日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

2012.11.16 横浜 ハゼ

16日金曜日は2年ぶりの鶴見新明丸のハゼ乗合へ。

今回は久し振りに実父と一緒にハゼへ。何を釣りにいきたいかリクエストを聞くと久し振りにハゼ行きたいというので、新明丸に行ってきました。

実家をちょいはやめの5時頃に出発し、一路鶴見を目指します。現地着は6時半前。左のトモのみ竿が置いてあるので、右のトモに道具を置いて準備をします。

定刻の7時45分に出船。どこにいくのかと思えば、懐かしの鶴見川本流のミオ筋から。2年前に行ってデカイのばかばか釣れてとても楽しかった思い出が。

最初の場所でさくっと1ついいのが釣れましたが、なかなか渋いかなって感じ。ちょうど2日前から冷え込みが本格化してきたのでたぶんそれも影響してるのかもしれません。ただ他の人はコンスタントに釣ってるのでやはり腕もあるのでしょう。

ただ何回か流し変えしてもらうところで、溜まっているところにあたるとバコバコ20センチ近いのが連発します。なかなかこのサイズのハゼは今の時代目にかかれないので、こんなのが連発しちゃうと楽しいの一言。ただいるところいないところなのか、なかなかコンスタントに当たりが出る状況でもないので、数的にはそんなに伸びてはいないですが、そんなにいっぱいじゃなくてもいいかなって最初から思っていたので。今日は2人で楽しめればいいかなと。

鶴見川を一通り流し終えたら、次は下流方向の運河筋に移動となります。
こっちではサイズが小さくなり、潮止なこともあっていまいちな状況。まぁ飽きない程度には釣れるんだけど、鶴見川のサイズ見ちゃうとね~。最後はまた戻って川筋の最下流を流して終了となりました。

釣果は二人で66匹と大したことはないんですが、サイズがいいのでかなりのボリューム。釣ってる人だと束は超えてるようですが、とにかく今日は楽しむことが優先なので、これでも十分二人で楽しめました。

時期限定のハゼ釣り。今年はもういけないかもしれないけど、また来年楽しみたいね~。

三回目 乗合船ハゼ釣り

昨日は、三回目の乗合船ハゼ釣りへ。

今年初めて行った鶴見新明丸の乗合船ハゼ釣り。
前回のインパクトが強烈でまたその再現をと思い、実父とともに。

今回はネットで安いイカダ竿を2本買い、それを主戦にあてる。これで手返しアップで前回より釣れるかなと思ったのだが...。

出船前に船頭と話していると、何か前回とは様子が違う。
前回は鶴見川の川筋を釣ったので、今回もてっきりそうだと思ったのだが、別のところに行くとのこと。
詳しく聞くと、鶴見川のでかいハゼ釣りは、早いもの勝ちのようで、魚がでかいだけあって、数自体も限られていて、すぐに釣れなくなってしまうとのこと。年によって違うようだが、1ケ月の年もあれば、1週間の年もあるとのこと。今年はもう釣れなくなってしまったので、おしまいらしい。

うー。まことにもって残念。前回の釣果のうち半分ぐらい実家にあげているので、あの馬鹿でかいハゼを見ていて、実父もそれに期待していたのだが。
まぁそんなこといってもしょうがないから、別の場所に船は案内してくれた。開始早々はまだ若干下げ潮が効いており、ぽつぽつ釣れてくるが、今度はいたって普通のサイズ。京浜運河のそれと大差無い感じ。
しかし、潮が止まってしまうと当たり自体も少なくなり、なんとも悲しい展開に。

2日前の冷え込みも影響しているのだろう。最後までぽつぽつって感じで自分は57匹でなんとも不完全燃焼の結果に。
それでも竿頭は120匹ぐらい釣っているから、うまい人はそれなりに釣っていたようだが、前回の再現を求めていた自分からすると、このギャップは大きく、なんかショボンとしてしまった感が否めない。

イカダ竿も根掛かりはずす際に穂先折ってしまうし...orz
まぁどっちにしても柔らかすぎるので穂先を詰めようと思っていたけどね。

あのデカイのは来年までお預けのようです。
まぁ楽しみに待っていましょう。

昨日は前回のハゼとスミイカをフライにして食べました。
ハゼはほとんどアジフライのよう。改めてでかさを感じました。
スミイカは、揚げすぎだったようでちょっと固くなってしまった。生でも食べられるイカだから、もうちょっと加減すればよかったかな。

