日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

真鯒

2011.8.15 横浜 マゴチ

夏休み釣行第2弾はこれもこの前中途半端だったマゴチ。今回は1日船ではないものの、半日のマゴチ船に乗ってきました。

今回は横浜八幡橋の鴨下丸。以前スミイカ乗合で2回ほど行ったことがあるが、マゴチは当然初めて。釣果を見ていると、かなりの釣果を出しており、またここのところは好調のようなので、今回はマゴチの刺身を食べられるかと思い結構期待していたのだが...。

自宅を早めに出て現地到着し、とりあえずハゼを釣ろうとしたが全然釣れずにそのまま6時50分に河岸払い。今回は左舷のおもいっきし胴の間。船には片舷14人の合計28人とかなりの満員。これだと一人当たりの割り当てだいぶ減るだろうな~って感じ。

場所はすぐなんで、半日船といえどかなり釣りする時間はある。竿は幻波のキス竿に、PE2号のジリオン、15号の三日月錘に市販のハゼ餌用のマゴチ仕掛けでスタート。あちこち場所をローテーションしたけど水深はおおむね10m前後といったところでしょうか。隠居屋のアイナメ乗合で出たときに見たことある景色があちこちにありました。

まだ1回しかやったことないので、マゴチ釣りがなんたるかなんてわからないのだが、ここの場合は置き竿ではなく常に竿を手にもって釣るというスタイル。まぁあれだけ人が乗ってると置き竿だとすぐにお祭り必至なので、必然的に手持ちになるって感じでしょうが。手持ちにすることで錘を底べったりではなく、持ち上げて餌のハゼを漂わせることでアピールを増やす効果を狙ってのことだと思います。

開始から回りではぽつぽつと釣れてるが、自分の竿は一向に当たりなし。そんななかでも5秒に一回という船長の教えをまもりながら、頻繁に底立ちを取り直しながら来る当たりに備えます。
そうこうしていると、明確な当たりはないものの、なんとなく竿先に違和感を感じたので、合わせを入れると一瞬針掛かりするも首をふた振りぐらいされてあえなくフックオフorz。ドラグをめー一杯締めずに多少糸が出るようにしておいたのが、仇となったようでそれで合わせが効かなかったようです。船長いわくいい型だったとのこと...。ただでさえ、あんまり当たりがなく、これだけの人数で、おまけに半日船なんで、こういうミスをしちゃうとだめだろうな~って感じでがっくし。でも気を取り直して再度ハゼを付けて再投入。またそうこうしているうちに、今度も明確な当たりはないもののまたなんとなく穂先に違和感を感じ、今度も合わせを入れるとなんと今度は合わせ切れorz。確認はしてないですが、1匹目のばらしの時にハリスが傷んでいたのかもしれません。岩礁帯を釣ってるわけでもなくて、とんでもなくデカイ魚釣ってるわけでもないので、普通であればフロロの5号が合わせ切れするなんてあり得ません。まぁちゃんとチェックしなかった自分がいけないのですが...。
そうこうして多少の残業も虚しく終了~。2回もミスしちゃうと魚取れないよな~。前日に作ったイケス用のマーカーがさらに虚しさをそそります。

まだ2回しかやったことないので、この釣りの何たるかをいうことなんてできませんが、あれだけの人数が乗ってる中でも確実に釣る人は釣っている事実があり竿頭は6本。運だけではないでしょう。
自分なりに思うのは、餌のハゼを底から付かず離れずのところうまく漂わすことの技量の差ではないかと思います。底から離れ過ぎてれば、マゴチの活性が高ければ上まで追うでしょうが、確立は減るでしょう。底に餌が付いてしまうとアピール自体が減ってしまいます。底ぎりぎりのところをつかず離れず漂わせることで目の前に漂ってきたハゼを反射的に食わすってことができるんじゃないかと。リアクションバイトってやつでしょうか。
でもこれって結構難しいです。ハリスが1.5mと長いし、日々の潮の流れや風などで船の流れが常に変わるだろうから。それなりに経験が必要でしょうな。

船長はかなりのピンスポットを把握していて、それを何か所もローテーションして回ってくれます。また釣り座で差がでないように微妙に船を流してくれるのですが。でもそんなに釣れない釣り。当日も半数以上はボウズだったと思います。ただ人数が減ればかなりの確率で魚をゲットできそうな予感はあります。どうするかな~。リベンジするかな~。

2011.7.31 大貫 マゴチ・シロギス

7月最後の日曜日は、羽田かみやから、シロギス、マゴチのどっちやってもいい船に乗船。
要は、同じ場所に魚いるから、お好きな方やってくださいって船。
まだばたばたはおさまっていないが、禁断症状が現れ始めたので思わず行ってしまいました。

