mp01

またまた今月もレビュープラスさんから献本を頂きましてMacPeopleのレビュー何ぞを書くわけですが、前号の新型MacBookAirの特集記事を読んだあとにけっこうムクムクと物欲が湧いてきちゃってる状態でさらに今月のMacPeopleのレビュー!物欲に勝てるのか俺w

というわけで、さっそくレビューいってみよう!

http://ascii.asciimw.jp/books/magazines/macpeople.shtml
【巻頭特集1】バカ売れ極薄超軽量ノートを大解剖MacBook Air最適化&カスタマイズガイド
発売以来、人気沸騰のMacBook Airの魅力にトコトン迫ります。その薄さやデザインはもちろん、限られたストレージ領域を有効活用するさまざまなテクニックも紹介していきます。なかなか見ることができない、11/13インチの内部構造も大公開。冬のボーナスでMacBook Airの購入を検討している読者は必見です。
新型MacBookAir欲しい欲しい状態の俺にかなり目に毒って感じの記事ですねぇ。
前号も発売直後というスケジュールのわりにはけっこう突っ込んだ記事で良かった(おかげで欲しい欲しい状態ですがw)ですけど、今号は重要なキーボードやトラックパットの使用感など実機を使用したさらに突っ込んだ特集です。
さらに売れ線の11インチ+64GBモデルをいかに快適に使うか、OSのカスタムインストールやアプリのチョイス等々、なんか大昔にPowerBookをいかに快適に使うかみたいな頃と同じだよなぁ・・・とちょっと懐かしい気持ちにもw
昔と違うのはストレージの少なさはNASやクラウドなオンラインストレージで対応、メモリの少なさはSSD専用設計で意外と気にならずとなんとも時代の差を感じましたよ、マジで!
RAM Doublerでメモリを増やし(見せかけのメモリですが)、HDDはチマチマとファイルをマメに圧縮してた時代とは違いましたw

分解後の内部写真も細かく掲載されてまして、素人目にも「お!かなり凝った設計!Appleさんナイス」って思いました。
特にバッテリー周りはもう限界じゃないかってくらいのギリギリ感ありますねぇ。

特集を読んでみると自分の仕事用iMac、お出かけ用のiPad+iPhoneを使っている環境だと13インチよりは11インチのほうが合ってるのかな・・とも思ったんですが、逆に11インチはiPadとかなりかぶるので買うなら13インチの128GBモデルかな・・SDカードスロットもあるし・・・とこの特集を読んで益々悩みが増えてしまいましたよマジで!!MacPeopleさんの罪な特集でした。
【巻頭特集2】iPadが劇的進化IOS 4.2新機能カタログ
iPadでは、初のメジャーバージョンアップとなるiOS 4.2の新機能を徹底解説。マルチタスキングやフォルダー分け、ウェブページ内検索など、生まれ変わったiPadの魅力を紹介していきます。
【巻頭特集3】映画配信スタートでApple TVも本領を発揮Enjoy! ムービーライフ
切望されていた日本国内でのムービー配信が始まり、ようやくその存在価値が高まってきたApple TV。実際に映画をレンタルして、その使い勝手をチェックしました。
iPhone3GユーザーなのでiOS4.2の恩恵はイマイチ無いんですがiPadユーザー的には今回のアップデートは大いに恩恵アリ!って事でもう公開当日にアップデートしてしまった俺的に今回の特集は・・・と思っていたんですがAirPlayとAirPrintの記事はまだ対応機種を持ってない俺的には予行練習って感じで参考になりました!
欲を言えばAirPlayをもうちょっと詳しく知りたかったんですが、対応するオーディオ機器でマランツなどはAirPlayのアップデートが延期になってるようで、出来れば来月号かその次あたりでなんとか特集お願い出来ませんかねMacPeopleさん!

続いてはiOS4.2のAirPlayにも微妙に引っかかってるアップルの映画配信特集。
アメリカなどではすでに発売済みのせいか今回のAppleTV日本投入に関しての記事は必要最小限で、主に映画の購入やレンタルの紹介記事がメイン。
読んでみると購入はともかく、レンタルの場合はTSUTAYAなどに比べて価格がやや高めだったりタイトル数が少なかったりとまだまだのところはあるものの、事実上貸し出し中が無いとかHD解像度のものが多いとか今後はかなり期待できるかなと思いましたねぇ。
iPadで見られるというのも出張移動中の暇つぶしなどにかなり良い!
【特集1】レギュラー(無料)とプレミアム(有料)って何が違うの?実感! 有料サービスの価値
EvernoteやDropbox、SugarSyncなど、無料で使えるウェブサービスが人気を集めています。さらに、月換算すると数百円の出費で有料会員になれば、これらのサービスがさらに使いやすくなります。そこで、人気のウェブサービスの有料会員は具体的にどのようなメリットがあるかを詳しく検証しました。
有料サービスを使わずなんとか無料サービスを組み合わせてやりくりしてる俺への挑戦状かよ!と思ってしまうような特集でしたが、特集を読むとやっぱり有料は有料なりのサービスがあったり高機能になってたり容量がたっぷりだったりするなぁ・・と特にApple純正MobileMeを知るとそう思っちゃいました。iPhoneを探すなんて忘れっぽい俺にはピッタリですけど、年額9800円はかなり悩むところ。

