うぐぅ〜の隠れ家

ヘッドホンとアニメとゲーム好きのブログです。
ロードバイク始めました。TREK Emonda ALR5とCENTURION MR20に乗ってます。

なんかアスペクト比がなんたらでブログに画像あげられなかったから自分のTwitterから。
音は、最初低音が塊みたいで高音もシャリシャリしたけどちょっと鳴らし込んだら落ち着いた。低音より〜フラットでまぁゼンハイザーの開放型を想像したときのそのままの音かな?繊細で女性ヴォーカルが上手い。ちょっと低音がボヤけてもこもこするけどスマホとかでも全然音量取れるのが良い。というか、タブレットで寝床で使うために買ったから音量取れないと困るんだけどさ。


HD650と比べると意外にもHD599のが低音も高音も強くてドンシャリっぽく聴こえるけど、他のヘッドホンと比べたらほとんど似たような路線かなぁ?でも昔持ってたHD595はもう少し薄い感じの音だったと思うんだけど、HD599は音の輪郭が結構はっきりしてる気がする。イヤーパッドがまだ固くて馴染んでない可能性は結構ある。値段なりに情報量とか空間表現とかの壁があるけど、聴かせ方上手いというかゼンハイザーのキャラクターがしっかり感じられる点が良い。


買った直後に後継機のHD560S発表はちょっとムカついたけど、まぁ定価がおそらく二倍ちょっと高くなるからまぁ良いかなーって。もしかしたら良くアマゾンでセールしてるのも在庫処分だったのかもしれないしなー。


あとMS-PROのイヤーパッドがボロボロだったんだけどどこの通販サイトも純正パッドが取り寄せで即納なかったからGRADOでは初めてのサードパーティ製買ってみた

音は直接比べてないからわからんけど、普通にMS-PROの音がしてるから大丈夫だと思う。構造と材質的に他のヘッドホンのイヤーパッド交換ほど影響はないと思うのよね。


再生環境:PC(YoutubeMusic)→HD-DAC1
ヘッドホン:DT1770PRO

 YoutubeMusicの広大な海の中を漁ってたら発見したガンダムSEED+SEED DESTINYのビクター版のベストアルバム。ガンダムSEED関連の主題歌のベストアルバムはもともとあったんだけど、大人の事情で収録曲はソニー・ミュージックのもの限定だった。ソニー・ミュージック関係の曲も結構良い曲ばかりだったけれど、劇中の演出や挿入歌として流れるSee-SawやFictionJunction YUUKA、ラクス・クライン(田中理恵)などの楽曲の方が印象が強った。当時は中学生だったけどSee-SawやFictionJunction YUUKAは普通のJ-POPとは大きく異なる音楽性に衝撃を受けた記憶がある。その後、大学生くらいになって色々調べるうちに梶浦由記(KalafinaのプロデューサーやSAOのサントラ作ってる人)が作曲してたのを知って確かなになぁと思った記憶がある。あとはまぁ声優のキャラソンがちらほら・・・保志総一朗って結構歌上手いんだな。しかしこんだけキャラソン沢山あったのにルナマリア・ホーク(坂本真綾)の曲が一曲もないのはこれも大人の事情だったのかな・・・?
 好きな曲は「あんなに一緒だったのに」、「暁の車」、「深海の孤独」、「焔の扉」、「君は僕に似ている」、「水の証」、「Emotion」、「Fields of hope」。Destinyはユニウスセブン破壊辺りあたりまではすごい面白かったんだけど・・・・・曲も機体も結構好きだったんだけどねー。

 ヘッドホンをDT1770PROにしたのはギターのかき鳴らす感じや梶浦由記の楽曲全般にある生楽器の質感や雰囲気がbeyerdynamicの高域の質感と相性が良いから。T1 1stにしなかったのは低域の量感があったほうが曲の感動や実体感が強く感じられるだろうと思ったから。DT1770PROはぶっちゃけ低音過多であんまり好きなヘッドホンじゃなかったんだけど、ずっと聴いてたらなんか耳がなれて好きになった・・・w T1 1stみたいな生楽器のリアルさとEdition9のような実体感を兼ね備えたヘッドホン・・・と言ったらちょっと褒めすぎかもしれないけれど、路線的にはそんな感じのヘッドホン。ただ耳が慣れたらって言うのは悪い意味もあって、このヘッドホンに耳が慣れると他のヘッドホンが全部高音よりでスカスカの音に聴こえてしまう。そういう意味でも突き抜け過ぎてて逆に使い分けに向かないんじゃないかって思う。
 実際聴いた感じはかなり楽しめる相性だった、中〜高域のストリングスの生っぽさはいい感じだし、低音のチェロの濃厚さも良い。ただの低音ゴリ押しじゃない心に響く音楽の感動を伝えてくれるような魔力を持っているヘッドホンかもしれない。





