日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

笠子

2012.5.4 横浜 カサゴ

連休最後の釣りもカサゴって既にひと月遅れだって...。
この日も前回同様羽田かみやのメバル・カサゴ船へ。

前日に5月だっていうのにとんでもない雨が降り東京湾はドロドロの濁りとなってましたが、このお魚は基本的に潮が濁ってるほうがいいので、チャンスと見てまた行ってきました。

結構いつもすいてるので、余裕かましていたら既に左舷の前と後ろには竿が。迷ったあげく左舷のトモから2番目に釣り座を取ります。定刻の7時半に河岸払い。この日は結構乗ってて15人ぐらいはいたんじゃないかな。

とりあえず前回調子良かった場所にいくのかと思いきや、そのまま素通りして定番場所の本牧沖へ。道中の東京湾はコーヒー牛乳水で溶かしたような色してましたが、本牧沖はそこまでは濁ってません。
前回の時に仕掛けと錘が無くなりかけたので、今回は事前に浅草釣具にいってたんまりと錘をゲット。ヨリモドシとかもなくなってしまったので、お徳用パックで大量購入し、せこせこ仕掛け作りました。

今回は昔の早船のキス竿を使ってみました。今までも幻波のキス竿をメインに使ってましたが、本牧沖は比較的軽い錘(20号)がメインなので、それでも十分いけるかなって感じで。結果としてはなんの問題もなかったですが、潮が速い時間に25号の錘をしょわせるとちょっと苦しそうだったかな。リールはいつものアルファスです。

本牧沖に到着し、開始の合図とともに入れ食いタイムが始まり。魚の大きさは選べませんが、とにかくガンガン当たります。あっという間にカウンターの数が上がっていきます。
今回はいつもの海老餌だけではなくて、事前にサバの短冊を上州屋で買おうとしましたが、それなりの金額だったので断念orz。家にある冷凍スミイカを切り身にして使ってみましたが、結果からいうと一匹も釣れませんでした。たぶんもうちょっと頑張れば一匹ぐらいは釣れたと思うのですが、海老の方が圧倒的に当たりがあり、当たりが無い状況に我慢できなかったからです。

船は潮の早さで流す場所を変えながら、一日本牧界隈を流し続け、圧巻だったのは、堤防際に軽く投げてゆっくりと仕掛けを落としながら海底の段差を感じてるといいサイズが2本針に両方かかってるなんてのが何回かありました。カサゴでも20センチぐらいの奴が一荷でかかってくると、キス竿はかなり満月。走り回ることはないですが結構な引きです。

そんな状況がほぼ一日続き、3時ごろに雨が降りそうになり終了~。
最後に数を申告するのですが、カウンターを落としてしまい何匹か分からずorz。とりあえず数字を確認していた90匹ぐらいと申告しておきましたが、家帰って数え直すと102匹と初の束超え。イヤ~釣ったね~。

持って帰ってさばくの大変でしたが、いいサイズは刺身に。まぁまぁの奴は干物に。それ以外のは小分けにして冷凍保存となりました。カサゴはくせの無い味なので、いろんな料理に使えるからいいやね~。刺身、煮付け、空揚げ(南蛮漬け)、味噌汁なんていう定番もそうですが、最近はブイヤベースとかアクアパッツアとか作ったりしてます。かみさんも喜んで食べてくれるし。ただ頭がでかくて歩留りが悪いのはしょうがないけどね。

ただ冷凍庫がもう入りきらないので、しばらく釣りはおあづけかな。

2012.4.29 横浜 カサゴ

すでにひと月前ぐらいの釣行記となるが、連休2発目は、前回スカ食らったメバルカサゴ。
今回は常宿の羽田かみやからエビ餌での、メバル・カサゴ船へ。

7時半の出船だけどまぁいつものごとく5時頃に家を出て、途中で飯食ったりしながら現地に到着し、あんまり場所は気にしなかったけど、とりあえず左のトモが空いていたのでトモに席を取ります。

7時半に5名を乗っけて河岸払い。一路船は横浜方向へ。
最初ついたのは、いつもの本牧の場所ではなくて手前の場所。ここは自分的にはやったことのない場所だったけど、潮はイイ感じで濁っていて最初からぽつぽつといった感じ。穂先から感じからして、かなりのガレ場のようで根掛り続発。あっという間に仕掛けと錘をロストしつつも、かなりの魚をストックしているようで、結構いいサイズのカサゴがぽつぽつと。ただ釣れる範囲は結構狭いピンスポットのようなので、流し終わってそのガレ場から外れると途端にあたりは減ってしまう感じ。当日は潮も早くなく、風も弱かったので、ゆっくりと何回も流し直してもらい、その都度結構な勢いで竿が絞り込まれます。

