日々の戯言

日々のつれづれなこと。趣味なことをそこはかとなく書き綴ります。

太刀魚

2012.7.20 海堡沖 タチウオ

実に久し振りの釣行記

前回のカサゴの後にも何度か釣りに出かけてはいたのだが、公私共も多忙状態についてさぼっているうちに自然消滅状態。そんなにいい思い出もないから、まぁいいかなって感じもあるのだが。
まだまだいろんなことが重なり多忙ではあるのだが、なんとかこの20日はいけそうなのと、この日は会社が休みでせっかくの平日なのでやっとこさいってきました夏タチ。

今回は前回の冬タチ以来の深川吉野屋。
前回は冬でしかも竿一本だけでとりあえずやってみよう的な感じだったが、この間にいろいろと道具を仕込みジグ用に2本。ワーム用に2本と合計4本も竿持ち込んじゃいました。

今の時期は、第二海堡沖と大貫沖、金谷沖に船団ができているようなのだが、今回は第二海堡沖で一日しゃくることとなりました。水深は40mぐらいだと思うけど、反応が出てるのは20mより浅いところなんで、冬場の100mなんかと比べて総じて楽な釣りだったな。
使ったジグは40g~80gぐらい。ワインドで1ozのヘッド。

しかし、今回はあんまり書くことがない。いや~釣れんorz
ここのところはあんまりパッとしてないのは知っていたけど、それにしてもつれなさ過ぎ。結構真面目にやってはいたのだが、それにしてもバイトが無い...。船中見ててもたまーにぽつぽつって感じ。
やっと1匹目がかかったのは、10時半ぐらい。ワインドを回収しようと早巻きしているといきなりガツンと。そんなにめちゃくちゃ引くって感じじゃないけど、上がってきたのは指3本の今の時期のレギュラーってとこでしょうか。初めてワームでタチウオ釣りました。でもこれって釣ったでいいんだよね。
それからも延々とつれない時間が過ぎていくが、1時過ぎに今度はメタルジグにガツンと。今回もまぁまぁの引きでまたレギュラーゲット。

でも二つ前の方はぽつぽつと釣ってるのが視界に。結局9本ぐらい釣ってたみたいですが、確かにシャクリ方とかは違うのだが、なんでそんなに差がつくのって感じなんだよな~。ただ小さめのジグを使っていたようなのと、かなり集中してジグをつっつくようなバイトも取ってるみたいなので、腕の差なんでしょう。このあたりはまだまだ経験値が足りないね。

ここのところは、タチウオの塩梅が良くないのでオプションでイナダを狙うって言ってたので、こっちも実は期待していたんだけど、いや~こっちも釣れん。当日は前日から気温が12度ぐらい下がったので、それも影響してるのかもしれんけど、じぇんじぇんだめ。そのうち雨もどしゃぶりになってきて終了~。イナダは釣った人で3本ぐらいみたいだけど、結構期待してたのにorz

結局タチウオ2本で終了。1本5000円ぐらいの実に高級なタチウオとなりました。

ここのところは釣りにいけず、かなりストレスがたまっていたので竿振れるだけでもいいやと思いつつも、今回はちょっとガックしorz。アナゴも今シーズン1回だけだし、ブラックは今だゼロだもんな。次はいついけるかわからんので、うまく発散できないと悪循環になっちゃいそうだよ。まぁ大人の事情だからしょうがないんだけど隠居したらいっぱい釣りいこう。

タチウオはとりあえず刺身で食べたけど、脂のっててうまいね。なんせ処理が簡単なのがいい。残りは塩焼き用に適当な大きさに切って冷凍庫と西京焼き用で味噌に漬かってます。

誰か私に時間をください。

2012.1.3 観音崎 タチウオ

今年最初のブログ更新。あけましておめでとうございます。

ここのところ様々な事で公私共に忙しくなかなか自分の好きな事に時間が割けない状況。前はさんざん行っていたハゼ釣りも去年は結局ゼロ。悲しいといえばそうなのだが、今年も時間を見つけてぽつぽつ釣行したいと思います。

それで新年一発目はずっと前から行きたいと思っていたタチウオのジギング船。せこせこ道具を集めていてやっといけそうになったので、三が日の最終日に行ってまいりました。
今回の船宿は初めての深川吉野屋。浦安の吉野屋は何度もいってるけど、こっちは初めて。でも家から結構近いんだよね。葛西橋の荒川屋と同じぐらい。当日は結構な人出で2杯出し。自分は2杯目の右トモに座り、7時に河岸払い。一路観音崎を目指します。道中は多少の揺れでしたが1時間半ぐらいで観音崎到着。既にかなりの船団ができています。早速のスタートの合図。どれぐらいのジグ付けたらいいのかわからんので、とりあえず120gの紫色のジグでスタートします。着底後にしゃくり始めると早速なんか重たい感じ。ガンガン走り回る感じではないですが、確かに魚の感触。80mからなので巻き上げるのも結構重労働。それで上がってきたのは、指4本サイズのいい奴。周りの船見ても結構釣れてるので、速攻クーラーに入れて再度しゃくり始めるとまた重たい感触。今度もまた指4本のいいサイズ。いや~しびれるって感じ。

さくさくっと2本いいサイズが釣れたので、こりゃ爆釣かと思いきやその後はぱったりorz
ジグの色を変えたり、重さ変えたりいろいろしてみましたが、うんともすんとも言わずorzそれでも周りの餌釣りの船とかはまだいくらかは釣れてるので多少はまだ魚のやる気はあるようだが、われの竿は空をきるのみ。それにしても観音崎の船団ってすごいね。下浦いく途中で見たりはしていたけど、あんな狭いエリアにあんだけの船集まるんだから。あんななかで一日操船するのは大変だろうな。昔の霞の浚渫みたい。

その後指3本サイズを1本追加して合計3本で終了。最後の最後に結構な手ごたえの奴をかけたんだけど、途中で軽くなってしまいorz

今回初めてやってみたけど、結構奥が深い釣りだね。単純にしゃくればいいってもんじゃない。活性が高いときは落としてしゃくれば釣れるって感じかもしれんけど、低いときはどうやって口使わせるか考えないと釣れない。まぁ何やってもだめな時もあるみたいだけど。自分的には、軽めのジグ使ってゆっくりスローフォールさせて当たり出すのが活性低いときには有効のような感じがしたね。ただお祭りさせないように十分注意が必要だと思うけど。あと今回はPE1号を巻いていったけど、もうちょい細い糸の方がいいかな。この辺も改良の余地があるでしょう。竿もジグの重さ80gまでの竿で一日やっていたけど、120gぐらいのジグ使うとかなり疲れる。十分釣りはできるけど、竿がしなる分手首に負担がかかることから、もうワンランク固い竿が欲しいな。手返しも考えて次回は2本体制で挑むかな。

当日は活性が低めだったようだけど、船宿の竿頭は9本。自分は4本掛けて3本って感じだったけど、改めて当日使ったジグ眺めると結構かじった跡があるようなので、実際はとらえきれていないバイトは結構あったのかもしれんな。次回はその辺を考えてやってみるかな。

タチウオは実家に1本わけ、翌日に刺身と塩焼き、アラはいつもの味噌汁へ。今の時期なのでかなり脂がのってて美味。鱗がないのと皮はがなくていいので、処理が簡単だね。またいきましょう。

プロフィール

hoteiaoi

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