ChouCho ColleCtion“bouquet”(通常盤)
ChouCho
ランティス
2016-05-25

再生環境:PC(YoutubeMusic)→HD-DAC1
ヘッドホン:ANANDA

 ChouChoのベストアルバム。一個前の記事の話の続きみたいな感じなんだけど、これもYoutubeMusicでおすすめに出てきた中で結構好きになったアーティスト。打ち込みだったりバンドっぽい曲だったりアコースティックだったり色々あるけど、明るく爽やかな女性ヴォーカルポップスが多めって辺りが自分の好みに刺さってる。前回の記事のfhanaも結構似たような傾向の曲が多いけど、それを一緒にリストに追加してくれる辺りYoutubeMusicのおすすめ精度は良く出来てるなーって思う。ChouCho自体を認識したのは本当につい最近なんだけど、アニメのタイアップなんかで聴いたことのある曲が結構あった。Chouchoって認識していなかっただけで氷菓とかガルパンの主題歌は結構好きだったね。
 ベストアルバムだけあってどの曲もストレートで分かりやすい曲が多い。強いて言えば「カワルミライ」、「優しさの理由」、「DreamRiser」、「starlog」、「夏の日と君の声」「君へ贈る魔法」、「Starting up」、「piece of youth」、「GloryStory」、「眠れる本能」、辺りが好き・・・・アルバム二枚組のベストアルバムだけあってお気に入りの曲が沢山が上がってしまったけど、本当に聴きやすい良い曲が多いと思う。

 ヘッドホンをANANDAにしたのは楽曲によって相性が良さそうなヘッドホンが分かれそうだったからある程度オールマイティーなヘッドホンが好ましいと思ったから、それと手持ちのオールマイティーなヘッドホンの中では「明るく爽やかな女性ヴォーカルポップス」が単純に相性が良かったから。思ったとおり明るく爽やかな感じは相性が良かった。しっとりした曲も繊細さと高い響きの表現力でしっかり聴かせてくれる辺りは流石。







再生環境:PC(YouTube Music)→HD-DAC1
ヘッドホン:MUSIC SERIES TWO

 最近YoutubeをプレミアムアカウトにしてからYouTube Music(旧Google MUSIC)でPCでのながらで音楽を聴く機会が増えた。好きな曲を高評価していくとAIが自動的に好きそうな曲をプレイリストに追加してくれるんだけど、それでおすすめされたこのfhanaというアーティストが最近のお気に入り。他のアルバムも聴いて結構好きな曲があったんだけど、このシングルに収録されてる「世界を変える夢を見て」という曲が一番最初に聴いた曲で強く印象に残ってる。一点の曇りもない澄み切った青空のような非常に爽やかな曲、前向きで明るい歌詞も凄く良い。

 いつものPCオーディオ構成にヘッドホンはMUSIC SERIES TWO。MS-2にしたのは爽やかな曲調と明るく澄んだ女性ヴォーカルに合うと思ったから。音がバンド調なのもあってかなり相性が良い。キーボードやギターの明るく澄んだ音色も綺麗に出してくれる。やはりGRADOのヘッドホンは便利だ。

久々にブログ更新したついでに、ここ数年で購入したけど記事にしてなかったヘッドホンとかイヤホンの簡単な感想

DT1770PRO
かなり低音よりのドンシャリ。低音の厚み、量、圧力どれもすごい存在感。ただテスラ機種特有の高い制動感が強く、低音の割に全くボヤけない。中域はほどほどだけどまぁ特に変な癖はないけど米屋らしく若干サ行が痛い。高域はかなり硬く細く鋭いけれど、テスラ機種らしく旧来の米屋ヘッドホンのようなザラつきやシャリつきはそれほどでもない澄んだ感じ。低音の存在感とキレの良さを高い次元で両立してる。基本性能も値段なりに優秀。空間表現は特に広くないけど、オーソドックスでわかりやすい。生楽器全般、特に金管系がうまいけど低音の力強さとかスピード感が生きる激しいジャズとかかなり良いと思う。あとはアクション映画とかゲームのサントラとかも。ハンス・ジマーとかかなり合いそー。
20190108_232546
20190108_233047



MDR-M1ST
かなーりフラットだけど強いて言えば若干低音よりのカマボコ。もしくはやや高域が弱いがフラット。MDR-CD900STみたいなモニター臭い音じゃないんだけど、音色や周波数バランスに不自然さや違和感が全く無いという意味ではかなりリファレンスモデルにふさわしいヘッドホンだと思う。分離感とかは特によくも悪くもないし、空間も狭く音がかなり近い。ただ近さもあって情報量はかなり多くて細かい音まで拾える。音楽鑑賞用としては全く使ってないんだけど、他のヘッドホンのレビューするときに比較用に持っておくと便利なように思う。今までいろんなヘッドホンやイヤホンを聴いたことがあるけど「特徴がないのが特徴」ランキング1位を与えても良いと思う。
20190825_221726
20190825_221933
20190904_052747



IE40PRO
つい先日生産終了が発表されたそうで・・・・まぁとりあえず書いておこう。ややドンシャリ、低音が量も厚みもそこそこある。中域は若干引っ込んでるけどまぁ普通に聞こえる。高域はややシャリつき気味だけど中々派手で鮮やか。音源によっては高域がチープに感じたりするんだけど、生楽器系の音楽を聴くと妙にリアルに聴こえる。元気でノリが良い音。もう少しヴォーカルが繊細で上手かったらなーって思うけど安い機種だし及第点なのかなー?
20190418_040801




特に深く考えて買った訳じゃないんだけど全部スタジオモニターモデル。その手のプロじゃないから知らんけど、DT1770PROみたいなぶっ飛んだバランスのヘッドホンでモニタリングってするもんなのか・・・?ミキシング用途とか演奏中やボーカルの人が音合わせで使う用途では全く違ってきそうなもんだけどさ。

このページのトップヘ