HOT WATER編集部BLOG

2005年07月

先日、お台場で行われた「X-TRAIL CUP」 vfsa0020.jpg 某出展ブース内では朝から宴会モード。まずは駆け付けのビールを2缶飲み干し、あとはダラダラと話しこむ。外の暑さもあってかとてもビールが美味しく、つまみを食べつつお尻に根が生えたかのように居座り、おまけに昼食までご馳走になってしまった。 vfsa0021.jpg 午後からは他のブースに挨拶に行ったのですが、暑さとアルコールで話しにキレがなかったのはほかでもない。 vfsa0022.jpg はやや

台風が通過し、思い出したようにこのブログ書いてます。 ボキは東京の下町、いわゆるゼロメートル地帯に生まれた。台風が近付いてくると、金型プレスの町工場を営んでいたおやじと、工場に水が入ってこないようにおやじの指示の元手伝いをした。おやじの会社にとっては、浸水すれば制作した商品が御釈迦になり(使い物にならなくなる)家族にとっても大変な問題になるのだが、そんな親の気持ちも考えず、子供ごころにワクワクしていたのを思い出す。 今朝ベッドの中で子供の声が聞こえた、 『今日はプールにいけないなぁー。残念だなぁ。パパは昨日も飲んで遅いの?』 今も下町に住んでいるボキだが、下水処理能力もあがり大人になって浸水したことはない。その代償といっては語弊があるが、昔自分が感じた『おやじ』のかっこよさを息子には教えられない。 ただどんなに遅く帰って来ても、朝御飯は一緒に食べるようにしている。 プロデューサーH

二の腕……。それは、身体に必要の無いぜい肉がついた腕のこと。 vfsa0038.jpg そして、私の腕は日本代表ならぬ「二の腕代表」である。多分ワールドカップにも出れる。いつからこんなに肉を貯えてしまったのか覚えてないが、ヤバさ満点。 最近になってこの腕の存在に気付き、びっくりして丸山大編集長に見せた所、軽く引いていた……。どうやら「笑えない」らしい。 こんな腕じゃ、誰も嫁にもらってくれないよ……。 ということで、この場で募集します。 こんな私を嫁にもらってくれる人求む。 最初に言っておきますが、料理は全くできません。それでも良いと言う方、HWSM宛にお便り下さい……。お待ちしております。 ハマ

このページのトップヘ