ちなみに特集のオンラインストレージ記事ですが、DropboxやSugarSyncのような高機能なものじゃなく単純にFTPでファイル保管するだけならMiniBirdというレンタルサーバ会社なんかは月額250円ちょいで30GBですし、逆に初期投資は必要ですけどアイオーやバッファローのNASを使ってみるという方法もありかなぁ。なんて欄外のまめ知識のところに記載があっても良かったかも。

とはいえ、普段は無料サービスばかり使っている俺的には有料と無料ではこれだけサービスや機能に差があるのか!と知る事が出来る良い特集でした。

mp02

【特集2】SSDとハードディスクの違いを解説ビギナーのためのストレージ入門
最新のMacBook AirはブレードタイプのSSD、MacBook Proシリーズや27インチのiMac、Mac ProではCTOで2.5インチサイズのSSDを搭載できるなど、これまでハードディスクオンリーだったストレージの選択肢が広がっています。また、 SSDとハードディスクを組み合わせたハイブリッドタイプや2TB超の3.5インチハードディスクなども登場しています。特集では、内蔵、外付けのストレージには何がお勧めなのかを、基礎知識からスピード、発熱の検証などから考察していきます。
HDD大好きというか、仕事がら常にHDDの容量を気にしてる俺的には今回の特集はとても参考になりました。というか、今号では一番読み込んだかもしれません。
最近も仕事用で動画データのバックアップ用として2TBのWD20EARSと個人用に1.5TBのHD154UIを購入したばかり。特にWD20EARSは667GBプラッタ+4kセクタのAdvancedFormatという事でWindowsXP以下の古いOSではその性能を十分に生かせないワケですが、IntelMac+OSXだと全く問題無く使えるというOSX移行で色々と苦労した事が今頃Windowsユーザーさんに降りかかってる状態なワケです。基本的には今後普及してくる3TBのHDDもMacだと何事もなく使える(はず)なので、次に出る新型iMacなんかはBTOで3TBが選べる時代が来るもです。

てなわけで、今回の特集はHDDの基礎講座からNSA、さらにSSDからメンテナンス、おまけに目的別おすすめストレージ一覧まであってかなりの満足度で読み応えもありでした。
個人的には次に音楽ファイルをNASに入れて共有したいという事もあってもうちょっとNASの記事、特にiTunesがらみの共有などの部分で突っ込んだ記事を読んでみたかったですわ。
【特別付録小冊子1】MobileMeマスターガイド
【特別付録小冊子2】iLife '11 & iTunes 10スターターガイド
ちょっと端折ちゃいましたが、最後に付録の小冊子。
有料サービス記事に合わせたわけじゃないですが、MobileMeの小冊子は良かったですね。
高額のせいかネットでも意外とMobileMeの紹介記事とかレビューって少ないんで、細かい機能紹介からMacやiPhone/iPadとの同期などバランスよく書かれていてこれも満足度の高い冊子でした。
問題は価格だけなんですよねぇ・・・と改めて実感w

iLifeの冊子はとりあえず仕事でも使っているiMovieを中心に読みました。アップグレードしようか迷っていた点の一つにYouTubeへの1080pでUploadが出来るようになったかどうかという点。記事の写真を見るとHD 1080p 1920×1080の文字が!
これで今まで面倒だったQuickTime書き出しでブラウザからアップロードという作業をしなくても済みそうですw
それにしてもiDVDはほとんど進化しないですなぁ。Blu-rayをサポートしないMacなのでしょうがないとはいえ、もうちょっとなんとかならないもんですかねぇ、Appleさん!

というわけで駆け足のレビューでしたが、この他にも俺のような古くからのユーザーには懐かしいMac名機特集がグッときたり(PowerBookの名機は500シリーズだろ!というツッコミましたがw)コラムのWirelessHDにフムフムしたり、ビートルズ解禁のコラムにはウヒャウヒャしたりと今号は何時にも増して中身が濃いMacPeople1月号でした!

Mac People (マックピープル) 2011年 01月号 [雑誌]
Mac People (マックピープル) 2011年 01月号 [雑誌]
  • 発売元: アスキー・メディアワークス
  • 価格: ¥ 890
  • 発売日: 2010/11/29
  • 発売日: 2010/11/29
内容の濃さと2冊のためになる付録付きで890円はなかなかのお買い得ですよ!

Apple Apple TV MC572J/A
Apple Apple TV MC572J/A
  • メーカー: アップル
  • 価格: ¥ 8,800
  • 発売日: 2010/11/11
  • 売上ランキング: 314
もうちょっとAppleTVとAirPlay、iTunesStoreの映画レンタルとの楽しみ方が読みたかった!来月に期待!