2019年10月21日

イギリス「EU離脱?」VS「苦手顔」!?(ひとり言)

咳止めシロップと抗生物質を飲み始めましたが、
咳は、なかなか止まりません・・・(涙)

病気なの?
と思われた方はこちら
『お知らせです!』
『ドイツと私とマスク!?』
『こじらせ上手!?&耳の痛い夫の一言?』


咳が止まらなくて辛いのに・・・

テレビのニュースを見ると、
最近、
頻繁に目に入る苦手なお顔・・・

えっ!?

アメリカのトランプ大統領か!?
って・・・?

そう思ってくださった方・・・
いつも当ブログに遊びにきてくださって
有難うございます!

前にこんな記事を書きましたね・・・
『アメリカ大統領選ひとり言・・・』


人のお顔を、
とやかく言える立場ではないのですが、
ありますよね?
<苦手顔(?)>って・・・

トランプ大統領には、
申し訳ないのですが・・・苦手・・・(小声)

そして・・・

最近、
毎日、ニュースに登場される・・・

イギリス ジョンソン首相・・・・

はっきり言わせていただきます!(鼻息)

大の苦手です!(きっぱり)


ご自分(←私)のお顔を鏡で見たら?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが
苦手ですっ!


《Brexit(ブレグジット)EU離脱》問題で
辞任されたメイ首相の後任に就かれた
ジョンソン首相・・・

《Brexit(ブレグジット)EU離脱》って?
と思われた方はこちら
『政治に強い夫が私の理想!?
&イギリス EU離脱!』

『イギリス EU離脱できますか!?
&おまけ1 浅はかな無知おばさん
&おまけ2 サッカーヨーロッパリーグ』


あの高圧的なものの言い方と
あのお顔が苦手。

就任されたときは、
「イギリスは、10月末にEUを離脱する!
例え、合意がなくても!(鼻息)」
と言われていましたが・・・

えっ!?

来年1月までの離脱延期を申請してしまいましたね。


きっと、
こうなるのでは・・・
と思った方も多いはず・・・(含、私)

イギリス国民や住んでいる方々にとっても
EU内に住んでいる私たちにとっても
「イギリス 何をどうしたいのだか?」
イラつく気持ちがあることでしょう・・・

イギリス国民やEU内では
出来れば、
元のさやにおさまって欲しいが
離脱になっても仕方がない・・・

どこかで離脱に向けての覚悟が
できている気がします・・・


覚悟が出来ていないのは・・・

言いだしっぺの・・・イギリス?(小声)


何年も話し合っても解決しない・・・

この先、
解決する見込みはあるのでしょうか・・・


再度の国民投票か
EU離脱し~ない!
にしちゃえばいいのにね。(←浅はか無知おばさん登場!)



まだまだ、
この<苦手顔>を見る事になりそうです・・・


   165

結論が見えない話し合い・・・

話すだけ話して結論が出ない・・・


これって、
ヨーロッパ特有なものでしょうか・・・?
(ドイツだけではない気がする)


読者登録していただくと
更新情報(ライン)が届きます!
いっきに記事が読めます!


ブログランキングに参加しています!
ポチっ!
と応援クリックで1日1回、加算されます!
記事更新のはげみになります

離脱期限が近くなると、
頻繁に現れる苦手なお顔・・・(涙)
こちらをポチっ!


専業主婦ランキング

この件に関しては、
目を閉じて首を振る夫?
こちらもポチっ!とね! 
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


ブログに遊びにきてくださった皆様の今日が
素敵な1日でありますように・・・(祈)









hotohitoiki at 00:32│Comments(20)日常感じた事 

この記事へのコメント

1. Posted by K   2019年10月21日 00:45
5 ブレグジット、引き伸ばしの申請はしたけれど、すぐにでも離脱したいようなことを言っていたとニュースで見ました。解決策なんてないですよね。
どうなってしまうのでしょう??
2. Posted by kaori   2019年10月21日 03:23
初めまして、英国在住の者です。

国民投票から四年近く。賛否両論あれど、民主主義に則って決まった離脱は、実行されることも無くグダグダでなしに持っていこうとするEU残留勢力に翻弄され、この国には民主主義など存在しないと言う事を世界に知らしめてます。

最終的には英国国会(野党)が強固な反対をし、英国首相に強制的に延長申請させると言う事態となった...と。国民の感情を見事に無視した強行採決です。ジョンソン首相が署名なしで延長申請をEUに送ったのは、せめてもの彼の意地ですかね?

