基本的に購入したもの、もしくは長期間貸して頂いてじっくり聴いたやつだけ。
昔の記事ほど読みにくいし超適当、あんまり愛着無い機種はレビューってより感想文程度の物も。
あと、記事になってない機種でも良く覚えてる機種はメモ程度に説明付けておいた。

・手持ちのヘッドホンとアンプの相性
手持ちのシステム全体の感想がまとめてあります。こまめに更新中。

・ヘッドホン&イヤホン
AKG
K181DJ
K240S
K501
K601

K402
つきじ氏からGCHAのオマケに貰ったやつ。昔有名だったK24Pの系統を継ぐ音。明るく軽やかで爽やか。ポップスが上手い。

ALESSANDRO
MUSIC SERIES ONE+ラージパッド
MUSIC SERIES TWO
MUSIC SERIES PRO
MUSIC SERIES TWO/PRO比較

AUDEZ'E
LCD-3(Fazor Technology)
LCD-3追加レビュー

Audio Interu
A900UST
EXH-313

audio-technica
ATH-A2000X
ATH-AD2000
ATH-A900LTD
ATH-EC700Ti
ATH-SX1a
ATH-ES7
ATH-W1000
ATH-W2002
ATH-W5000

ATH-A900
ハードオフで5000円の中古で買った。ヘッドホンマニアの中ではベストオブ無難なんて言われてたけど明るく硬い音はゆかりんとか佐倉紗織とかに結構合ってたと思う。あんまり使ってなかったからAudio Interuに頼んでUST化。

ATH-WS99
低音よりのドンシャリ、それなりにキレも良くノリが良いんだけど籠り感が気になった。Edition9の影に隠れて全く使ってなかったので売却。

beyerdynamic
CUSTOM ONE PRO
DT660 Edition 2007
DT880 Edition 2005
DT990 Edition 2005
T1
T90
T1とEdition9の比較

CREATIVE
Aurvana Live!(HP-AURVN-LV)

Aurvana Air(EP-AVNAIR)
ATH-EC700Tiよりもレンジが広く厚みやメリハリがある。音の分離が非常に優秀で開放型イヤホンとは思えない程の厚みも魅力。明るいキャラクターで打ち込み系と相性がいい。7000円で購入したけど、それでも安いと感じる。

Etymotic Research
ER-4S
カナル型。非常にフラットで繊細な音。透明感がある。AKGやSTAXに似てる。線が細く分解能もイヤホンとは思えない程高い。インピーダンスが高い為据え置きのヘッドホンアンプにそのまま繋いでもしっかりとドライブ出来るし、環境の底上げにしっかりと反応してくれるすごいやつ。遮音性が高いから移動時の使用は計画的に!

HiFiMAN
ANANDA
HE-400

KOSS
Porta PRO

KSC75
ドンシャリでノリが良い。明るく軽快で愉快な音を鳴らす。銘器ポータプロと同じユニットを使っている。高校3年から使い続けたけど、5年目くらいでついに断線してお亡くなりに・・・。次買うときはポタプロ欲しいな。

DENON
AH-D2000
AH-D7000

FOSTEX
TH600
TH900

Pioneer
SE-A1000

Roland
RH-300

PHILIPS
SBC HP1000
柔らかく滑らかで温かみがある音。弦楽器やしっとりした女性ヴォーカルが美しい。ロックや打ち込みなんかは高域がシャリつきまくって安っぽくなるし、そもそも音が柔らかすぎて合わない。

SBC HP830
HP1000とは逆で明るく元気な音。ポップスや打ち込み、ロックも中々。高3の時にこれ買ってヘッドホンスパイラルに陥ってしまった。

SHP8900
SE-A1000やProline2500と似たような鮮やかでザラザラした音を鳴らすけど、前述の2機よりも明るめでキレが良い。その点ではSR-225やDT660 Edition 2007に似てると感じる事も。ヌケの良さの割りにはかなり圧力のある鳴らし方が評価されてたけど、当時お気に入りのDT660 Edition 2007 と音色が結構似てたので、次第に使わなくなってしまい友達に売った。

SENNHEISER
HD25-1
HD595
HD650
HD650ケーブルとアンプによる変化
HD800

SONY
MDR-7506
MDR-EX800ST

STAX
SRS-2050A

SHURE
SE530
SRH1840

E4c
カナル型。明るく明瞭でメリハリのある音がする。キレやスピード感に加えて厚みや圧力もしっかりある。かなりノリが良い。

SRH750DJ
かなりフラットだけど若干ドンシャリ。DJ用にしてはかなりバランスが良い。キレが良くスピード感がある、高域は若干粗っぽいけど、値段を考えたら許容範囲。打ち込みがかなり上手い。Edition9の影に隠れて全く使ってなかったので売却。

