会津若松宿泊

会津若松で評判のホテル

会津若松宿泊 「おいしく安全、偏見払拭を」、会津ブランド応援の名産品店をオープン/横須賀

福島第1原発事故を受けて風評被害に苦しむ福島県を応援しようと、横須賀市日の出町の漬物製造販売会社「須藤」の須藤進一さん(40)が有志とともに同県の名産品を集めた店を28日、市内にオープンする。須藤さんは「おいしくて安全な福島産の商品を広め、偏見を払拭(ふっしょく)したい」と話している。

 販売する商品は、いずれも横須賀市と友好都市提携を結んでいる同県会津若松市の名産品。同市は福島第1原発から約100キロ離れている警戒区域外だが、須藤さんと親交のある同市の飲食業関係者によると、「福島産というだけで商品が拒否されてしまう」状態。

 「このままでは貴重な会津ブランドが消えてしまう」と危機感を抱いた須藤さんは、呼び掛けに応じた横須賀市内の企業経営者ら約10人と協力しながら、“会津若松応援店舗”の開設に乗り出した。

 同市久里浜1丁目の空き店舗を利用した約50平方メートルの店内には、喜多方ラーメンや日本酒のほか、漬物やみそ、しょうゆなど会津若松の名産品がずらりと並ぶ。須藤さんは「一人でも多くの人に福島の現状に関心を持ってほしい」と、店の利用を呼び掛けている。

 売上金の一部は震災義援金に充てる。営業時間は午前10時~午後7時。問い合わせは、須藤さん電話090(2534)9098
会津若松美容室シンジュラー 会津若松美容室 仙川美容室 銀座美容室 おまとめローン 赤坂居酒屋 日光宿泊 会津若松賃貸住宅

会津若松宿泊 高速鉄道でも急騰する中国の住宅価格、観光など経済効果も

中国高速鉄道に関する考察2011年5月 第3回

(1)中国高速鉄道の光と影

 現在、中国の高速鉄道は凄まじい勢いで建設されている。経済効果への期待も高い。

 しかし一方、巨額の負債や安全性への不安視、鉄道省トップの収賄容疑など、様々な問題も浮かび上がっており、海外からは冷ややかな視線も向けられている。

 中国の高速鉄道には、光と影がある。

 では、中国の人々はどのように見ているのだろうか。

 サーチナ総合研究所(上海サーチナ)が2011年5月に中国全土の3000人を対象にインターネット調査を実施、次のような質問をした。

 まず、「中国は高速鉄道網を発展させるべきだと思いますか」という質問では、「思う」が83.5%、「思わない」が16.5%となった。

 また、「高速鉄道の発展によって、どのような影響があると思いますか」と聞いたところ、次のような結果となった。

■高速鉄道の発展によって、どのような影響があると思いますか(複数回答)
・中国各都市の経済発展……77.9%
・旅行業界の活性化……74.9%
・高速鉄道建設に関連した産業の活性化……68.2%
・雇用の創出……43.4%
・その他……8.4%
・特に何ももたらさない……2.9%

 高速鉄道がもたらす「光」の部分に対して、中国の人々が強い期待を寄せていることが分かる結果となった。なお、負債や収賄といった「影」の部分についても質問している。その結果については、改めてお伝えしたい。

(2)中国でブームになる「高鉄房」とは?

 中国人たちのそうした期待感を表している言葉に、「高鉄房」というものがある。

 「高鉄房」とは、高速鉄道の停車駅周辺に建てられる不動産物件のこと。数年前から高速鉄道網が猛烈な勢いで建設されて以来、「高鉄房」は投資家から熱い視線を集めている。

 ちょうど2年前、筆者も江蘇省昆山市の「高鉄房」を見学に行ったことがある。不動産会社が見学者のために用意したバスが上海から出ていたので、それに乗った。バスには20名ほどが乗り合わせていた。近くの席には30歳ほどの女性が座っていたので話を聞いてみると、投資対象としての物件を探しに行くのだという。ちなみにその女性は蘇州などの上海近郊に不動産物件をすでに3軒ほど所有しているということだった。

