2019年10月31日

ドイツ ティーンエイジャーの「恋愛」事情!?

朝の気温0度・・・

日中の気温9度・・・

寒いです・・・(ブルっ)


先日、
数ヶ月ぶりの我が家でのランチ会・・・

私の捻挫や私の気管支炎などで
(全部、原因は私!?)
なかなか会えなかったお友達と
持ち寄りランチ会・・・
(お写真、やっぱり撮り忘れ!
いつも、食い気に負けてしまいます・・・))


Pちゃんは、
既婚者ですが、お子さんはいません。

Iちゃんは、
娘さんがいます。

そして・・・

私は、
男子2人(実はもう1人手がかかる男子がいます!)。


久しぶりでしたので、
お話てんこ盛りの
オパ(義父←介護施設)のことを話したり、
各自近況報告・・・

かさかさしている私達の話題(介護・病気・老後)が、
キラキラしているティーンエイジャーの話題へと・・・


《ドイツの子供達の恋愛事情》!?
(大きなお世話ですけれどね・・・)

身の回りで起こった(聞いた)お話を
3人で考えます・・・(真顔×3)


ズバリ!

「付き合っている子供達は、
お互いの家に泊まりあう!(親公認!?)」

一応、
貞操観念のある大台者・・・(はぁ?笑ったのは誰!?)

色々なことをしてきてしまっているので
「えっ!お前(私?)には言われたくないっ!」
という声も聞こえますが・・・(幻聴?)

昭和生まれの日本人の私は、
親に、
堂々とボーイフレンドを紹介できず・・・

たぶん、
結婚を考えている方でしたら
堂々と家に連れて来られるのでしょう・・・


ましてや、
ただの(えっ?)ボーイフレンドを
自宅に泊まらせるなどということは
親の目が黒いうちは(はぁ?何を言っているのだか)
出来ませんでした・・・

これって普通ですよね・・・(3人意見一致!)

夫が、
わざわざ遠く(?)から遊びに来た時にでさえ
(すでに婚約済み←結婚予定)
母は、別々のお部屋に布団を敷きました・・・
(ドイツ人夫驚愕するの巻!)


日本は、
わざわざ自宅へ行かなくとも
カップルが2人になろうと思えば、
なれる所がありますね。(ご想像に・・・ポっ)

そういえば、
ガイドブック(日本)に
施設(はっ?)の説明があって驚きました!

ガイド(夫)が次男に説明!?
お話はこちら
『日本にあって、ドイツにはない!
次男もびっくり!○○?』



ところが!

ドイツにはありません・・・

だから、
ティーンエイジャーだって
泊まるときは泊まります!(自宅に)

前にも書きましたが、
親御さんも公認・・・・

でも、
色々なお話を聞くと、
トルコ・インド・アジア方面
のご家庭は厳しいそうです!
(貞操観念がある!?)

まぁ、
ドイツでも厳しい家はありそうですが・・・
(あるわよね?)


昭和生まれの私達3人は日本人・・・


ちょっとね・・・ゴニョゴニョゴニョ

堂々とは泊まりずらいよね・・・ゴニョ

婚約しているとか・・・
結婚しているとか・・・
年齢だと
やはり、
日本の成人(20歳)になってからだったら・・・ゴニョ

いや、
それでも、ただの(えっ?)ボーイフレンドは
泊めずらいわね・・・ゴニョゴニョ
(<ただの>は、婚約前していない状態)


などと話していました・・・


ドイツ人夫にも話してみました・・・


ティーエイジャーのカップル・・・




   165
ドイツ人夫は・・・


   165

大人・・・

ドイツは、
18歳から成人(大人)。


「成人(18歳以上)でなくても
ティーンエイジャーのカップルは
泊まりあうよ。」(夫)

で・・・でも・・・
結婚前に、
両親が住んでいる家に
堂々とは・・・ちょっと・・・
ゴニョゴニョゴニョ・・・(←しつこい)


「ここはドイツ!」(夫)

陰でコソコソ(?)されるよりは
良いのかもしれませんが・・・

っていうか、
陰でコソコソされたほうがいいかも・・・

だって、
泊まりあったりする方と結婚するとは限らないし・・・

それに、
別れてしまって、別の方がくるというのも
なんだかね・・・


男女交際(←言い方が!)・・・

お国が変わると、
考え方も違いますね・・・

私は、
相当、厳しい家でありながら
好き勝手していたので
とやかくは言えませんが・・・(反省?)


