『グランパス』プランakiraはあるのか?監督解任報道について…… 賽は投げられた。

2019年09月20日

ゲームモデルの必要性が、理解されていない件。

このブログでも、何度かゲームモデルの必要性を訴えてきました。


『グランパス』継続と発展。


『グランパス』戦術的ピリオダイゼーション。



ゲームモデルを戦術と考えている方がいるように感じますが、どちらかといえば戦略の話なんです。


戦術的ピリオダイゼーション実践編。 ゲームモデルは歴史や文化も含む 前編


プレー原則とパターンの違いは? 日本と共通するイタリアの悩み 後編


footballistaの記事に詳しく書かれています。


クラブがどのような目標を設定しているか、
そして監督がどのようなフィロソフィを持ち、
どのようなサッカーを通してその目標を実現しようと考えているかということだ。
その枠組みの中で、シーズンを通しての仕事を規定する最も重要なベースは
「ゲームモデル」だ。
その中には、チームが持つべきアイデンティティ、それを具体化するためのプレー原則、
そしてそれを実現するためのコーチングメソッドが凝縮されている。


目標はタイトル。
監督のフィロソフィーは考慮しない。
どのようなサッカーで、目標を実現しようというビジョンはない(監督に丸投げ)。



オープンな展開になって、個の能力で打開するサッカーになりがち。
具現化するためのプレー原則がないので、能力の高い選手がここの判断でバラバラにプレーする。
過去のグランパスを表現するなら、確実にこうなるでしょう(現在も、その呪縛からは逃れられてはいませんが……)。




海外の強豪クラブで、明確なゲームモデルのあるクラブはバルセロナ、アヤックスが挙げられます。
育成まで一貫したゲームモデルがあるクラブは稀で、その時々の監督が持つフィロソフィーが、ゲームモデルらしきものとなって、クラブ強化に隔てられています。
マンチェスター・ユナイテッドは、ファーガソン引退後、迷走。
マンチェスター・シティは、ペップ・グアルディオラのサッカーをゲームモデルとして浸透させられるかの最中にあります。


低迷していたアトレティコ・マドリーは、クラブOBのシメオネが監督に就任して、チョリスモ(シメオネ主義)というフィロソフィーを持ち込んで、成績が安定してきています。




個人的に、ゲームモデルがクラブに必要だと強く思うようになったのが、ユベントスの存在です。
ユベントスは、究極の現実主義なクラブで、優秀な選手を集めて、監督は多彩な戦術で、選手に合わせて結果をもぎ取ってきたクラブです。
ユベントスのフロントは、目端が利いて、戦略で他のクラブの一歩先を歩くことで、多くのタイトルを勝ち取ってきました。
そのユベントスが、攻撃的なポジショナルプレーを標榜するサッリ監督を招聘して、クラブにゲームモデルを構築しようとしている。
この動きに、時代の転換期が訪れていると感じずにはいられません。




ゲームモデルがあれば、必ず勝てるとはいえません。
しかし、ゲームモデルがなければ、安定して勝ち続けることは難しい時代に突入する節目には来ている予感がしています。


ミシャ式の継続に成功した広島と川崎がタイトルを獲りました(発展まで至るかは?)。
一継続性を持って強化してきた鹿島が、Jクラブの中で多くのタイトルを獲ったことも示唆的です。
反対に、ミシャ式の継続に失敗し、ゲームモデルを構築できなかった浦和は戦力が整いながら、リーグ戦では不振に陥っています。
戦力が揃いながら、ポジショナルプレー向きな選手が多いところに、カウンターで能力を発揮する選手を補強して、降格した柏の例もあります。



グランパスの掲げるゲームモデルが正しいかは、結果で評価されるのでしょう。
現時点は過程であり、いろいろと力不足で、目標との距離は大きく離れているのが現実です。


全員攻撃、全員守備という攻守一体のサッカーを、グランパスは目指しています。
ゲームモデルは戦術ではなく、どのようなサッカーで目標を実現しようと考えているかです。
風間監督を否定するために、ゲームモデルの構築を否定するのは、違うのではないでしょうか。
戦略性もなく、補強も育成も成功に導くのは困難が伴います。


ゲームモデルは戦術の話ではないのです。
私は攻撃的なサッカーの信奉者なので、全員攻撃、全員守備という攻守一体のサッカーを是非とも実現してほしいと思っています。
その兆しは、育成の現場で芽生えています。
この流れを止めないため、トップチームにはがんばってほしいですね。



にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村

hototogisuguradora at 21:13│Comments(24)グランパス 

この記事へのコメント

24. Posted by hototogisu   2019年09月23日 01:42
>>12

賛否は出てきちゃいますね。
23. Posted by hototogisu   2019年09月23日 01:22
>>11

私の発言でダメになるようなクラブなら、私が発言しなくてもダメになりますよ。
それに、私の発言にそこまでも影響力は、残念ながらありません。
22. Posted by hototogisu   2019年09月23日 01:03
>>10

トヨタがバックにいるだけに、現場介入した人は多いでしょう。
久米GMとピクシーが長く在籍できたのも、政治力があったから。
クラブ内政治が上手くない人は、結果が出なければ放逐される。

経営者の血縁者でも、クラブトップに立たないと、本社からの干渉を跳ね返すことは難しいと思います。

フロントはともかく、選手たちには温かい応援をしていきましょう。
21. Posted by hototogisu   2019年09月23日 00:46
>>9

風間監督は、上を伸ばす指導をしているので、下が伸び悩むのを放置するタイプなので、育成向きではないと思います。

結局、伸びた選手も、代表、年代別代表を経験した中谷、宮原たちですから。

見切られても仕方ない面は、確かにあります。
20. Posted by hototogisu   2019年09月23日 00:43
>>8

グランパスという病の根は深いです。
フィッカデンティを読んじゃうセンスなので、旧態依然なんでしょう。
19. Posted by hototogisu   2019年09月23日 00:36
>>7

壊れる前に、壊すものが作れなかった……
元々、荒れ地ですから。
18. Posted by hototogisu   2019年09月23日 00:34
>>6

小西社長より、風間監督が使わない選手を獲得した強化部の責任のほうが重い気がします。
FWを獲り逃し過ぎです。

小西社長は理想を求めて、ゲームモデル作りを貫こうとした人なので、私は否定できないですね。
私もブログで、貫けといっていたクチですから……

鬼木監督的な存在を用意するのも強化部の案件ではないでしょうか。
17. Posted by hototogisu   2019年09月23日 00:29
>>5

小西社長が抗えない状況まで追い込んだのが、今なんでしょう。
グランパスは子会社。
本社案件ですかね。
16. Posted by hototogisu   2019年09月23日 00:27
>>4

誤報だったら爆笑しましょう。

小西社長にはビジョンがあったし、純粋に辿り着こうと努力していました。
結果が出ていれば、貫けただけに残念です。
15. Posted by hototogisu   2019年09月23日 00:25
>>3

ミゲル カルドソ監督ですか。
おもしろい経歴の監督ですね。

多分、いいサッカーを目指して、いいチームを作ってくれると思いますが、今は結果が求められる状況なので、適したタイプとは言えないかもしれません。
風間監督と同様に、時間が彼に味方しないと思います。
14. Posted by hototogisu   2019年09月23日 00:18
>>2

大森SDを引き立てた人たちにとっては、ゲームモデルより結果なんでしょう。
多分、大森SDは風間監督を切った側の人たちに近いので、大丈夫でしょう。
山口ADと、古賀監督がどう思うかは知りたいところです。

結果が伴っていたら、このままの路線でいけただけに残念で仕方ないです。
13. Posted by hototogisu   2019年09月23日 00:08
>>1

貫けなかったのは、理想の自分たちですかね。
12. Posted by は?   2019年09月22日 12:41
>>11
てめぇの意見すら書いてないお前に他人を批判する資格はねぇよ
11. Posted by あ   2019年09月22日 10:27
>>6
いやいやアンタみたいな近視眼的かつ
無責任な批判しか出来ない人間こそが
ダメクラブを作る元凶だから…
オタクこそ消えてくれ🖕
10. Posted by 成長の無いプロサッカークラブ   2019年09月22日 02:25
TOYOTAと言う大企業が絡んでいる以上
彼等が海外クラブにスポンサードするように
金だけ出して口を出さない
いや口が出せない関係に成らない限り
これまでのお家騒動ヨロシク今回もそして今後も永遠に続くのは避けられない現実

プロサッカークラブで在る以上興行として成功しているが第一に重要
勝負事だからと結果ばかり追求しても顧客観客が減っては全くの無意味
それがかの中◯ド◯◯ンズで起きた事実
そしてそれはピクシー政権での初優勝からの集客数でも同様だった

サッカーを知っているとはとても思えない者達が
その立場や権力を元に目先の「勝ち負け」にこだわり続け
クラブは永遠の物で在る事の尊さとその為の礎と積み重ねが
本物を創るのだと言う事を無視して
己らの目の黒い内に結果と形を造れと言わんばかりに暴れ回り壊し続けている