 上海から約30分ほどで、昆山市の不動産物件に到着した。見渡すと、広い敷地に建設途中のマンションが数棟建っているだけで、ほとんどが空き地だった。

 マンションがまだほとんど建てられていない状態であるにも関わらず、販売会場は人で溢れていた。実物のマンションを目にすることができないため、人々は熱心に“今後建設される予定のマンション群の模型”を見て、購入すべきかどうかを判断していた。

 不動産会社側は売り文句として、昆山市を経由する「上海―南京高速鉄道(滬寧城際鉄道)」や「北京―上海高速鉄道(京滬高速鉄道)」が近々開通することをしきりに強調していた。

 実際にどれくらいの物件が売れたのかを販売員に聞いてみると、「階が低くて面積が小さい低価格物件は概ね売れてしまい、残っているのは高階層の面積の広い物件だけ」と、模型を指差しながら話してくれた。

 参考に、その日の物件価格を聞いてみると、およそ7000元/平方メートル程度だった。その3~4カ月ほど前にインターネット上で物件価格を見たときは4000元/平方メートル程度であったため、ほんの数カ月で1.7倍以上に値上がりしていたことになる。ちなみにそれから2年が経った現在の価格は9000元/平方メートル程度。販売直後に一気に値が跳ね上がり、その後は落ち着いているようだ。

(3)中国の高速鉄道が日本にもたらすもの

 昆山市と同じように、高速鉄道の沿線になったことを機に、開発を大きく進めようとする都市も多い。

 「北京―上海高速鉄道(京滬高速鉄道)」は北京、天津、上海といった直轄都市や、河北省、山東省、安徽省、江蘇省を経由し、京津冀経済圏と長江デルタ経済圏を結ぶ路線だ。同路線には合計24の停車駅が予定されているが(参考:百度百科「京滬高速鉄道」)、停車駅となる各都市は、これをチャンスと見て都市開発を大きく進めようとしている。

 武漢も高速鉄道開通の恩恵を受けている都市のひとつ。武漢―広州高速鉄道の開通により、両都市間を約3時間で移動できるようになった。結果、武漢は身近な観光地として俄かに注目され、広東や香港からの旅行客が急増。小売業や飲食業、ホテル業界にも好景気をもたらしている。

 新華社の報道によれば、中国の高速鉄道の営業距離は2010年年末の時点で8358キロメートル。2020年には1万8000キロメートルまで建設される予定だが、新たな路線の建設により、今後も沿線都市の開発が大きく進められると予想される。

 多くの中国人が期待するように、高速鉄道によって多くの都市が発展し、産業が活性化し、雇用が生まれれば、新たな市場が生まれることになる。そうなれば、都市開発や市場形成後などにおいて、日本にとっても新たな商機が生まれることになる。

 写真は、上海―杭州の高速鉄道。同区間を1時間程度で結ぶ。一等車で156元(約1950円)。(編集担当:森川慎一郎・サーチナ総合研究所研究員)
日光宿泊 日光イン 宇都宮宿泊 鬼怒川宿泊 伊勢崎宿泊 前橋宿泊

会津若松宿泊 韓国を訪れる日本人観光客、東日本大震災前の水準回復

東日本大震災と福島第1原子力発電所事故の発生後に急減した日本人観光客数が4月に入り回復傾向にある。
 関連業界が24日に明らかにしたところによると、日本人観光客が多く利用するソウル・鍾路区と中区一帯の中小規模のホテルの場合、大震災発生直後に50%を超えたキャンセル率が、今月初めから大きく減少した。
 鍾路区に位置するあるホテルは、大震災発生後、一時は客室占有率が50%台だったが今月に入り予約率が回復し、60室ある客室のうち50室以上を日本人観光客が利用している。大規模ホテルも似たような傾向を示している。
 旅行業界は、3~4月の日本人観光客数が前年より減少したものの、日本のゴールデンウイーク(4月28日~5月8日)を機に例年の水準に回復すると期待している。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