考え方も環境も違う異国の地で
今日も私達日本人は、
色々とモヤモヤするのでした・・・


今朝起きて、
朝一のニュースを見て驚きました!
《沖縄県那覇市の首里城火災》
世界遺産でもある<首里城>・・・
出火の原因は、まだわかっていないとの事。
子供達が小さい頃、
沖縄の海には行った事があります・・・
いつか、
子供達と一緒に行きたいと思っている<首里城>。
1日も早い、復興をお祈り申し上げます・・・


関連記事・・・

ドイツの性教育は低学年から!?
『性教育!(ドイツの学校)前編』
『性教育!(ドイツの学校)後編』
『隔世遺伝!?親の心、子知らず!』
『親ばか じゃない ばか親!?
ティーンエイジャーも持つ親心。前編』

『親ばか じゃない ばか親!?
ティーンエイジャーも持つ親心。後編』


ドイツのアルコール事情!
『母の日!その3
チョコレートが買えない長男!?
ドイツの飲酒事情。』

『父の日!チョコレートが買えない(次男)!?
ドイツの小売店事情。』


ドイツのタバコ事情!
『その箱を見てタバコが吸えますか!?
ドイツのタバコ事情。』


ドイツの合理的なプレゼント!
『ドイツのプレゼント事情!?
(Geburtstagstisch&Hochzeitstisch)』


ドイツの成人は18歳!
『ドイツ 成人は18歳!?&長男!大人の仲間入り!
(ドイツの成人式?事情)』

『夫から成人になった長男へのプレゼント!
夫が18年間あたためていた物!?』

『兄弟愛!?
お兄ちゃんを指導して、なんとかパパを喜ばせたい!
(長男 18歳(成人)になる!)』



読者登録していただくと
更新情報(ライン)が届きます!
いっきに記事が読めます!


ブログランキングに参加しています!
ポチっ!
と応援クリックで1日1回、加算されます!
記事更新のはげみになります

僕は、まだまだ・・・(次男)
こちらをポチっ!


専業主婦ランキング

ここは、ドイツですからね!(夫)
こちらもポチっ!とね! 
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村


ブログに遊びにきてくださった皆様の今日が
素敵な1日でありますように・・・(祈)













hotohitoiki at 20:38│Comments(12)ドイツとドイツ人 

この記事へのコメント

1. Posted by K   2019年10月31日 21:17
5 久しぶりのナンバーとのおしゃべり、良い気分転換になったでしょうか。
そういった意見交換、大事ですよね〜!🍮
2. Posted by ミネット   2019年11月01日 05:49
5 それ、わかりますー!自宅の同じ部屋に彼女を泊めるのは抵抗がありますよねー。でも旦那は当然だって言うんですよね。週末に泊まりに来るのは当たり前だって。やっぱラブホの存在は必要だわ~。
フランスは高校になると一緒に暮らしたり、片方が一人暮らしをします。でもどこでも高校くらいからは家で泊っても当たり前みたいです。
日本人の友達の家も「最初はちょっと抵抗あったんだけど、今はもうないよ~」と言っているので慣れるのかしら。。。
3. Posted by えみ   2019年11月01日 11:33
お年頃の子供達には色々と気になる事も多いですが、我が家は二人とも一旦18歳から一人暮らしを始めたので何?をしても自己責任だと言ってました。
娘の友人の中には門限が20時であったり、GPSで確認されたるする子もいるとか。。「そんな事をされてる子の方が逆に親を騙したりしてる。。。」と娘。
息子が彼女を連れてきた時(まだ泊まった事はない)、主人はどう対応してよいのか分からないのか、何処かに行って夕方まで帰ってきません(笑)
4. Posted by momo   2019年11月01日 17:07
国や宗教の違いで色んな考え方があるわけですけど、
やはり成人したとはいえ、我が子はついこの前まで可愛いお顔をして、ミニカーやぬいぐるみを背負って遊んでたわけですよねぇ。
なんと言いますか、草食の日本人の場合(草食なのか?!)、家庭に子供の性を持ち込んで欲しくないっていうのがあるかと。
結納(古っ!まだある?)が終われば泊まっていってと言えます。
ドイツの結納にあたるものは何だろう?婚約式かなぁ?
5. Posted by マリー   2019年11月01日 18:29
>>1Kさん
日本人同士だと、共感しあえるので
話していて楽しいし、楽です!
6. Posted by マリー   2019年11月01日 18:32
>>2ミネットさん
旦那様と夫は同じ事を言いますね。
こちらの普通が、私達には普通ではない・・・
こういう時に、自分は、やっぱり日本人!
と思います。
日本の施設は充実(えっ!?)していますよね。
慣れようと努力中!?(涙)
9. Posted by マリー   2019年11月01日 18:38
>>3えみさん
門限はわかりますが、GPS監視!?
時代を感じますね・・・
小さな子供でしたら、ありかもしれませんが
高校生、大学生になったらGPSで追跡されるのも
どうなのでしょう・・・(女の子の場合は、ありかも?)
娘さん!するどい!
厳しい家庭の子供に限って、
親をだます(←心配させないように嘘をつくだけです!えっ!?)
旦那様・・・かわいい(失礼!)ですね。
うちは、なんとか夫も話しに加われるように、私が汗をかきながら必死に、話を盛り上げます。(疲れます!)

