January 17, 2007

ローラ

オレが外人だったら、彼女の名前はローラにしよう。

ローラ

ローラ。


サクラローレルのあの美しい馬体は、お母さんがローラローラだったからに違いない。ということはその父、つまりローラの夫妻のオレはレインボウクエストということになる。
レインボウクエストという偉大な種馬も、名の示すとおり不思議な色をした馬だったな。
しかし藤原牧場で過ごしたであろう彼の名前は、サクラローラではなく「ローレル」である。NISSANローレルのつもりだろうか。確かに当時のローレルはカッコイイ。しかしあれだけ強かったサクラローレルでさえ、無敵の強さを誇った4歳時のナリタブライアンにはかなわないと言っていた。

日本の競馬はオペレーションですべて動いているのである。
すべてJRAの闇の住人がたくらんで動いている。

オレのように、ギャンブルというよりロマンはドラマを主観に触れているこのブラッドスポーツは、すべて操られているというのである。


オレの愛したスペシャルウイークも
グラスワンダーも
マヤノトップガンも
サイレンススズカも
クリスエスもロブロイもドーベルもビワハヤヒデも、だ。

バカらしいに他ならない。

あの、sea side jet cityのsweet daysの次の曲のような気分だ。


あかさないでぇー。


それでも好きだから別にいいのだけど。世の中にはいろんな角度から物を見る人のお話。


hotel_carifornia at 21:41│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