私個人としましては、間違いでも決まったのだから、英国民が責任とって受け入れるべきだと思います。それで失敗だったかどうか、身を以て味わうべきかと。

なので今現在に至るまで、残留派&マスゴミの「あの離脱は間違いだった。だからやり直しをすべきだ!」と言う主張は、じゃんけんの勝負に負けた、こんなの認めない!自分が勝つまでやり直す!とゴネてる子供のようにか見えないんです。

負けた方がやり直し出来るなら、民衆主義なんて存在しなくていいですよね?中国みたいに共産主義、もしくはキューバの社会主義で構わない事になります。
(あ、それこそがブラッセルのEU本部の最終目的なのかも)

すいません、ツラツラと書きなぐってしまいました。
ただ、民主主義の皮を被っていたい野党の行為があまりにも見苦しく、イラついていたもので...。
3. Posted by るる   2019年10月21日 10:02
私もお二人とも苦手顔ですー!トランプさんは人となりも、、。弾劾されればいいのに(ぼそっ)
なんて言ったら怒られちゃいますかね🤣

イギリスは私もできるのであれば国民投票もう一回してでも、残留してほしいと思います。EUにいるからパワーを発揮できるのに、あんな決断力がないのを露呈しながら離脱したら😭
4. Posted by えみ   2019年10月21日 10:36
私もジョンソンさんのお顔、雰囲気は苦手かも。。。です。
一度そう感じてしまうと、なかなか好意的に見られないもので。。
中々決断しない大人達にグレタさんからご指摘受けそうです。
5. Posted by momo   2019年10月21日 11:02
ブレグジット、ほんとにどこに落ち着くのでしょうね。

個人的には「国民投票」というものの怖さを思っています。
そもそも、キャメロン首相だってまさかこんな結果になるなんて思ってなかったから、投票を決めたのですね。
反対票いれた人たちも移民のいない「古きよき英国回帰」ぐらいの気持ちで投票。離脱後の精密な海図を示す人がいないまま、僅差で離脱が決まってしまいました。ジョンソン首相だって最初は反対派でしたね。

「嘘から出たまこと」のようなことにアタフタするのは当然とも言えます。
なるべくしてこうなったとも。シニカルに眺めている人も沢山いるでしょう。いっときでも住んでいたものとして、あれこれ歯がゆく見ています。
6. Posted by momo   2019年10月21日 15:14
訂正です。「古きよき英国回帰」を願って投票したのは反対派ではなく、
離脱「賛成派」でした💦
7. Posted by マリー   2019年10月21日 17:11
>>1Kさん
来年の1月まで延期にして、
何かがかわるのでしょうか?
期限が近くなると、
毎日、毎日このニュースです・・・
8. Posted by マリー   2019年10月21日 17:19
>>2kaoriさん
初めまして!
コメント、有難うございます!
イギリスにお住まいですか・・・
ドイツに住んでいる私でさえも、
やきもきしてみているので、
お住まいのkaoriさんにとっては
それ以上ですよね・・・(汗)
多数決で決まってしまった事。
皆、思うことはあると思いますが、
イギリスに住まわれている方々やEU諸国は
覚悟を決めていると思います。
それにもかかわわらず、この状態・・・
民主主義を無視している感じですよね。
もう3年ですよね・・・
これ以上、のばして何かが変わるのでしょうか・・・
kaoriさん!応援しておりますので
イギリスでの生活、頑張ってくださいね!

