2012年08月27日

レポートの書き方 表紙

レポートの書き方 表紙

レポートは読書感想文とは違うので、最初にレポートとはどういうものなのかをしっかりと理解しておくことも大切です。

文学、文系、哲学などテーマを決めておきましょう。

読みやすさを考えて、背景との関係もしっかりと考えて文章を構成していきます。

レポートの例文や見本は、インターネットでも沢山確認できますので、いろいろ比較してどのように書いたらいいかを参考にすることもできます。

大学レポートの書き方

レポートがどういうものなのか、という基本編~応用編までをとてもわかりやすくまとめています。

レポートの書き方がわからない人にもオススメです。

レポートに表紙をつけるよう指定されている場合は、必ず表紙をつけましょう。

レポートの書き方

レポートの表紙を付けるときに参考になると思います。

表紙にはタイトルや、日付・名前も書くので忘れないようにしましょう。

表紙だけでなく、目次の例も紹介していますね。

表紙を付ける場合は必ず目次もセットになるので、忘れないようにしましょう。

目次には、わかりやすいように一番上に目次と大きく書いておくといいですね。

私がオススメする楽天市場の商品紹介コーナー

【実例110】レポート・報告書の書き方とコツ

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術

あたりまえだけどなかなかできない文章のルール

そのまま使える!報告書・レポートのすべて

ロジカル・ライティング

houkoksy at 13:30 
報告書 雛形 | 報告書 様式