10. Posted by マリー   2019年11月01日 18:43
>>4momoさん
やはり、こちらは肉食系(?)なのでしょうか・・・
私にとっては、オープンすぎる傾向になります。
でも、こちらでは普通という・・・(モヤっ)
結納式は婚約式ですよね・・・(あれ?)
私も、公(←あえて言います?)に泊まることが出来るのは
婚約してからだと思いますが(実家はダメでしたが)
こちらでは笑われます・・・(涙)

11. Posted by Anne   2019年11月01日 18:57
ウチの娘の彼氏が家に挨拶に来たときは、別々の部屋に泊めましたよ。主人にすれば、一緒の部屋など『論外!!!』でしたし、娘も親のいるところで一緒の部屋には泊まりたくなかったようです。18歳で家を出ましたので、娘の話は聞き役に徹しました。それまでは、わりと厳しい母親で、外泊も禁止、夜遅くなるときに一人で帰るのは許しませんでした。家の周りには街灯もないので、送り迎えは必須でした。聞き役に徹したせいか、娘の恋愛話は結構、知っています。息子は何も話しませんけど。
あれだけ日本にはラ○ホテル(死語?)があるので、婚前交渉(これこそ死語?)など当たり前なんでしょうけど、やっぱり建前なんでしょうか?私の周りでは、家の同じ部屋に結婚前に一緒に泊まる話は聞かないですね。都会はまた違うかもしれませんけど。
12. Posted by マリー   2019年11月01日 21:01
>>11Anneさん
そうですよね。
娘としても、
結婚前に親のいる家には泊めたくはないです。
(私の場合)
本音と建前・・・
親のいないところなら・・・というのもありますね。
それだったら、
こちらのようにオープンなほうがよいのか・・・
色々とモヤモヤしながら考えています!
13. Posted by phary   2019年11月02日 06:38
これはねー、うちもその昔相当揉めましたよ。一番上が娘だったので、余計ね。
本人は、ほかの子はお泊りOKなのに、どうして私はいけないの?、、ってことだったのでしょうが、もう、舞い上がっているから、お泊りなんかさせたら相手の方もブレーキがかからなくなっちゃうんじゃないかと思って。
幸い(?)うちのだんな君はおドイツ人なのに私と同じ意見だったので(←単に頭が古いだけなのかも)子供達には「未成年で親に養われているうちは親の規則に従え。」と言ってくれました。
でも、ご近所さんや、同級生のママ友さんたちからは「もう16歳なのにかわいそう!」とか、「ボーイフレンドができたら一緒にいたいと思うのは当たり前。」とかさんざん言われました。私にしてみれば「まだ16歳」なんですけどね。ちなみに当時の彼女の同級生の家には彼氏の歯ブラシが置いてあったそうです。
18になった頃には、娘もそうそうぽーっとはならなくなって、彼女の小学校の頃の同級生が17歳で未婚の母になったと聞いた時に、「あなたはそういうことにならないように。」と釘を刺したら、「自分のキャリアをだめにするようなバカなことするわけないじゃん。」って返されました。
上の子でかなり大変だったせいか、下の子たちは家を出るまでなんか拍子抜けするくらい平和でしたね。
14. Posted by マリー   2019年11月03日 07:56
>>13Pharyさん
この類のお話は、よく聞きますよね。
日本人だと、どうしても抵抗がありますね。
旦那様の考え方が私たちと同じで
Pharyさん、良かったですね。(羨ましい)
夫や周りのドイツ人は「普通だ」と言います。
あっ!でも、お隣のご主人(イタリア人)は
20歳の娘さんのボーイフレンドを家に泊めないそうです。
(あちらに泊まっている可能性あり?)
そういえば、
こちらは家族旅行にボーイフレンドやガールフレンドも
まざるそうですよね。
カルチャーショックです!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

マリー

メッセージ

名前
メール
本文
最新コメント