それを止めるのは誰なのか?
それは豊田章男氏以外に誰が居ると言うのだろうか
彼が本当にサッカーを愛しこのクラブを愛しているのなら
このような惨劇とも言える状況が生まれていただろうか

皆の夢でも有るビッグクラブ、メガクラブ構想をTOYOTA共々捨て去り
Jリーグの地元密着型プロビンチャとして生きる方が実は幸せなのではないだろうか


流石に今回のこのような懲りない騒動には怒りを通り越し呆れと悲しみしか湧かない

少なくとも自分は関連する投資を一切止め
大きく距離を置くことを決めた
9. Posted by あ   2019年09月21日 21:46
風間八宏という人の資質は、結局のところ育成向きなのだろうと思う。実戦の場における決断力や選手を鼓舞する能力に長けているとは思えず、つまり監督の器ではない。考えてみれば、グランパスのみならず、川崎でも結果は出せていなかったのである。今というタイミングがベストなのかどうかはさておき、そろそろ見切られても不思議ではなかろう。適職に就かれることをお祈りしたい。
8. Posted by 名無し   2019年09月21日 14:15
一万百歩くらい譲って、解任は仕方ないにしろだ…

マッシモは無い。

モイーズくらい無い。

ベンゲルを連れてこい!!とは言わないけどさ。


結局なんか旧態依然、名古屋は名古屋と言われてしまう。

そういう意味で貫いたのか??

いや、笑えねーよ!!!!
7. Posted by 特になし   2019年09月21日 13:45
壊れましたな…。
6. Posted by konishimoyamero   2019年09月21日 00:02
この成績では当然の結果である。
しかし、これは監督だけではない。
フロントのトップである小西もしっかりと責任をとるべきである。
素人社長が集客にのみ目を向け続け最悪のタイミングまで引っ張った挙句の愚挙には反吐が出そうだ。
名古屋に憲剛的存在が居ないのは仕方がない、しかし鬼木的存在を就任期間中に一度も置こうとすらしていないのは間違いなく小西の責任だ。

なにが「貫く」だったんだろう?
結局、何も残ることのない無駄な時間の繰り返しにしてしまうのだろうか?
今回は風間監督の解任だが、もしかしたら好成績中に不慮の事故や病気などで亡くなってしまう可能性だってゼロではなかったわけで・・・
本気で「貫く」ためには鬼木的存在をしっかりと用意しなければダメなことくらい経営者なら当たり前のリスク対策だ。
大会社の役員とはいえ所詮は広報担当。経営トップとしての能力が大きく不足している事が露呈した今、せめて彼にも「貫いて」風間とともに消えて頂きたい。
5. Posted by 津軽キッズ   2019年09月20日 23:35
この記事のタイミング、ないと思っていたタイミングでの解任…ホントショックですね。
しかも守備が売りの監督の噂は更にショック。

中○スポの内容では本日急きょ解任らしいので、ワンチャン上位互換を望みますが…貫いてほしい
4. Posted by 佑都   2019年09月20日 23:32
信じたくありません
グランパスがこんなビジョンのないクラブだなんて、信じたくありません
まだ、公式には何も出てません
信じたくありません
3. Posted by KK   2019年09月20日 23:04
連投すみません。
ミゲル カルドソ監督が今、空いてそうでが
今のベースを更にポジショナルプレー
サッカーで上位互換出来そうな気がしてます。

日本にはこないですかね、また
ナントでも内容は良いけど結果がでず
解任されてますので
今の崩れかけの名古屋には
向かないかもしませんが
どうでしょうか。
2. Posted by KK   2019年09月20日 22:38
貫けなかったですね・・
小西社長、抵抗しきれなかったのか
あきらめて決断したのか・・

個人的にはプレー原則は
どこまで来ているのかなと考えていたので
とても残念。
書籍タイトル通り革命前夜のまま名古屋の
ゲームモデル構築は終わりそうです。

しかし報道では後任に
マッシモ フィッカデンティ氏が
あがっています。名古屋フロントは
正気かと思ってしまいました。
最もやってはいけない愚策。
ポゼッションでは勝てない、
守備からカウンターだ!の正反対へ。

風間さんのサッカーに合わせて
つくってきたチームに合うわけないですね。

小西社長、大森さんの去就も
どうなるか不透明。
またたくさんのサヨナラがありそうです。
やはりグランパスは変われないのか
というのが残念でならないですね。



1. Posted by 名無し   2019年09月20日 22:15
ショック。

何か監督交代にしても1番無い選択肢だわ。

貫くとは一体何だったのか。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『グランパス』プランakiraはあるのか?監督解任報道について…… 賽は投げられた。