最後の更新が2017年7月23日・・・約1年と2ヶ月ぶり・・・。

ブログ更新するネタは結構あったんだけど画像あげ直すのが非常に面倒なのでTwitterからダイジェストで^p^・・・


まず4Kテレビ買った、BRAVIAの2017年モデルの在庫処分だったから結構安かった。フルHDからどう変わったかってよりも24インチTNパネル(ノングレア、SDR)と43インチIPSパネル(グレア、HDR)の違いが相当大きいから正直良く分からん。良く分からんけど映画とかキレイだし、PS4PRO繋いでモンハンワールドやったら結構凄い。やっぱり画素数ってよりはHDR対応のタイトルでのメリハリ感が見応えがあって良いね。ちなみにPCと繋いでトゥームレイダー4Kの最高設定にしたらi7 7700K+GTX1070でもカクカク・・・。今のPC、フルHDで対人ゲームとかやる分にはかなりFPSでるんだけど、4Kにはちと荷が重い・・・RTX2080Tiはまだまだ高いから次の世代に期待かな。あとモーションフローってフレーム補間機能あるんだけど、30FPSのアニメとか見てもヌルヌルに動くからスゲー。これ慣れちゃうとPCでアニメ見るのが結構辛いのよね。AndroidTVだから基本的にネット動画用とPS4PROとSwitchのコンシューマゲーム用になってんだけど、ワールドカップ期間だけ唯一地上波お世話になりました。


次、キーボードとヘッドセット新調。


まずキーボード。毎度おなじみRazerからBlackWidow Chroma V2 Yellow Switchの日本語配列モデル。黄軸なんなのって感じで買ってみたけど、茶軸に近い?青軸とか緑軸みたいなカチカチ感ないのが物足りないけどすぐ慣れた。最近のは光るだけじゃなくて結構パターンがあって無駄な機能だなーってカッコいい。


ヘッドセットはSENNHEISER製のGSP600。ヘッドセットもゲーム用は長らくRazer製を貫いてきたんだけど、やっぱSENNHEISER強いからね、しょうがないよね。基本的にゲーム用はずっと開放型使ってきたんだけど(長時間プレイだと蒸れるし、接触面が痛くなってくるし)、このGSP600は密閉型なのに耳の接触面だけ布製になってて蒸れにくいし、痛くなりにくい。ただ側圧は多少強いので何時間もつけ続けるのは厳しいかなぁー。かなーりフラットだけど若干高音よりか高音よりのドンシャリ、音の分離が良く足音が聴き取りやすい。低音はそんなに量感がないけど厚みと密度と制動感が結構良くて、ゲーム中の臨場感と足音や銃声の情報量の多さを高次元で両立してる。空間表現はシンプルで音の方角が把握がしやすい(ヘッドホン自体の音場が特殊なHD800とかは逆にゲームだと使いづらいのよね)。音の質感はザラザラしたりシャリついたりみたいな癖がないけど、無機質な感じもなくてニュートラル。無機質に感じにくいのは厚みと密度の恩恵かな。どっちかって言うとカッチリした傾向だけどあんまり音の粗を拾わない傾向で聴きやすい。全体的な音の特性も相まってゲーム用途にも普通の音楽鑑賞でもジャンルを選ばなくてかなり使いやすい。さすが天下のSENNHEISER。ここまでサウンドカード直指しの適当な感想。


あとこれ結構最近だけど寝床のタブレット用のイヤホン購入。ソニーの業務用モニターイヤホン、MDR-EX800ST。これ届いたの本当ここ数日だからまだ鳴らし込み中なんだけど、フラットで癖がなくモニター的だけど、メリハリ感と生っぽさで結構なんでも聴ける感じ。まぁほぼほぼ世間の評価どおりの感想なんで今さら語ることもないかな。ダイナミック型のカナル型って結構低音多めな機種が多いからこういうのって希少だと思うし、2万弱で手に入るんだからいい時代だよ。


あと久々にCD買った。記事にするかは未定。


去年に比べたら今年は結構ロード乗ってたけど、夏に入って暑くて乗らなくなったらいつの間にか寒くなってきた・・・。


小口径も"たまには"いいよね。ハハッ。




雪降る前に何回か自転車乗ろ・・・。