うぐぅ〜の隠れ家

ヘッドホンとアニメとゲーム好きのブログです。
ロードバイク始めました。TREK Emonda ALR5とCENTURION MR20に乗ってます。

カテゴリ:ヘッドホン > 音楽とヘッドホン


再生環境:PC(foobar2000)→HD-DAC1
ヘッドホン:DT1770PRO

 FF14のパッチ4.0紅蓮のリベレーターのサントラ。アマゾンのBD版リンク貼ってるけど買ったのはmoraのハイレゾ版。FF14無料期間にうっかり遊んでしまったらなんだかんだで面白くて3年ぶりに復帰。3年も離れてると同じジョブでも結構スキル回しとか仕様が変わってたりして苦労したのに、あと二週間でパッチ5.0漆黒のヴィランズ実装でまた仕様がガラリと変わったり変わんなかったりとかでもう頭が追いつかねぇ・・・まぁ、それでもやっぱこのゲームは本当に面白いね。とりあえずタンクのモチベが高いので漆黒のヴィランズはナイト辺りから触ろうかなぁ。

 曲の方はまぁいつものFF14のサントラ、音質も良好。4.0の物語の舞台がアジア系のマップと砂漠系のマップに大きく分かれてるんだけど、それに合わせて和風の音楽やアジアの民族音楽のようなものが中心。IDのラスボスのBGMとか蛮神のBGMはいつもながら聴きごたえがあるし、何気ない都市BGMもサントラでしっかり聴き込むと細部の響きや作り込みの高さにハッとさせられる、クガネのBGMとか結構好き。

・・・とは言ってもパッチ4.0の内容はかなり駆け足しでクリアしたので、かなりやり込んだ2.0新生エオルゼアや3.0蒼天のイシュガルドと比べるとそこまで思い出深い曲がないのだけど・・・・強いて言えば物語の一区切りとして神龍戦があるんだけど、ストーリーのクライマックス感も相まってそこのBGMはすごく印象的。途中に紅蓮IDのラスボスBGMのアレンジが入るんだけど、そこが凄く高まる。あとはこのサントラには入ってないんだけど朱雀戦の曲(ボーカル南條愛乃)はかなり好き。

 ヘッドホンは買ってからずっと放置してたDT1770。低音の質感が和風の曲の太鼓に合いそうなのと、高域のエッジの効いた音色が民族音楽の弦楽器全般に合いそうな気がしたので。もう少し音場が広い方がこういうゲームとか映画のサントラには合うんだけど、楽器の質感だとか聞き流さずに細部をしっかり聴くにはDT1770も相性が良いと思う。


youtubeにあった蛮神動画↓↓


ファイナルフェイズ6:26〜


ファイナルフェイズ3:04〜

BDZ(初回限定盤A)
TWICE
ワーナーミュージック・ジャパン
2018-09-12

再生環境:SA-15S1→DA-100(DF2)→AT-HA5000
ヘッドホン:edition9

 TWICEの日本での1stアルバム。韓国人5人、日本人3人、台湾人1人からなるK-POPアイドルグループ。K-POPは全く詳しくないんだけど、時々強烈に耳に残って頭から離れないような中毒性の高い曲(少女時代のGeeとか)があるように思う。TWICEの「Wake me up」って言う曲もそんな感じ、じっくり聴いてみたかったタイミングで丁度アルバムが発売で衝動買いした記憶が。ほとんど打ち込みで明るくキラキラした曲が多い。超人気アイドルグループだけあって全体的にキャッチーでわかりやすいというか、すごく王道的なK-POP曲が多い。
 音質はややコンプが強めで細部が粗いが、その割にはメリハリがあってノリが良い。

 ヘッドホンは打ち込みとの相性の良さでedition9、ヘッドホンアンプは最近電源ケーブルを交換したAT-HA5000。アクロリンクの7N-PC4030ANNIVERSARIOってやつにしたんだけど、AT-HA5000の濃ゆい感じはそのままに高域のキラキラ感が加わる、結果的に分離感や情報量は増えるんだけど、この高域はちょっと好みが分かれそうな・・・。AT-HA5000は昔から電源関係の影響を受けやすいって言われることが多いけど、電源ケーブル如きで音が大きく変わるのは設計上どうなのかって・・・まぁどのくらい変わるのか期待して買った自分もいるだけれど・・・。今回のアルバムをedition9で聴く分には程よい刺激って感じ、むしろかなりノリが良く楽しい。edition9はもともと音が濃ゆいのでAT-HA5000で更に濃くするよりはHD-1Lで整えてあげたほうが好みの音なんだけど、こういう突き抜けた音もたまには良い。

モモかわいいと思う



再生環境:自作PC(foobar2000/ASIO2.1)→HD-DAC1(USB/GAIN Low)
ヘッドホン:DT1770PRO

 ClariSのFairy Partyと一緒でポイントで買ったmoraのDL版。大人気アクションゲーム、モンスターハンタワールドのサントラ。発売から長らくやりこんでたのだけどマムタロトのガチャ要素が面倒になって最近はやってない。曲はオーケストラでいろいろな楽器が使用されているが、特に戦闘シーンでのブラスメインの重厚で緊張感のある曲が多い。パーカスやストリングスも効果的に使用されていて、どこかアジアの民族音楽のような雰囲気があるし、モンハンの原始的な世界観とも非常にマッチしているように思う。ゲーム中はTVのスピーカーだったので特に気にしていなかったBGMなんかも、ちゃんとした機材で再生すると、この曲、こんな音も入っていたのかと驚かされる。
 音質はなかなか良い、ダイナミックレンジが広く、楽器の質感や定位の良さがわかりやすいし、変な粗や音割れもなく聴きやすい。

 ヘッドホンは最近購入したDT1770PROを、アンプはダウンロード音源だったのでHD-DAC1。音源に合わせてヘッドホンを選んだってよりは、DT1770PROに合いそうな音源を探していたらたどり着いた感じ。DT1770PROは凄い良いヘッドホンだと思う。非常に大雑把に言うならレガシー機種のDT770やDT990のような実体感の強い低域とT1 1stのような生々しい高域とスピード感を兼ね備えたような機種だと思う。そういう意味ではedition9やTH900なんかと似てるところがあるかもしれないけど、DT1770PROは中域〜高域の質感にbeyerdynamicらしい癖があって生楽器向け。重厚で派手なブラス、エッジの効いたストリングス、実体感の強いパーカッション等、アクション映画やアクションゲームなんかのサントラの戦闘シーンにありがちな、オーケストラ曲と非常に相性が良い。パイレーツ・オブ・カリビアンのテーマとかあーいうやつね。強いて言えば音場が普通なのだけど、他の長所で特に気にならない。
 実際聴いた感じも大体予想通り。T1やedition9に通ずる緊張感のある音色が良い。昔edition9の実体感にT1 1stの生々しい質感、HD800の音場を持ったような機種があったら欲しいってどっかに書いた気がするんだけど、音場以外はかなりいい線行ってると思う。

Fairy Party(通常盤)
ClariS
SACRA MUSIC
2018-11-21

再生環境:自作PC(foobar2000/ASIO2.1)→HD-DAC1(USB/GAIN Low)
ヘッドホン:edition9

 最近でたClariSの5枚目のアルバム。フレッツ光のポイントが余ってて有効期限が切れそうだったので調べたらなんとmoraのポイントと交換できるキャンペーンがやっていたので、それを利用して購入。どうせならって事で96kHzのハイレゾ版。知らない人に簡単に説明すると、女性二人組でアニソンを良く歌ってる人たち。明るく爽やかな歌声で、二人で歌うことによるコーラスっぽさが他にはない独自の魅力を持っているように思う。ClariSは最初のアルバムは持ってて発売されたときにこのブログでも取り上げてて結構好きだったのだけど、アニメを全く見ないことが数年続いた時期があって、全く追えてなかった。で、最近またアニメを結構見るようになって、「エロマンガ先生」とか「はたらく細胞」なんかでタイアップしてて懐かしいなーって思ってた。それらの曲は、まぁ普通に良い曲だなーくらいの感覚だったのでポイントで交換できるならラッキーくらいの気持ちで購入したのだけど、いい意味で裏切られた。ClariSのタイアップ系の曲のイメージは明るく爽やかな曲の印象があったんだけど、8曲目の「パラレルワープ」でこういう曲もあるんだなーって考えを改めさせられた。ハウス調のダンサンブルな曲、ダークなかっこよさがある。
 音質は普通、ハイレゾ謳うならもう少し細部の丁寧さが欲しいとは思うけど、変な音割れとかはないのでノリよく楽しむ分には十分。

 ヘッドホンは打ち込み系ポップスとの相性でedition9。ハイレゾなのでPC+HD-DAC1。最初はボーカルを重視してANANDAやATH-W5000を使ったのだけど高域のシャキシャキした質感が物足りなかったのでedition9に変更。edition9は低域の厚さやキレの良さからくるノリの良さは当たり前のように素晴らしいけれど、ボーカルも思ってた以上にキンキンせず、むしろなかなか瑞々しい表現。合わせる音源によっては結構高域がキツイ組み合わせなんだけど、今回はかなり相性が良かったように思う。気に入った曲の「パラレルワープ」はピアノや低域の輪郭の明確さやアタック感で非常にedition9らしい相性の良さが感じられて楽しめた。




パラレルワープ聴いてほしかったんだけど丁度良い試聴できる所がなかったのが残念・・・アマゾンとかmoraの試聴は切り抜く場所が微妙なんだよ・・・。

見る前に飛べ!(BD付初回限定盤)
鈴木みのり
フライングドッグ
2018-12-19

再生環境:SA-15S1→HD-1L Limited Edition Winter Version
ヘッドホン:Music Series PRO

 声優の鈴木みのりの1stアルバム。声優を良く知らない人もワルキューレのフレイヤって言ったら分かるかもしれない。マクロスΔではあまりなかった穏やかで澄んだ歌い方の曲が結構多いのが嬉しい。あまんちゅ!のOPの「Crosswalk」が出たときにシングルを買おうかかなり迷ったけど、アルバムまで待って今回買った感じ。「Crosswalk」は作曲:北川勝利、作詞:坂本真綾、編曲ストリングス:河野伸と素晴らしいメンツ。結構いろんな曲が入ってるけど、キンキンした明るい曲よりは爽やかで穏やかな曲の方が好み。
 音質は普通、アコースティックな質感が比較的感じられる点が良い。

 ヘッドホンは「Crosswalk」だけならSRH1840が合いそうな気がしたけど、明るくシャキシャキした曲も結構入ってたのでMS-PRO。ANANDAでも良かったけど、「Crosswalk」にMS-PROはピンポイントで合いそうな気がしたので。上手く説明できないのだけど北川勝利の楽曲とMS-PROはフィーリング的な部分で雰囲気の相性が良い。アンプはMS-PROに合わせてHD-1L。久々にMS-PROを使ったけど明るい曲もしっとりした曲も上手く鳴らしてくれた。ヴォーカルやアコギ、ストリングスの質感が非常に良い。





再生環境:SA-15S1→DigitalLinkIII(192kHz)→GCHA
ヘッドホン:edition9

 たまたま中古屋で見つけたアニメ「ソードアート・オンライン」の4枚組のサントラ。ディスク1がアインクラッド編、ディスク2がフェアリーダンス編+エクストラエディション、ディスク3がファントム・バレット編、ディスク4がキャリバー編+マザーズロザリオ編、そしてBDには梶浦由記(と言うよりほぼFictionJunction)によるSAOのイベントのライブ映像。まぁアニメのサントラなのでいろいろな曲が入ってる。壮大なテーマや戦闘シーンの激しい曲、ゆったりとしたピアノのバラード。ただあまりにも曲数が多すぎる上に似たような曲だらけなのが難点、SAOファンや梶浦由記のファンなら楽しめる内容だとは思う。SAOのメインテーマとそれらのアレンジは結構かっこいい。ディスク毎にアインクラッド編は王道的、フェアリーダンス編はちょっと爽やか、ファントム・バレット編はハードで重たい、4枚目はいろいろって感じでそれぞれに統一性がある。とは言えやっぱり曲数が多すぎるのと似たような曲やら似たようなアレンジが多いので、ガッツリ聴き込むってよりはディスク単位で流して聴く方が向いてると思う。ガッツリって意味だとBDのライブ映像は選曲がなかなか良いのでおすすめ。まぁライブ映えする曲選んでるから当たりまえか。
 音質は結構良い。打ち込みとキーボードメインだけど、他にも生楽器が結構多用されてる。ダイナミックレンジがなかなか広く、楽器の質感はサントラ用途なりに粗が抑えられてるけど不自然な滑らかさはないし、なかなか楽しめる。

 ヘッドホンはこういうアニメやゲームのサントラはいつもならHD800なんだけど、たまには志向を変えてedition9を使ってみようかなーと。DigitalLinkIII+GCHAを使ったのはedition9単体だとタイト過ぎて壮大さや音の広がりに欠ける所があるので。edition9にこの組み合わせはほとんど使ったことがないんだけど、edition9でこういうスケールの大きい音楽を聴くならありだと思う。適度な柔らかさがあってピアノや弦楽器は持ち前の実体感に加えて表情が豊か。戦闘シーンやメインテーマは持ち前の力強く勇ましい音色が合う。

七色の空を
SONOROUS
JVCエンタテインメント・ネットワークス
2007-09-21

再生環境:SA-15S1→DigitalLinkIII(192kHz)→GCHA
ヘッドホン:HD650(Zu mobius mk2)

 最近、急に寒くなってきたのでなんだかそれっぽいイメージの曲が聴きたいなーって思ってCDラックを眺めてて、ふと目が止まった一枚。ARIAのアニメのOVAのOPとEDが入ってるシングル。当時のアニメとオーディオが両方好きな人には結構話題に上がってたARIA(サントラとか牧野由依とか)だけど、このCDはOVAのもので結構マイナーだと思う。例に漏れず癒し系、OPはサントラを手がけてたChoro Clubがプロデュース、弦楽と女性ヴォーカルの柔らかく温かいゆったりとした曲。EDは灯里役の声優の葉月絵理乃をヴォーカルに、最近ではいろいろ手広くやってるROUND TABLEの北川勝利がプロデュース、とても癒やしのある声質が魅力。どちらの曲も非常に柔らかく温かみのある曲。
 音質はOPの「七色の空を」はサントラのようにかなりこだわって作られた感じがする。弦楽の柔らかな響きが心地よい。EDの「明日、夕暮れまで」はOPに比べちゃうと普通だけど楽器の質感は感じられるし特に問題なく聴ける。

 ヘッドホンは最近使ってなかったなーと思ってHD650、温かみや癒やしの点ではLCD-3も中々なんだけど装着感が悪すぎて全く癒やされないのが難点すぎる・・・・。アンプは普通に選んだらHD-1Lなんだけど、どうせならってことでこっちも使用頻度低めのGCHA。HD650とGCHAの組み合わせは聴く曲を間違えたらマイルド過ぎて塗りつぶしたような感じになることもあるのだけれど、こういったゆったりした曲を心地よく聴くなら結構ありなんじゃないかって思う。前に聴いた時は低音がくどいイメージがあったんだけど、曲との相性が良かったのか、Zuケーブルで高域が良く出てるからなのか・・・低域は圧迫感がなく非常に柔らかく広がり、高域は非常に繊細かつマイルドになりすぎないようないい感じアクセントのがある。ピアノやギターは心地よくも輪郭や質感は感じられるし、不自然さがない。身を委ねたくなるような心地よさで、久々にHD650らしい音を聴けた気がした。



canoue chronicleII
canoue
2018-08-29

再生環境:自作PC(foobar2000/ASIO2.1)→HD-DAC1(USB/GAIN Low)
ヘッドホン:ANANDA

 いつの間にか出ていたcanoueの2ndアルバム、以前に取り上げた1stはこちら。canoueは霜月はるかと日山尚とMANYOの音楽ユニット。今回も方向性は変わらずファンタジーな曲調に物語性の強い歌詞が魅力的。歌詞カードを見ながら聴いていると時間があっという間に過ぎる。様々な生楽器が多用されている点も変わらず嬉しい。
 音質は楽器の質感はよく出てるんだけど、もう少しコンプが弱くてダイナミックレンジが広かったら嬉しかったような、たまに音が潰れたように感じられる部分がある・・・なんて思ってたらハイレゾが出るらしいけど流石に手が出ねーよ・・・。なんちゃってハイレゾじゃなくてちゃんとマスターテープから作り直すみたいだからすごい良さそうなんだけどさ。

 実はこれ、買ったばかりのANANDAで適当にPCで聴いてたら止まらなくなってしまい、結局そのまま最後まで・・・。ANANDAの現状の感想はとにかく自然でバランスが良く、その上で情報量の多さと空間表現能力に優れる。特に情報量はとても素晴らしく、弦の震える感じや柔らかなピアノタッチ、響きの余韻なんかの繊細な描写にゾクゾクする。空間表現はLCD-3と比較しても一回りくらい広く、更に平面駆動型特有の鳴り口の広さに加えて、妙な奥行きや立体感を感じる。残響音の表現が上手いのか、莫大な情報量が為す技なのか、理屈はわからないけれど、言葉では説明しきれないくらいとにかく凄い。あとふわふわとした浮遊感がある割りには変な臨場感があったり、音像が大きいからなのか、やっぱり情報量の多さが凄いのか・・・・?音楽への没入感、あるいは音楽との一体感と言った点では最高レベルの実力があり、ソースによっては音楽ジャンルとの相性を越えた魅力があるように思う。
 聴いた感じはヴォーカルと弦楽器が非常に繊細で透明感があって良かった。特にゆったりとした神秘的な曲が格別に合う、響きの表現が美しい。それでいてノリのいい曲も躍動感があって明るく爽やかに聴かせてくれる。もう少し暗さや重さが欲しい曲もあったかもしれないけれど、そんなのが気にならないくらいに音楽に自然と集中させられるような音がする。

公式の試聴

ジャンルレス THE BEST
石川綾子
TURTLE MUSIC RECORD
2017-09-13

再生環境:SA-15S1→DA-100(DF1)→AT-HA5000
ヘッドホン:ATH-W5000

久々にブログ更新したので、三日坊主で終わる前に貯まってたCDのレビューをちょっとずつ消化しようかと。いつまで続くかは不明・・・。

 一部のアラサーニコニコ動画世代には非常に有名なヴァイオリニスト(?)の石川綾子。アニソンの「演奏してみた」動画をニコニコ動画に上げてた。タグに毎回「プロの犯行」って付けられてたのは今でも良く覚えてる。Youtubeにも結構動画あげてて今でも良く見るんだけど、そういえばCD持ってないなーと思ってアマゾンで調べて、選曲が良さげなこのアルバムを購入。・・・・あとから気がついたんだけど実は最初のクラシックのアルバムは持っててこのブログでもしっかりとりあえげてた・・・。まぁそっちのアルバムはクラシックのアルバムなので全く別物なのだけど。

内容曲はこんな感じ
1. 初音ミクの消失
2. 千本桜
3. 六兆年と一夜物語
4. HE'S A PIRATE
5. 君をのせて
6. NEVER ENDING STORY meets CANON
7. 君の知らない物語
8. only my railgun
9. コネクト
10. Merry Christmas Mr. Lawrence
11. 『PASSION』
12. 糸
13. CHILD'S ANTHEM - TOTO
14. 『誓い』-石川綾子オリジナル
15. 四季より「夏」-ビバルディ