ULTRASONE
Edition9
Proline2500
PRO900とProline2500
Signature DJ
T1とEdition9の比較

DJ1PRO
ドンシャリで明るく弾けるような音色が特徴的。中高域の鮮やかな音色がシンセサイザーに良く合う。I've Soundとの相性◎。ATH-AD2000+AT-HA5000の音にハマって全く使わなくなったので売却。

HFI-780
友達が買ったやつなんだけど、AT-HA5000との相性の良さから我が家に置いたままになってることが多かった機種。DJ1PROと似たような傾向だけど、より締りがあり高域が硬く鋭い。

Victor
HP-M1000
HP830の次に買ったヘッドホン。ドンシャリで音が太く超低域までしっかりと厚みがある。打ち込みと相性が良い。やや付帯音が多くシャラシャラした音。RH-300と周波数特性が似てるけど、RH-300の方が付帯音が少ない点とヴォーカルが上手い点で競合して敗北したので友達に売り払った。

HP-RX500
高2くらいの時に初めて買ったオーバーヘッド型のヘッドホン。3000円くらいと安い上に装着感が良かったからPCで夜アニメ見るために買った。一応まだ壊れずにあるw 今聴いてみると、HP830やKSC75みたいに値段の割にはかなり良い音を鳴らすって機種じゃなかったから、いかにも安物ヘッドホンって感じの音に感じる。けど、やっぱり装着感は良い。

・プレイヤー&DAC
Audio Interu DenDAC
某所で有名なったUSBヘッドホンアンプ。1万円くらいだったかな。
高音よりのカマボコで低音は控えめ、低音が控えめではあるけど硬い音って感じはしなくて、むしろアナログチックで柔らかい音色。高音がかなり細くて繊細なのが好印象。インピーダンスの高いヘッドホンで録音レベルの低いソースを聴くと音量が満足に取れない、得意分野のヒーリング音楽や女性ーヴォーカルものは大体問題ないレベル。 SA-15S1買ってから使ってなかったから友達に売った。

CEntrance HiFi-M8 レビュー(レンタル品)

LUXMAN DA-100

Marantz SA-15S1
SACDプレイヤー。SE-U55SXにAT-HA5000はちょっと勿体無いって事でHe&Biさんに日記で勧められて買った。ヘッドホン端子の評判の高さもヘッドホンヲタにとっては魅力。透明感のある繊細な音が良い。

Marantz HD-DAC1

ONKYO SE-U55
SE-U55SXの前のモデルSE-U55SX売った後に何故か違う人からタダで貰った。殆どまともに使ってない。DA-100の比較用に引っ張りだしてみたけどあんまり良い印象がなかった・・・・。

ONKYO SE-U55SX
ONKYOの安価なUSB接続のDAC。内部はほぼ銘器SE-200PCI譲りのものらしい。USB接続は大したことないけど同軸接続やPS3からのアップサンプリング入力だと中々瑞々しい音だった。SA-15S1購入に伴い使用頻度が激減。AT-HA20と合わせて圧縮音源とか聴くのに簡易PCオーディオシステム作ってみたけど結局使わなかったから一緒に売却。

PS Audio Digital Link III
同社のGCHAと同時期に購入。カッチリした定位や解像感はないけど自然に広がる広大な音場が特徴的。

・ヘッドホンアンプ
手持ちのヘッドホンとアンプの相性←各レビューよりも上手く纏まってると思う
audio-technica AT-HA5000
Intercity HD-1L Limited Edition Winter Version
CEC HD53R ver8.0

audio-technica AT-HA20
安価なヘッドホンアンプ。1万円くらいで買った。
フラットで癖がないが高域にしろ低域にしろあまりしっかり伸びきっては居ない。やや霞んだ音で密度や厚みに欠ける傾向。音に生き生きとした感じや生生しさがなくのっぺりとしている。ただなんとなく音が出てくる感じで魅力に欠ける傾向。ただ大きな癖は無いし、インピーダンスの高いヘッドホンも十分な音量が取れるので入門用と割り切ればコストパフォマンスは十分高い。SA-15S1買ってからあんまり使わなくなったから売却。

Cayin HA-1A
真空管ヘッドホンアンプ。デフォルトだとノイズも酷いけど押し出し感とスケール感が凄い。真空管を変更すると滑らかで落ち着いた音になることが多い。SA-15S1を購入してから使用機会がかなり減ったので売却。今思うと真空管交換した状態のHA-1AはHD-1Lの性能下げたような音だったかもしれない。

PS Audio GCHA
同社のDigital Link IIIと同時期に購入。同社がアナログの音目指したと言うだけあって暖色系の柔らかい音色のアンプ。単品だとやや見晴らしが悪く曇った音だけど、DLIIIとバランス接続することで見晴らしや情報量が非常に良くなり広大で温かみ溢れる音色となる。T1やHD800のようなヘッドホンと相性が良い。