9. Posted by マリー   2019年10月21日 17:23
>>3るるさん
苦手ですよね!(握手?)
お二人共、あの強い態度が
お顔にも現れてしまっていますよね・・・
(謙虚さがない←日本人ではないから仕方がない)
本当ですよね。
あんな風にうだうだするぐらいなら、
再投票して、国民の意思を確かめて欲しいですね。
ドイツにしたら、イギリスには抜けて欲しくないとは思いますが、
たぶん、すでに覚悟は出来ていると思います。
どうなることでしょう・・・

10. Posted by マリー   2019年10月21日 17:26
>>4えみさん
ですよね・・・(ホッ)
あの自信満々な態度とお顔。
腹がたちます!(あっ、言ちゃった)
グレタさん・・・子供なのにすごいですよね。
大人を前にして、あの堂々たる態度。
自分の意思がはっきりしている人は
大人も子供もないですね。
11. Posted by マリー   2019年10月21日 17:35
>>5momoさん
本当に、今さらですよね・・・
じゃあ、なぜ、国民投票をしたの?
となりますよね。
絶対に、賛成派(離脱)は負ける!
と思っていたのでしょう・・・(含、私&夫)
ところが、賛成派の勝利!
投票に興味がなかった若者(たぶん)たちも
びっくりですよね。
軽く考えていた(えっ?)「1票」の重みを感じました。
EUも困りますよね。
覚悟をしているのに、延期ばかりされたら。
これから、どうなっていくのでしょう・・・(不安)
12. Posted by マリー   2019年10月21日 17:35
>>6momoさん
了解です!
13. Posted by あか男   2019年10月21日 18:20
5 咳大丈夫ですか?

無理しないでくださいね。

しかしイギリスはちょっとグダグダになってますよね。
14. Posted by Anne   2019年10月21日 18:38
トランプさんも、ジョンソンさんも苦手です。トランプさんの髪型を見るたびにどんだけスプレーで固めているのだろうと思います。前髪の透け感がいつも同じに見えて。
世界全体が変わってきた気がしますよ。きな臭くなってきたような感じです。建前がなくなり、本能丸出しで、理想が軽んじられているような世の中になりつつあるのではないかと危惧しています。
15. Posted by HANA   2019年10月21日 21:10
マリーさん、咳は辛いですね……ウィルスにより感染する咳風邪であることが多いから抗生物質があまり効かないと聞きます。早くよくなりますように…

イギリス、私の中にあるイメージがガラガラと崩れております。(( ̄▽ ̄;;)ア、ハハハハ…
16. Posted by マリー   2019年10月21日 23:00
>>13あか男さん
有難うございます!
少し落ち着いてきましたが、まだ咳き込みます。
イギリス・・・どうなってしまうのでしょうね・・・
17. Posted by マリー   2019年10月21日 23:03
>>14Anneさん
先に握手!
ですよね・・・どうもこのお2人苦手顔です。
トランプ大統領の髪型とジョンソン首相の髪型を
足しで2で割るとちょうど良さそうですよね・・・
(大きなお世話?)
私も、世界の国々が自己主張しはじめたように感じます。
どうなっていくのでしょうか・・・
18. Posted by マリー   2019年10月21日 23:05
>>15HANAさん
有難うございます!
抗生物質が効いたのか、
喉の痛みはすっかりとれましたが、
咳は残っています・・・
やはり、咳には効かないのでしょうか。
イギリス・・・同じヨーロッパなので心配です・・・
19. Posted by cda   2019年10月23日 17:04
失礼いたします。

ジョンソン首相はじめイギリスの支配層の人達は、あのドイツ銀行破綻回避と救済の為の負担金を出すのが嫌そうですね。必死こいて10月中の離脱にこだわったのはそう云う事だそうで。

イギリス一般国民は、これ以上移民来て来れるな。だけど、EUの貿易や関税に関するメリットは欲しいとなんともムシのいい話。

メルケルさん腹を括って解決するのでしょう。失敗すればエライことに。でも、中国にいいようにやられないようにして下さいね。お節介なお話しでした。
20. Posted by マリー   2019年10月24日 00:30
>>19cdaさん
こんにちは!
まだ、言っていますよね・・・
延期の申請をしておきながら
「10月末の離脱も有り得る!」とか。
往生際が悪い気がします。
ドイツもフランスも、イギリスに抜けられると
大きいと思いますが、
もう、覚悟が出来ている気がします。
離脱問題もそうですが、他の問題が山済みで
こればかりに関わっていられない、
がEUの本音だと思うのですが・・・
どうなることでしょう・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

マリー

メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント