スポーツ報知の競馬系コンテンツ『競馬ブログ「現場発POGブログ」』の情報を調べていきます。

記者は山本武志と内尾篤嗣の2名で書かれているブログです。

2013年7月まで内尾篤嗣記者も更新していましたが、7月21日の記事を最後に更新がされていません。 結びの言葉が「では、また。」となっていますが急な異動などでしょうか?現在は山本武志記者が単独でブログを更新されているようです。

ブログ内コンテンツはタイトル通りPOGに向けた2歳、3歳馬のデータをチェックということです。 とはいえデビュー前の馬ばかりでなく”現場発”の実戦での情報もレビューされているため、将来生きてくる情報があるかもと思い、POG自体は余り熱心にやってはいないのですが、このブログに目をつけました。

スポーツ報知のウェブサイト、競馬カテゴリーにはあまりこれといった情報はないのですが、やはりPOGに向けた記事が多いようにかんじますね。POGに力を入れているのでしょうか。

POGをターゲットにしたブログではないので詳細は触れませんが、POGをご存知でないという方のために軽く説明を。

POGとはペーパーオーナーゲーム(Paper Owner Game)の頭文字をとった略語で、架空の馬主となり、実在の馬の獲得賞金などを競うといういわゆるシミュレーションゲームです。

テーブルトークRPGがコンピューターの普及に従いRPGとして一世を風靡したように、POG自体は古くから行われていた遊びなのですが、賞金の計算の煩雑さやプレイヤーの人口の少なさからあまり陽の目を浴びることのない遊びでしたが、インターネットの普及に伴い、コンピューターが成績を自動で計算し、全国規模で同時に参加者を集めることが可能なので、プレイ人口の少なさもカバーできるということから新たに人気が再燃したといった形です。

さて、脇道にそれてしまいましたが、POGは単なる遊びのように思われがちですが、長く競馬を楽しむならば新馬の情報は必ず将来の重賞などで生きてくる情報となります。がっつりPOGをやれというわけではなく、POGのための情報だからと言って実戦に必要のない情報だとは限らないということですね。

特にクラシックのシーズンになると思わぬダークホースに人気馬が苦杯をなめることがよくありますが、POGプレイヤーからするとダークホースとも言えず、ようやく目が出たか、といった感触ということは少なくありません。

素質馬を見落とさないためにも、こういった情報を今後は積極的に取り入れていきたいと思います。

☆ 当たる競馬予想 ☆

競馬初心者や経験の浅い人にも楽しめる競馬予想サイト登場♪

当たる競馬予想