7時半の河岸払いだが、早めの起床で現地着6時チョイ前。途中吉野家で牛丼食べようとしたが、目当ての吉野屋が喫茶店に変わっており、しょうがないので松屋で朝食。
船は三つの隅が埋まっていたので、最後の4つ目の隅である右のミヨシを押さえて、準備を始めます。朝から北東の風で結構涼しいぐらい。脂肪いっぱいの体にはちょうどいいところかな。

定刻までに人数は増えて14人ほどで河岸払い。船は一路、大貫沖へ。
途中、結構揺れる船室の中で漫画読んでたら、なんとなく気持ち悪くなりそうになったけど無事に1時間ぐらいで大貫沖へ到着。
マゴチ用のえさは、現地で自分で調達しなさいというシステムなのでとりあえずシロギス仕掛けで始めるとサクサクっとメゴチをゲットして餌を確保。ただ潮がかなりの勢いで流れていて、2本竿は難しい状況。マゴチ用で一本置き竿にしようと思ったが、さくっと流され隣の方とお祭りしてしまうので、しばらくはシロギスに専念することに。

大貫沖は北東の風だと風裏になることから、そんなに釣りづらくはないが、ケツ流しのことからやはり広く探らないと当たりは遠い。でもそれなりに投げるとぽつぽつだがキスは釣れてくる。でもどこの船宿のキスの釣果みても絶好調のようだが、とてもそんな感じの釣れ方ではなく、やっぱりキスの本命の場所ではないんだなって感じ。
そうこうしているうちにプルプルというキスの首振りの感触がなくなり、急に根掛りしたような感じとなった。その後ゆっくり動きだしたのでそれなりの大きさの魚がかかったよう。ハリスは0.8号なので、ドラグをゆるめて対応しようとしたが、1~2回首を振られて2つともハリがぷっつり。たぶんかかったシロギスにマゴチが食いついたのでしょう。この段階ではスタートしてすぐだったので、もったないと思いつつもまだなんとかなるかなって感じでしたが。

その後、潮が落ち着いたのを見計らって、メゴチをつけてマゴチ用の仕掛けを投入。キスの方は相変わらずぽつぽつで望み薄なので、ここは一本でもいいやつ取りたいとこですが...
しばらくすると、糸が船尾方向に大きく流れてお祭りをしてしまう。すいませんとはずしていると回収時になんとなく重たい感触。浮いてきたのはマルイカ。メゴチの腹に抱きついてます。針には当然かかってないので船長にタモですくってもらい、無事ゲット。いいお土産ができた。
その後、潮がさらにまったりしてきたので、大貫沖から北上し富津の岬の下側に移動。
大貫沖にはたぶんフグ船と思われる船が結構浮いてましたね。

富津の展望台を左に見ながらスタート。ここも基本は砂地のフラット底だが、キスはいない模様。釣れてくるのはパックンチョぐらい。まぁ今回はパックンチョも餌にするので、それはそれでよかったが。
あまりにもキスは釣れないので、諦めてマゴチに専念するも、なかなかゴゴゴンとは来てくれず、景気いい話が聞こえてくるのは左舷の方々のみ。北東の風なのでどうしても潮後になる展開が効いてるようorz

そんななかでもたぶん2回ほど魚の感触はあったのだが、一回目は離してしまったようで軽くなってしまい、二回目は合わせのタイミングが良くなかったようですっぽ抜けorz
その後は沖目を流したりしたが、沖に行くほど風当たりが強く、雨も降ってきて戦意喪失気味。
そんなこんなで2時半過ぎに終了~。最終的にキス19匹、メゴチぽろぽろ、マルイカ1杯、マゴチは見事に坊主でした。

当日はキス竿でやってみましたが、マゴチ用の竿に比べて先調子なので魚に違和感を与えてしまったのもあると思うのと、ハリスが1.5mと長いので短めの竿だと合わせが効きずらいっていうのもあったのかもしれませんが、用は腕が良くないってことでしょうね。

初めてだったので、なんとなく要領はつかめましたが、次回があるかどうかは微妙なところ。マゴチって魚は餌食べるのへたくそなんだなってのがよくわかったかな。平べったい形してるからね。
今回の釣行で感じたのは「二兎を追う者は一兎も得ず」ってことかな。次にいくなら、マゴチのみといった形で勝負したいところですね。当日は他の船宿だとキスは爆釣してたみたいなので(中には400匹なんてのも...)キスの一日船のほうがよかったかな。

次回があるなら、「まず朝早くきて餌の確保」これが大事だね。活きのいいハゼをそれなりに確保する必要があるでしょう。メゴチが釣れるかどうかはわーらんですからね。

晩飯にはマルイカを早速刺身に。スミイカと違った薄い身でウマ~。でもマゴチの刺身食べたかった。
プロフィール

hoteiaoi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