2018グランパス選手評 背番号9 長谷川 アーリアジャスール『グランパス』赤崎秀平はキャリアの曲がり角。

2019年01月12日

『グランパス』驚きの米本獲得。

伊藤洋輝を獲得したのでボランチの補強は打ち止めかと思いましたが、FC東京の米本拓司(28歳)を完全移籍で獲得したと、公式から発表がありました。
米本はボール奪取力の高いダイナモタイプのボランチ。
パンチ力のあるミドルシュートも得意としています。


代表召集経験のある選手ですが、2010年に左膝前十字靭帯と左膝外側半月板を損傷します。
2011年にも左膝前十字靭帯を損傷します。
故障に苦しんできたキャリアですが、2012年からは 27→33→33→31と試合数を重ね、見事に復活を果たしました。
キャリアが暗転したのが2016年。
右膝前十字靭帯断裂と内側側副靭帯損傷で長期離脱します。
負傷中に橋本拳人が台頭し、米本はボランチの序列が3番手になってしまいました。




個人的に補強候補に米本を挙げなかったのは、故障の影響もありキャリアが下り坂に差し掛かっている不安があったからです。
豊富な運動量を武器にボールを狩っていた選手が、大きなケガを経験して以前と同じイメージでプレーできない。
橋本もいい選手ですが、2016年以前の米本ならポジションは譲らなかったはずです。
今の米本はキャリアの過渡期にあると、個人的には考えています。


米本が移籍を決断した理由は、常時スタメンで出場したいという気持ちがあったことは間違いないでしょう。
理由がもう一つあるとしたら、環境を変えることで成長が頭打ちになった現状を打破したいからのような気がしています。


小林も新潟で成長が頭打ちになっていたように感じていましたが、グランパスに加入して風間監督の無茶ぶりに答えることで、選手として一皮剥けました。
米本の現状は2年前の小林と同じ。
グランパスに加入して、風間監督の下で変化することができれば、大きな戦力になることは間違いありません。




米本にはガンバ時代の明神のように、気の利いたポジショニングで危険なスペースを消し、自分の守備範囲に入ったら巧みな対人守備でボールを狩り取るプレーです。
豊富な運動量はボールを受ける、スペースに走りこむ、味方をフォローするなど、攻撃面で発揮する回数を増やしていってほしいです。
何より、今よりもサッカー選手として上手くなること。
米本のブレークスルーを期待して、応援していこうと思います。




にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村


hototogisuguradora at 02:14│Comments(2)グランパス 

この記事へのコメント

2. Posted by hototogisu   2019年01月13日 01:30
>>1

中山の獲得は、サッカーダイジェスト情報ですね。
米本、伊藤獲得で中山はなくなりましたね。

意外と小林の壁は厚いので、米本も変化しないとポジションは奪えないと思います。
1. Posted by T   2019年01月12日 11:35
自分も 5年前くらいならほしい選手だなと思ってたけど 今はなんとも言えない気がしますね・・・
うまく ハマってくれるといいです。

米本を獲得したということは 噂にあまり上がってたかわからないけど 柏の中山は取りにいかないということなんですかね?

あと ジョーのサブが取れると いい補強で終わりそうですね!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018グランパス選手評 背番号9 長谷川 アーリアジャスール『グランパス』赤崎秀平はキャリアの曲がり角。