2016年01月27日

IMG_0939













「無慚愧(むざんぎ)は名づけて人(にん)とせず、名づけて畜生(ちくしょう)とす。」(聖典p275)

●前回に続くお言葉です。私たちは、悪意がなくても人を踏みつけ、迷惑をかけ、他のいのちを奪い、多くの罪をつくって生かされています。そのことに気づくには真実のみ教えに出遇うことが必要です。慚愧なきものは人になりきれていないという厳しい指摘に頭が下がるばかりです。また、人として生まれてきた意味は、教え(仏法)に遇うことである、ということを改めて思います。

(15:11)

2016年01月11日

IMG_4755a




















「二つの白法(びゃくほう)あり、よく衆生(しゅじょう)を救(たす)く。一つには慚(ざん)、二つには愧(き)なり。慚はみづから罪を作らず、愧は他を教えてなさしめず。慚はうちにみづから羞恥(しゅうち)す、愧は発露(はつろ)して人に向かう。慚は人に羞(は)づ、愧は天に羞づ。これを慚愧(ざんぎ)と名づく。」(聖典p275)

●『涅槃経』からの引用のご文です。罪多きアジャセ王子にギバ大臣が語りかけ、お釈迦さまの前に導いていくご文です。煩悩にしばられ思い通りにならないことを苦しむ我が身こそが、阿弥陀如来の救いのめあてです。如来の願いに照らされて、常に我が身を慚愧していくところにまた、如来の大悲の深さとの出遇いも重ねられていくことでしょう。





(22:37)

2015年08月26日

IMG_4911a




















「まことに知(し)んぬ、悲しきかな愚禿鸞(ぐとくらん)、愛欲(あいよく)の広海(こうかい)に沈没(ちんもつ)し、名利(みょうり)の太山(たいせん)に迷惑(めいわく)して、定聚(じょうじゅ)の数(かず)に入ることを喜ばず、真証(しんしょう)の証(さとり)に近づくことを快(たの)しまざることを、恥(は)づべし傷(いた)むべしと。」(聖典p266)

●親鸞聖人ほど自分自身を深く見つめられた方はいません。それもじっと考えるのではなく、厳しい修行に身を置くことで、自らさとりに近づこうとする傲慢な心(仮)を知り、民衆の中に身を置くことで、先入観にしばられている偏見の心(偽)に気づいていかれたのです。そしてご自身の恥ずかしく傷む心の底にも阿弥陀如来の本願は絶えずはたらき続けているのです。

(22:09)

2015年07月31日

IMG_4923a




















「偽(ぎ)といふは、すなはち六十二見(ろくじゅうにけん)・九十五種(くじゅうごしゅ)の邪道(じゃどう)これなり。」(聖典p265)

●偽の宗教とは、仏教以外の占ったり拝んだりするにせものの教えです。しかしそれは、我が身のことを明らかにすることなく、まわりを偏見したり、すがり拝んだりするわたくし自身の弱さにもつながっています。真の教え(念仏の教え)は、そのようなわたくしのいのちの柱となり、迷うことなく歩んでいく道を示してくださるのです。

(23:52)

2015年07月20日

IMG_4902a




















「仮(け)といふは、すなはちこれ聖道(しょうどう)の諸機(しょき)、浄土の定散(じょうさん)の機(き)なり。」(聖典p265)

●仮の宗教とは、話としては道理が通るが実際にさとりを得ることはできないという教えです。それは自力聖道門や自力念仏の人であります。さらにそのことはわたくし自身の自らの力を過信するおごりの姿勢でもあります。そして、その正しくない姿勢に気づかせてくださるのが、真の教え(念仏の教え)でもあります。

(19:05)

2015年07月16日

IMG_0219














「しかのみならず金剛心(こんごうしん)を獲(う)るものは、すなはち韋提(いだい)と等しく、すなはち喜(き)・悟(ご)・信(しん)の忍(にん)を獲得(ぎゃくとく)すべし。これすなはち往相回向(おうそうえこう)の真心徹到(しんしんてっとう)するがゆゑに、不可思議(ふかしぎ)の本誓(ほんぜい)によるがゆゑなり。」(聖典p264)

●金剛の信心を得た念仏の行者は弥勒菩薩と同じ位につくと同時に、『観無量寿経』に出てくる韋提希夫人と同じように苦しみを転じて、阿弥陀如来の救いを喜び(喜忍)、阿弥陀如来の本願を領解し(悟忍)、阿弥陀如来の信心を疑いなく受け入れる(信忍)ことができます。それも阿弥陀如来の真実心がホオッておけないわたくしに到り届いてくださる不可思議なのです。いつでもどこでも阿弥陀如来に見守られているわたくしでありました。

(17:33)

2015年07月12日

P1020896a












「まことに知んぬ、弥勒大士(みろくだいじ)は等覚(とうがく)の金剛心(こんごうしん)を窮(きわ)むるがゆゑに、竜華三会(りゅうげさんね)の暁(あかつき)、まさに無上覚位(むじょうかくい)を極(きわ)むべし。念仏の衆生は横超(おうちょう)の金剛心を窮むるがゆゑに、臨終一念(りんじゅういちねん)の夕(ゆうべ)、大般涅槃(だいはつねはん)を超証(ちょうしょう)す。ゆゑに便同(べんどう)といふなり。」(聖典p264)