再び乗合船 ハゼ釣り

今日は先週の土曜日に行った新明丸に再びハゼ釣りへ。

先週は休みだったので、満員だった船も平日の今日は4人といい感じ。ただ、前日まとまって降った雨で川の色は濁り気味。めちゃめちゃ寒かったから水温もさがっているでしょう。

今回も実父を連れていこうかと思ったが、今回はパスってことなので、一人で今回は左の大トモに。
川は濁ってる上に結構な勢いで流れてるんで、だいじょぶかなと思ったが、始まってみるとその心配は杞憂に。

前回は、隣接する運河をメインにやったので、今日もそうだと思っていたが、今日はそうではなく鶴見川の本流をエンジン流しで釣っていく。
始まってからすぐに、当たりバクバクでしかも釣れてくるハゼはみんなデカイのばかり。5号の針を使っていたんだが、もっとデカイ針用意しておけばよかった。
今回もグラスの手バネ竿をメインに使ったのだが、魚が掛かると竿は満月に。いや~楽しい。

やはり長い中通しの竿を使っている常連さんは、圧倒的に手返しがよくてどんどん数を重ねていくが、1.8mの手バネなんで糸を手繰り寄せる手間はしょうがないが、今回は糸を巻き替えたので、前回のようなトラブルはなかった。

1時半の終了の合図まで、釣れ続き最終的には117匹。
ただ前回に比べてサイズが圧倒的にいいため、ボリュームはものすごい。平均サイズでいうと15センチ以上はあるんじゃないかな。一番デカイので19センチでした。

昔、茨城の涸沼で仕立でハゼ釣りしたときのことを思い出すようなデカイハゼのオンパレード。
今はなかなかこんなデカイの釣れるのはないんじゃないかな。
長竿での常連さんは240匹オーバーとのこと。

ハゼ釣りが好きな人は、新明丸の平日のハゼ乗合。お勧めです。
多少お金はかかりますが、あのデカイはぜの入れ食い味わったらはまるでしょう。
今日はもうおなかいっぱいです。

乗合船 ハゼ釣り

土曜日は霞に行こうか迷ったが、実父を連れて鶴見新明丸の半日ハゼ乗合へ。

自分の知ってる限りだと、ハゼの乗合は深川の富士見かここなんだが、富士見だと一日船となり、まだ体力的に心配な実父の場合は、半日船の方がいいだろうと、新明丸に決定。
ハゼ自体はおかっぱりやボートでは散々やっているが、今回のような乗合船は初めて。ましてや新明丸に行くのも初めてなんで、よく勝手がわからんかったが、7:45出船の1時間以上前に到着し無事乗船。
足が不自由な実父だが、手を引けば問題なく乗船でき、なるべくトイレに近いところということで、左舷のトモから2番目を確保。
事前にサイトとかで見て、リール竿ならば錘5号ということなので、普段白ギスやイイダコetcに使っている幻風の10号2本と、後は江戸川でボートのときに使う1.8mの中通しの手バネ竿2本を準備。
時間的に見て、遠征(木更津方面)することはないと思っていたが、場所は船着場から10分程度の鶴見川隣接の運河筋。
最初は、一人ずつ幻風をもって釣り始めたが、思ったより水深が浅いところなので、自分は手バネ竿で釣ることにした。
浅いところで3mぐらい、深くても5mぐらいって感じなんで、手バネでやって後は糸を手繰ってくるという感じ。
船は、家族連れとかを併せて両側すべて満員。時間も短いし、手軽ってことで年配の方も多かった。

実父も前回の木更津のオカッパリがあんまり釣れなかったが、今回は頻繁にある当たりで結構楽しんでいた感じ。
自分は手バネでやっていたが、あまり手で手繰り寄せるのはやらないから途中で何回か糸がくしゃくしゃになりorz
巻いてた糸が1号で腰がないのもその要因なんだけどね。
ハゼ自体は、江戸川と比べて一回り以上大きくて小さくても10センチぐらい。大体12~13センチがメインといった感じだが、中には20センチ近いのも混じるのでかなり楽しい。
自分の手バネ竿はグラスでかなりやわらかいので、合わせを入れると竿が満月に。