これ以外にもいろいろ演奏してみた系のアルバムは出てるんだけど、このアルバムはその中から人気の曲を集めたベスト盤。有名所を抑えてて聴きやすい。個人的には「君の知らない物語」「only my railgun」「コネクト」が直撃世代なのですごく嬉しい。音質は曲によりけりだけど、全体的に粗がなくメリハリがあって気持ちの良い音質。ただ良い意味での生楽器の粗っぽさみたいなのがあまり感じられないのがちょっと残念と言えば残念。


 ヘッドホンはいろいろ試して最終的にATH-W5000に。アンプはATH-W5000がずっと刺しっぱなしになってたAT-HA5000・・・。ちなみに他のヘッドホンはT1とMusic Series PROは音色は良いんだけどヴァイオリン以外が目立つような感じがした。T1はあと高域の金属的で芯の通った感じが今回のアルバムとはあってないような感じがした。HD800は非常にハイレベルなんだけど主役のヴァイオリンがあまり目立たない。SRH1840はかなりヴァイオリンが前に出てくる上に音色が自然で良かったんだけど、もう少しが華やかさが欲しかった。
 さて、そんな感じで選ばれたATH-W5000、このヘッドホンは個人的に凄い好きなヘッドホンの一つなんだけど、高級ヘッドホンとは思えないほど変なバランスで、女性ヴォーカルやヴァイオリンがかなり前に出てくる特徴がある。音色の質自体は非常に繊細でハリや透明感があって、特に今回のアルバムみたいなヴァイオリン主体の曲をヴァイオリン中心に聴く場合には相性バツグン。AT-HA5000との相性も相まって、低域があっさりしてる割には凄い鮮やかで濃い音がする。良くATH-W5000は分析的でつまらない音と評されることがあるけど、この組み合わせで聴くこのアルバムはものすごく伸びやかでご機嫌な音を奏でてくれる。








再生環境:自作PC(foobar2000/ASIO2.1)→HD-DAC1(USB/GAIN Low)
ヘッドホン:HD800

 どうも、お久しぶりです。前回から約9ヶ月ぶりの更新、ヘッドホン関係の記事としては約1年振り・・・。最近は自転車にもあんま乗ってなくてゲームばっかりやってます・・・これはまずいと思ってランニングしたら2kmも行かないうちにバテました\(^o^)/ 翌日見事に筋肉痛・・・/(^o^)\ この筋肉痛が治ったら本気出す・・・。

 閑話休題、今年の2月に発売されたゲーム、NieR:Automataのサントラです。Amazonのリンク貼ってるけど、買ったのはmoraのハイレゾ版。ゲームはオープンワールドアクションRPGで荒廃した地球が舞台、人類側が製造したアンドロイド兵士と異星人が製造した兵器「機械生命体」による代理戦争然とした戦いと、その中で主人公たちが世界の真実と自分たちが生まれてきた意味を知っていく様子が描かれる(wikiより)。その為、荒廃した文明都市や雄大な自然を彷彿させられるような楽曲が多め。勿論サントラなので、戦闘シーンの緊張感のある曲からふんわりとした柔らかい曲まで色々入ってる。民族音楽調の楽曲が多いのがポイント。
 音質はかなり良い・・・と思う。正直な所、最近オーディオに触れてなかったからHD800で音楽聴くと全部高音質に聴こえてしまう・・・^p^

 ハイレゾなのでPC+HD-DAC1、ヘッドホンは壮大さを出したかったのでHD800。質感だけならT1とかProline2500だろうけど、ゲーム攻略中に感じた広大で美しいマップのイメージからHD800クラスの空間表現は欲しいかなぁーと。実際に聴いてみた感じは・・・・やっぱりHD800は凄いなーって言うのが正直な感想^p^・・・T1とかLCD-3でも聴いてみたい所。それにしてもいい曲が沢山、Amazonレビュー数が105あって平均が☆5って凄いと思うし、実際に納得できる内容。

ゲームの公式PV


戦闘PV

このページのトップヘ