昨日14日は会社休みとって飯岡へ初めてのフグ釣りへ。

先日の巨大赤目の無念を晴らすべく、飯岡隆正丸のカットウフグへ。前からやってみようかと思っていたがなかなか機会がなかったが、正月休みに自作のカットウを作ったりして出撃の機会をうかがっていた。仕事も一段落し休みも取れそうになった14日風もなく海は穏やかなようだし、潮は流れない潮だが、まぁいいやということでいざ出撃。

錘25号のカットウだが、それをしょえる竿というと自分の手持ちだとスミイカ用ぐらいしかなくどうしようかと思ったが、あちこちのサイトをみていたらバス用の竿でやってる方もいるようなので、今回はバス用のミディアムの6fの竿でやることに。具体的にはEDGEのEGC604。それにいつものPE2号を巻いたジリオンという布陣。でも全然使いものにならなかったらまずいと思い一応穂先がちょっと折れているが、実父のカワハギ竿を拝借しそれももっていくことにした。

家を2時前に出発し、現地着4時チョイ前。後ろ流しだと思うので、トモの方がいいと思い、右大トモにはすでにクーラーが置いてあったので左の大トモに自分のクーラーを置いて、一旦飯食いに退散。いつものように118円のカップラーメンを食べ、5時の受付までしばしテレビ観賞。受付をすると木、金は割引をしてもらえるとのことで、2000円得しました。

今回はまったくの初めてなので、事前にあっちこっちのサイトを見て釣り方を見ておいたが、底を取ってしゃくるのだが、あまり強くしゃくるとフグが驚くのでしゃくりはあまり強くやる必要はないらしい。初心者は当たりがわからないから空しゃくりを定期的に行うといいということが書いてあった。当たりの小ささがどれぐらいなのかわからないが、当然フグは今までに釣ったことがあるので全くわからないことはないだろう。

5時半出船で航程1時間以上でポイント到着。自作のカットウにつけたワームフックに餌のアオヤギをたっぷりつけて投入。水深は30mぐらい。多少根はあるようだが、あまりきつくはないよう。

開始してしばらくは当たりらしいものは感じられなく、また空しゃくりをしてもフグは掛からない。ただそのうちコツンと手元に感じる当たりがきたので、それでしゃくってみるもフグはかからず。ただこんな感じなのかというのはわかったのでそのまま続行。そうこうしているうちにガツンという感じでフグが掛かり、結構な感じで竿が曲がる。スレで掛かっているのと水吸って膨らんでるからかなりの重み。30m巻くのは結構大変って感じ。ここでもジリオンのハイスピードの恩恵を感じました。

そうこうしているうちに一投一匹の怒涛の入れ食い状態に。竿を脇にはさんで巻きたいのだが、グリップが短くやりにくい。でも当たりについてはバスロッドでも十分感じることができた。それと空しゃくりを入れた後にゆっくり錘を底まで落とした時に当たりが出ることがわかったので、その方法でぽつぽつ当たりを取って掛けることもできた。空合わせと当たり取っての割合は半々ぐらいって感じかな。

釣ってる最中は数は数えてなかったが、12時前の沖上りの時に数えるとちょうど80匹で飯岡の規定数ちょうど。いや~会社休んでよかった。

港に戻ってフグをさばいてもらってる最中に、カレーライスをいただき、家に帰ってきました。家ではとりあえず、刺身と空揚げでいただきました。やっぱりちょっと身が柔らかく感じたかな。隙間ができた冷凍庫はまた満タンになってしまいました。

今回は結果オーライで実に楽しい釣行に。当分はフグに困らなそうです。