実釣3時間半ぐらいで、二人併せて142匹。数的にはそこそこだが、いいサイズがそろうので楽しかった。
当日は、船が満員だった分一人あたりの割り当てが減ったような感じだが、もうちょっとすいていれば200ぐらいはいけそうな感じかな。

本気で釣ってる人達は、4m前後の中通しのハゼ竿で釣っていたが、手返しを考えるとそれが一番かな。まぁそこまではせずとも十分に楽しめたけどね。

もうちょっとするとさらに大きくなって、またハゼが寄ると思うので、リベンジかな。
帰って2軒で適当に分けた後、30匹ほど背開きにし、残りは頭とって空揚げに。50匹ぐらいあったかと思うが、かみさんと二人で余裕で完食。
沖縄で買った塩やらレモンやら、こしょうやらつけておいしくいただきました。

木更津 ハゼ釣り

この3連休は忙しかった。

まず土曜日は、朝から冷凍庫にあるハゼをフライパンで焼き、また焼き干しを作成。その後かみさんをジムに送り帰宅後、背開きにしたハゼとキスをフライにするべく、下ごしらえをして冷蔵庫へ。その後に壊れた電動歯ブラシと浄水器のカートリッジを買うべくあちこちの電気屋、ホームセンターを転々とするも見つからず断念orz。その帰り道に上州屋とタックルベリーに寄り道し散財。上州屋では、スミイカ用のスッテとスミイカ入れる網を購入。タックルベリーでは、アナゴ竿2本と中古のスッテとブラーを購入。
その日は、実父の誕生日なんで、かみさんと実母の4人で、買ってきた寿司と揚げたフライ、ケーキetcでお祝い。7月に入院してからいろいろ大変だったけど、なんとかだいぶ元気になってきたからこれからも無理せずにぼちぼちやってくれればと。

翌日曜日は、かみさんが仕事だったので送っていった足で昨日断念した電動ハブラシとカートリッジを探しに。
あちこち行ってみたがなかなかなく、その際に目についたものを買ってしまいさらに散財。何軒目かで電動歯ブラシはなんとかゲットしたが、浄水器のカートリッジは結局ダメ。もう次買う時は東〇のトレビー〇は買わん。
それと友近が宣伝しているピップのマグネループを購入。口コミみるとなんかよさそうなのと、慢性的な首の張り⇒頭痛の悪循環が少しでも良くなったらいいなと思い購入。前回のマグネシウムのときにも書いたけど気分的な部分もあるかもしれないけど、なんか多少は良くなった感があるんで続けてみましょう。
さらにまたタックルベリーに行き、中古のイイダコのテンヤを購入後、ニトリで頼まれていた枕を買って帰宅。
その後、明日両親連れてハゼ釣りにいくことが決定したので、上州屋でアオイソメ買ってきました。

明けて月曜日。この日はいい天気。満潮が7時ぐらいだったので、それからの下げを狙って6時半過ぎに一路木更津へ。
普段は首都高→東関道→京葉道路のルートで行くんだが、今日はアクアラインで。その方が近いのは知ってたんだけど、高いかなと思ったんだがあんまりかわらんことがわかったので、今度はそっち経由でいくかな。
現地には8時前ぐらいに到着。今回はのべ竿じゃなくて、チョイ投げで
やるので、準備してはじめるも当たりは遠い感じ。
最初の船溜まりで1時間ぐらいやって芳しくないので、となりの船溜まりに移動。
ここでもぽつぽつだし、サイズもまちまち。今年は季節の進行がおかしいのもあるけど、よーわからん。ただ餌取りが多いからまだ結構水温が高いようだな。
今回は合計6匹のワタリガニが釣れたので、これは良いゲストかな。味噌汁に入れて飲むといい感じだしね。
結局何匹つったのか数えてないのでわからないが、たぶん30匹ぐらいじゃないかな。うちにはまだまだ膨大なストックがあるので、実家に全部渡しました。海ハゼだからおいしいでしょ。

久しぶりの釣りでいい天気だったから、いい気分転換にはなったんじゃないかな。もうちょいしたら、船のって沖にもいけるようになるでしょう。
帰りもアクアライン経由で帰ってくると約50分で到着。すいてるとあっという間だね。
プロフィール

hoteiaoi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