当日は近所に住んでたおじさんからもらったオリムピックのグラスの竿でやったんですが、これが結構柔らかくて満月に曲がってとてもいい感じ。ただむちゃくちゃ古いもので、ガイドがステンのむき出しだったりするので
穂先にPEが絡まりストレス倍増。長さ的には2.1mとメバルに使うには短いのですが、自分はメバル用の長くてダルな竿は嫌いなので、ちょうどいい感じかな。仕掛けも自作の新修丸仕様の2本バリ仕掛けなのでそんな長竿必要ないし。ただ、釣果が圧倒的にカサゴが大半となってしまうのはしょうがないところかな。まぁ自分はどっちが釣れてもいいので、必然的に扱いやすい手返しのいい短竿でやっています。それと今回は針は管付のチヌバリを使ったのですが、これも全然問題なし。今までは丸セイゴとかでやってたのですが、管付だとおっきいやつしか売ってないんで、今回はチヌバリ5号でやってみましたがかかりとかは全く問題なしでした。本当は細軸のムツがいいのでしょうが、管付のムツ針なんてとんでもなくでかい針しか売ってるのみたことないし、管付じゃないと自分は針結べないんで...orz

話は脱線しましたが、この場所で一日心中なのかと思いましたが、カサゴばっかりなので別の場所に移動となりました。次の場所は言っちゃうとすぐにわかっちゃうので、あえてここでは書きませんが、ある橋の橋桁へ。結構な接近戦でしたが、自分はピッチングでゴミの中にジグ打ち込んで釣る釣りが好きなのでこういうシュチュエーションはいいね。それにこういう場合は、メバル用の5:5ぐらいの竿でピンに打ち込むのは厳しいしね。ただ逆にいうと長竿のメリットは最大限に生かせるかもしれんが。

ここではうまくケーソンの継ぎ目に入れられた人はなかなかのサイズのメバルがバクバク釣れてました。でも自分はなんとなく不完全燃焼で終了orz。
その後に何か所が同様なシュチュエーションをめぐるもパッとしないので、結局は最初の場所に戻ってきました。
そこのピンはいれば釣れるのはわかってるので、ぽつぽつと数を稼いでカウンターの数字は62となり、家に帰って数え直すと60匹と今までで一番の好成績でした。あー面白かった。

ここからはおまけで、この日は連荘で夜アナゴもいってしまおうとの考えで、今期初の夜アナゴに出るも結果は...orz

まぁまぁのサイズ3本と白ギス4つと惨敗。今年もアナゴだめかな~。でも反対側のトモの方は10本以上釣ってたので腕が良くないんですね。最後の方は釣れないのと、昼間の疲れと眠さでドヨーンとした感が漂っていました。今年もアナゴだめかな...。

ひと月遅れで記事あげてるようじゃだめだね~。もっと頻度あげんと。

2012.2.5 金沢八景 カサゴ

5日日曜日は久し振りの金沢八景新修丸からのカサゴ。

何を釣り行こうかといろいろ迷っていたが、釣果を見てると冬でも好調そうなカサゴに。おいしいしね。
前日はなんだかんだあって準備できず当日朝早めに起きてガサゴソ準備開始。4時過ぎに家を出て一路金沢八景へ。

5時過ぎに到着すると2番目だったので、ミヨシとトモどっちにしようかと思ったけど、今回は左の大トモへ。7時半の河岸払いまで、飯食ったり着替えたりで時間を待ちます。定刻の7時半に7名様を乗っけていざ出発。場所は猿島の沖なんで港でてすぐだね。一日その周辺を流し変えてました。当日は朝だけちょっと風吹いてたけど、それも止んでいいなぎに。20分ぐらいで到着し、錘30号の自作胴突き2本針仕掛けで開始。

餌はいつものサバの短冊とちいさなハゼが配られたけど、とりあえずはいつもの通りサバで。何回かハゼも使ってみたけど、自分のやり方が悪かったのか、回ってしまってハリスがヨレヨレになってしまったので、ほとんどサバ短冊で通しました。

