の富津の爆釣に比べるとまだまだですが、今期不調のイイダコでは十分楽しめる結果となりました。トップは132杯で自分は船中2番手でしたが、マダコが3杯入ったんで、ボリュームはいい感じだったでしょう。

帰って早速青山船長に教えてもらった下処理をした生ダコをごま油に絡めて食べてみましたがなかなかうまいっす。ただ15匹まとめてやったので、後半はごま油のきつくなってきたので、さっと洗って湯がいてポン酢ともみじおろしで。こっちはさっきと違いあっさりって感じでこっちもうまし。前回は30杯しかいなかったから、すぐなくなっちゃうって感じだけど、今回はそれなりの数がいるので、他にもいろんな食べ方できそうです。今日は昨日ゆでたマダコの足で一杯といく予定です。やわらかくて味が濃いマダコ。うーん楽しみ。

一時期は全然ダメかと思いましたが、うまくいけばまだまだ今年も楽しめそうです。

2011.9.10 盤州 イイダコ

いろいろあったこのひと月。まだまだ全然落ち着いてないが、なんとかちょっと時間がとれたので、やっと始まった盤州のイイダコへ。

今年は富津共々絶不調のようであるが、それでもまだちょっとはマシなような盤州の乗合へいつもの羽田かみやから出船。釣況は確認していて、数日前には束釣りもあったようだが、ここのところ下降気味でちょっとやばそうだが、次はいついけるかわからんので...。

4時半起床で現地着6時前。あまり人気がないようなので、どっか四隅は取れるかなと思っていたが、そんなに甘くはなく、右舷のトモから3人目に席をとって準備をします。準備といってもスッテを付けるだけで、朝飯となんときものアネロンを飲んで7時半に河岸払い。河岸払いの時には15人とまぁまぁの人数に。30分ちょいで到着しアクアライン周辺の場所をエンジン流しでスタート。

大体朝イチの一投目って乗るものなのだが、まったく音沙汰なしorz 嫌な予感がしたがたまーにポツンポツンと乗りながらがまんの時が続いていく。でもこれってイイダコ釣りじゃねーよなって感じ。
イイダコはある程度まとまってコロニーを作っているので、一か所で連発するのが普通なのだが、あっても3連発ぐらい。悲しいかな大体が単発の乗りで終了。それに、根掛かりのような重たい感触でスッテがぷっつり切れてしまい、ほんとに根掛かりかと思っていたが、隣の人が上げたマダコに自分のスッテが...。根掛かりじゃなくてマダコだってorz イイダコ10杯分ぐらいありそうな感じだったな~。

船頭もこまめに場所を変えて大流し気味で流しこんでいくが、とても固まって釣れるような印象はなく、2時45分に終了~。

自分は30杯(家帰って再度数えると32杯だった)でそれでも船中2番だったみたいだが、イイダコでこれじゃな~って感じ。イイダコ釣りを初めて2年でのワースト記録となりました。去年はこれの6倍ぐらい釣ってたのですが...。

サイズもとても小さいのが多くて、始まったばかりというのもあるかもしれないがどーもちょっとおかしいかなって感じ。卵の孵化がよくいってないのかと思う。確かに潮は濁り気味でイイダコ釣りの条件としてはあまり良くはなかったが、何日か前に大雨が降ったとかいうわけではないから、今年はだめっぽいかな。たぶんタコ自体の供給量が圧倒的に少ないんだろう。何がいけないのかはわからんが、アナゴといいイイダコといい今年はだめだね~。良かったのはシロギスぐらいだな。これでスミイカもだめだったらちょっと...。

釣ったタコはさっそく、さっとゆでてポン酢もみじおろしで。小さめの奴なので固くなくてうま~。
後は空揚げとタコ飯にでもしようかな。でも今年は冷凍保存できるほど釣れないな。

プロフィール

hoteiaoi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