監督交代のエトセトラ。『グランパス』補強候補について

2018年12月02日

『グランパス』VS 湘南戦~悪縁を断ち切る~

グランパス公式から、最終節に来期のユニフォームを着用するという発表があったのは驚いた。
中スポ情報だと今期のホームユニフォームでは1勝しかしていない(夏の連勝中は黒ユニ)そうだ。
仮に最悪の結果になった場合は、縁起の悪いユニフォームになってしまう可能性もある。
それでも大切な最終節に強気の営業戦略を打ち出したフロントの姿勢は好感が持てました。




前半で2点リードされた時は暗澹たる気持ちになった。
18分に相馬とネットで挟み込みに行ったがパスを間に通される。
2人でボールを奪いに行ってかわされると、どうしても数的不利になり後手に回ってしまう。
DFは人を見ていたが、1枚足らなくなりクロスを菊池俊介に合わされ先制されてしまう。


34分には秋山へのスルーパスをカットした山根に、玉田、秋山、和泉がかわされ、前向きのパスを出されてしまう。
梅崎の気の利いたスルーパスがボールを奪った勢いのままオーバーラップした山根に通り、後手に回ったミッチが足をかけてしまいPKを献上。
梅崎に決められ、グランパスは窮地に立たされる形になった。


この失点の問題は、グランパスが目指している形を相手にやられてしまったことだ。
相手のプレスを掻い潜り、かわし、いなし、ボールを前に運び、数的優位を作る。
グランパスの守備が緩かったといえばそれまでだが、少なくともパスのベクトルを後ろに向ける守備を心掛けないと失点は減らないだろう。





後半から相馬に代えて、前田を投入。
和泉が右SBの位置に移り4バックの形になる。
しかし、和泉も秋山も本職がSBでないし、意識も前目に行っていたので気分的には2バックのようなリスキーな布陣となった。
相馬の出場が前半のみになった理由は、前半カードをもらったことと、システム変更の影響か?


グランパスが作ったチャンスはジョーに当てるロングボールからと、右サイドハーフに入った単独突破からと、個人の能力に頼った部分が多かった。


後半は湘南の出足の鋭い守備からボールを奪われカウンターで何度も肝を冷やすシーンがあった。
湘南×RIZAPの全貌 チーフトレーナーが語る「結果にコミットする」革新的プロジェクト (FOOTBALL ZONE)の記事でも書かれているが、RIZAPにコミットした成果でしょうか。
グランパスの選手が湘南の激しいフィジカルコンタクトにイライラしている姿が印象に残っています。



後半65分にジョーへのロングボールをネットが回収。
ここからグランパスが目指すもう一つの形、細かなパスの交換で相手を押し込み、秋山のクロスを競り合ったジョーがファールを受けPKを奪取して1点を返します。


73分、秋山のプレッシャーで湘南の岡本が苦し紛れに前線にパスを送ります。
これを丸山がヘディングで玉田に落とします。
ここから玉田とシャビエルが粘ってボールをキープし、秋山からのリターンをシャビエルが受け、ネットに渡します。
ネットから斜めのパスがジョーに入り逆サイドへ展開。
ボールを受けた和泉のクロスが湘南DFの手に当たり、同店ゴールにつながるPKが発生します。


この2点目で重要なのは、グランパスが縦パスを入れるコースを消しながら相手を追い詰めるいい守備をして、相手に苦し紛れで精度の低いパスを出させたこと。
相手のプレッシャーを受けてもボールをキープして逆サイドに展開できたこと。
和泉のクロスに前田とジョーが合わせるポジションに入れたことになります。
PKはラッキーな側面はありますが、その前の展開は風間監督の目指す形がいくつか出ていました。
こうした形の回数と精度を上げていくことが、今後の宿題になっていきます。




グランパスは逆転を狙いますが、ルヴァン杯を制した湘南も流石の逞しい守備で応戦してきます。
無情にもタイムアップのホイッスルが鳴り、自力でのプレーオフ回避が無くなりました。
歓喜に包まれる湘南とは対照的に、グランパスの選手は険しい表情を浮かべます。
しばらくしてサポーターから徐々にどよめきが発生します。
磐田に先制されていた川崎がロスタイムに逆転した情報を、多くのサポーターが確認します。
スタッフから情報が入ったのか選手たちが興奮し、磐田敗戦の結果が確定した瞬間、瑞穂スタジアムにいるグランパスに関わるすべての人たちが喜びを分かち合うことになりました。




確かにロスタイムに残留を争うチームがオウンゴールで逆転負けを喫するなど、運に恵まれていたと言えるかもしれません。
しかし、磐田の得失点が大きくマイナスになっているのも、磐田ホームで6点を叩き込んだ試合があったからです。
チームを回す歯車に亀裂の入っていた磐田は、あの後で自信を無くして勝ち点を伸ばせなかった。
グランパスも勝ち点を積み重ねて磐田に追いついた。
自力でもぎ取った残留ともいえます。




グランパスはやれることをすべてやり切ったからこそ、2点ビハインドでも諦めず同点に追いついたからこそ、失速した磐田を上回れた。
お披露目された新ユニフォームが悪縁を断ち切ったのでしょうか?
チームが壊れてマイナスからのスタートを余儀なくされることになった2016年。
そこから漂う暗雲を振り振り払い、新たな門出を迎えられそうな一日になりました。


選手、サポーター、グランパスにかかわるすべての人たちが勝ち取った残留です。
ここが”私たちの”グランパスの出発点!
来シーズンも共に戦いましょう!




にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

hototogisuguradora at 01:29│Comments(2)グランパス 

この記事へのコメント

2. Posted by hototogisu   2018年12月03日 00:17
ありがとうございます。

昨年もプレーオフは現実的にシモビッチにロングボールを入れているように、風間さんはやるべきときはやるリアリストな側面も見せてくれます。
多分、入れ替え戦も視野に入れていたのではないでしょうか。
監督が監督なので、来シーズンも楽はさせてくれないと思います。


オフシーズンも書いていくので、読んでいただければ幸いです。
1. Posted by シンディー   2018年12月02日 17:54
シーズンお疲れ様でした。
シンプルにジョーに入れる場面が多かったのはいつもと違う展開でしたが、主体的に攻める点ではブレてなかったのが良かった様な気がしています。
それにしても未曾有と言える激動のシーズンでしたね。
厳しい状況が続いた中、努めて冷静にポジティブに意見を発されていた管理人様は素晴らしかったと思います。
シーズンオフも、来シーズンも拝読楽しみにしています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
監督交代のエトセトラ。『グランパス』補強候補について