いつもはキス竿の幻波を使ってカサゴは釣るんだけど、30号の錘しょわせるとちょっときついので、中古屋に売ってた無名の竿を今回は使用。たぶん前オーナーが自作したみたいな感じでブランクとかには名前も何もなく、もちろん表示もないから、どれぐらいの錘負荷なんてわからないんだけど、30号の錘だとちょうどいい感じかな。調子的には7:3ぐらいの先調子で5.6フィートぐらいとちょっと短めだけど、カサゴとか外房のフグにも使えそうかな。安かったしね。

開始早々はまだ潮が若干流れている感じでほどなく1匹目をゲットして坊主脱出。その後も入れ食いって感じではないけど、ポツポツといった感じで釣れてくる。ただサイズは中型ぐらいかな。刺身にできるようなやつではなくて、煮付けがメインってとこかな。それに空揚げサイズが混じるといった感じ。ただ前日の40匹超えに届くような釣れっぷりではなく、うーんてな感じかな。

そのうち潮が止まってしまい、ぽつぽつ具合はさらにダウンorzたまーに忘れたころに当たりがくるといった感じ。潮が効くまで我慢と思ったが、多少動き始めたと感じたのは残り30分ぐらいになってからか...。当たりが遠いし途中眠くてまいった。

最終的には16匹で終了。前日の釣果からみて30匹ぐらいはいけるかと自分で勝手に思っていたのだが。サイズ的にも普通って感じの奴ばかりでデカイのは混じらなかった。よかったのは終日ナギで気持ちよかった点。まぁかなりストレス溜まっていたので、それの解消は多少ならずとも図れました。でも当日の竿頭は51匹だったらしいです。うーん。どうやったらそんなに釣れるのか。まったくわからん。ちいさい当たりを取って、さらに当たりを増やすようなやり方をしてるのでしょうが、今の自分では逆立ちしてもそんな数は釣れんでしょう。前回の時も自分は30匹ちょっとだった時に確か70匹とか釣ってたんだよね。さすがに老舗だけあってここの常連さんはツワモノ揃いです。

帰りにお土産にわかめもらって帰宅。早速わかめはさっと湯通しして食べました。普段乾燥わかめしか食べてない自分にとって、このわかめはカルチャーショック。むちゃくちゃうまいです。
カサゴは大きめの奴2匹を無理やり3枚におろして刺身に。あとは煮付けと冷凍庫行きとなりました。もうちょっとあったかくなったらまたいきますか。干物作りたいし。

2011.9.14 金沢八景 カサゴ

前回のイイダコから次いついけるかわからないと書いたが、意外とチャンスは早く回ってきて、久し振りに金沢八景新修丸からカサゴ乗合へ。

水曜日に休めそうだったので、何釣りにいこうかといろいろ思案したが、今回は手堅そうなカサゴに決定。もちろんまたカサゴ食べたいっていうのもあったけどね。

前日の名古屋出張から帰ってきたのが9時近く。それから準備して一眠りして4時半起床で出発。現地には6時過ぎに到着。平日だからさくっと四隅のいずれかとれるかなと思ったけど、そんなにうまくはいかずに左舷のトモから2番目に。でもさすがに平日で船に乗ってたのは全部で6~7名といったとこでしょうか。

定刻の7時半に河岸払いで船は一路猿島沖へ。
仕掛けは自作の2本針胴突き仕掛けで、錘は30号の指示があったけど人数少なめなんで、自分は25号でとりあえずスタート。水深でいうと20m前後かな。本牧のようなきつい根ではないので、そんなに根掛りはなくて釣りやすいです。船長から朝のうちがチャンスですなんて話がでたが、潮がかなり澄んでいてなんかあんまりよろしくない状況。たまにー一瞬だけ穂先を震わすようなあたりがあるが、小さすぎるのかサバの短冊にアタックしてるだけなのかなかなかかからず。そんな状況が続きぽつぽつだがカサゴやらトラギスをゲット。サバ短冊は小さめのようがなんとなく良さげなんで、半分に切ってやってました。

どーも澄み潮なんでいい型はなかなか食ってこない状況。過去に何度かやった感じだとサイズ自体は猿島沖より本牧沖の方がいいんだけどそれでも小粒なサイズが多いかな。それに今日は小さいオニカサゴが結構釣れました。さすがにもうちょい大きければ持って帰るのですが、全部海にお帰りいただきました。ただこの日は普段だったらこんなことはしないのですが、なんと2回もオニカサゴに刺されorz 小さいながらもさすがにオニカサゴ。ちょっと刺さっただけで結構な痛みです。刺さった直後に速攻で毒を出したので多少のズキズキぐらいで済みましたが、ちょっと調べてみるとその毒たるや、ハブ毒の18倍ぐらいの強さがあるなんて書いてありました。まぁ毒の量がしれてるので、死ぬことはないのですが結構おっかないのね。次回はもっと注意しよう。

そんなこんなでぽつぽつ具合は続き、多少潮が動き始めるとペースが上がるといった感じ。そうしてるとぼろ雑巾を引っかけたような重たい感触が。ゆっくり巻いてくると上がってきたのはマダコ。サイズ的には300g弱ってとこでしたが、前回のイイダコのリベンジが図れ、無事にタモ網へ。こりゃいいな~。カサゴよりうれしいやね。

カサゴもぽつぽつだがいいサイズも混じり、なんとか刺身にできるサイズは2匹いました。後は煮付けって感じかな。小さいのはいつものように丸ごと空揚げになります。そんなこんなで2時半に沖上がりで、最終的にはリリース分含めてカサゴ32匹、トラギス5匹、マダコ1匹といった感じ。左舷3人のなかでは一番釣ってたようだが、この日のトップはダブルスコア以上の72匹らしいです。これはすごいの一言。自分的には潮回りこそいいけど、潮がかなり澄んでいたので、渋い一日だなって感じだったのにね。そんな中でも釣る人はきっちり釣るのねって感じ。ただ今の自分の技量じゃどうひっくりかえっても72匹はつれねーな。

家に帰って、マダコはさっとゆでて、あとカサゴは大きい2匹は刺身に。残りは冷凍ストックへ。
翌日に食べたマダコとカサゴは激旨。東京湾のタコはうまいんだよね。キロ8000円とかするブランドタコだから、このタコ食べたらスーパーのチリとかモーリタニア産のタコは食えなくなるわな。1分ぐらいさっとゆでただけだから、全然固くないしね。味もギュっと濃縮されてる感じ。カサゴもすごい甘みのある身で久し振りにおいしい刺身食べました。タコは残りはタコ飯にして、カサゴはアラで定番の味噌汁に。あ~幸せ。

2011.7.2 横浜 カサゴ

2日土曜日は羽田かみやから、メバル、カサゴ乗合へ。

先週はいきなり週初めから株主総会やら飲み会やらが立て続けにあり、かなりお疲れモード。ほんとは金曜日休んで房総にバス釣りか、復活した大山から自分の船で霞に出ようかなんて考えていたが、なんかやる気が出ず。でもせっかくの休みを家に籠るのもって感じなんで、キスかカサゴなんて考えていた。結果として今回は羽田かみやからエビ餌でのメバル、カサゴ船に。

ここんとこは調子いいようなので、新修丸仕様の仕掛けと道具でチャレンジ。
7時半の河岸払いで、当日は休みなのに自分入れて3名様と悠々自適の状況。船は一路横浜方面へ南下。途中ちょっと寄り道をして、前々回にやった本牧周辺へ。

開始からぽつぽつと釣れてくるが、小さいやつとかが多くて...。それにサバの短冊に比べて、エビ餌は一撃で餌を取られるという餌持ちの悪さが露呈。ただ前回までのアタックするような当たりは減った感があるかな。
あちこちを流し変えてくれるが、いまいち具合は変わらず。
当日はそんなに暑くはなく、風も強くなくて釣りやすかったけど、お魚さんの機嫌はよくなかったみたいです。人間の腕もあんまりよくないけどね。

最終的には37匹でうちメバルが二つ。数的には前回の新修丸の時と一緒だが、なんか不完全燃焼感はぬぐえず。ただ、潮の色はだいぶ赤く濁ってきているので、カサゴ釣るにはいい潮になってきてると思います。
でももう前回分と合わせて冷凍庫の中がカサゴだらけになってしまったのでしばらくはいかないでしょう。

昨日さっそく小さいやつは丸ごと素揚げして、南蛮漬けに。大き目のやつ3匹は3枚におろして、カルパッチョ、刺身、漬けに。アラはまた味噌汁にと食卓はカサゴオンパレード。それと今回は新規開拓で開いて塩水に漬けて干物を作ってみました。まだ食べてないのでなんとも言えませんがうまかったら、冷凍庫ストック分も干物にしようかな。塩焼きとかもいいかも。

プロフィール

hoteiaoi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