●念仏の行者は弥勒菩薩と同じ等覚の位、つまり必ず仏(如来)にならせていただける正定聚不退転の位にあります。弥勒菩薩は自力の修行で到達した位であるのに対して、私たちは阿弥陀如来のご信心によりいただいた位です。ましてや、56億七千万年後に仏になられる弥勒菩薩より先に、煩悩を抱えたままで近々仏にならせていただけるとは、本当に不思議なことです。

(18:48)

2015年07月09日

IMG_0505














「真(しん)の仏弟子(ぶつでし)といふは、真の言(ごん)は偽(ぎ)に対し仮(け)に対するなり。弟子とは釈迦(しゃか)・諸仏(しょぶつ)の弟子なり、金剛心(こんごうしん)の行人(ぎょうにん)なり。この信行(しんぎょう)によりてかならず大涅槃(だいねはん)を超証(ちょうしょう)すべきがゆゑに、真の仏弟子といふ。」(聖典256)

●世の中は多様化といわれる時代になりました。多くの価値観の違いを認めながら生きることが必要な時代です。お互いの価値観を認めるには、自分自身の価値観がしっかりはっきりしていなくてはなりません。真の仏弟子とは、阿弥陀如来の金剛の信心をいただいき、お釈迦さまや諸仏の教えに支えられながら浄土往生への道を歩む者を言います。わたくしの自己肯定感(自尊感情)にも通じるところがあります。

(17:36)

2015年07月04日

IMG_0478a




















「四流(しる)とはすなはち四暴流(しぼる)なり。また生老病死なり。」(聖典p255)

●四暴流とは、煩悩の流れのことです。また、それは生老病死のように逃れることができない迷いの苦しみです。前回お話ししたように、阿弥陀如来のご信心(名号)は智慧と慈悲のはたらきですみやかにその流れを断ち、迷いから私たちを救いとるのです。南無阿弥陀仏。


(17:06)

2015年07月03日

IMG_0474a














「横超(おうちょう)とはすなはち願成就一実円満(がんじょうじゅいちじつえんまん)の真教(しんきょう)、真宗(しんしゅう)これなり。」(聖典p254)

●横超とは、善導大師の「横超断四流(おうちょうだんしる)」からのお示しであり、阿弥陀仏のみ教えは回り道をすることなくすみやかにまた平等にさとりをえることを意味しています。厳しい修行による成仏も尊いことですが、それではすべてのものが成仏することはできません。善悪・賢愚を超えて信心(お念仏)ひとつで隔てのない救いを真実とお示しいただいたことにただ頭が下がることです。

(23:23)

2014年03月05日

0567




















「三心(さんしん)すなはち一心なり、一心すなはち金剛真心(こんごうしんしん)の義(ぎ)、答へをはんぬ、知るべしと。」(聖典p253)

●第十八願の「至心・信楽・欲生」の三心は、信楽つまり信心(一心)におさまります。すべてのものがくずれ失われていく(無常)中で、どんな時代でも決してくずれることのない金剛の信心が、私たちの往生(さとりを得る道)を決定させる因なのです。お寺でその道を聞いてください。

(12:55)

2014年02月05日

IMG_0156














「この心(しん)すなはちこれ無量光明慧(むりょうこうみょうえ)によりて生ずるがゆゑに。」(聖典p252)

●信心は金剛心や大慈悲心などいろいろな呼び方をされますが、そのどれもが阿弥陀如来の智慧(無量光明慧)から生じて、わたくし達に回向された信心です。

(22:19)

2014年01月27日

P1020189










「十に正定聚(しょうじょうじゅ)に入る益なり。」(聖典p251)

●これまでの九つの利益は、この正定聚の利益を開いたものといえます。
信心をいただいたわたくしは、阿弥陀如来の本願力によって、現生(今ここ)で摂取不捨の利益にあずかり、不退転の位(必ず成仏する位)に決定するのです。
信心をいただくことが、まさに「聖人一流の御勧化のおもむきは、信心をもつて本とせられ候ふ」浄土真宗の肝要であります。

(22:38)

2014年01月23日

IMG_0262














「九つには常行大悲(じょうぎょうだいひ)の益」(聖典p251)

●常に大悲を行ずる。親が子に伝えるものをもっていないと言われる日本人。私たちが現在よりどころとしているものは必ず失われていきます。絶対に失われずくずれない真実信心(南無阿弥陀仏)を子や孫、友人に伝えていってほしいと願います。

(22:00)

2014年01月20日

IMG_0246














「八つには知恩報徳(ちおんほうとく)の益」(聖典p251)

●文字通り恩を知り徳を報謝するということです。
わたくしたちの娑婆世界は我が強い世界ですから、恩を恩とうけとることはなかなかできません。わたくしも(父)親を亡くしてからやっと親の恩が少しわかった気がします。
阿弥陀如来の智慧と慈悲のお心(本願=信心)をいただくことで、多くのご恩に気づき、如来のお心を讃え勧めることが報謝の生活といえるでしょう。

(13:06)

2014年01月16日

IMG_0140













「七つには心多歓喜(しんたかんぎ)の益」(聖典p251)

●信心をいただくと、心に多くの喜びがもてます。それは世俗の価値(お金や名誉などの喜び)とは違う「生死(しょうじ)出づべき道(迷いを超えた人生)」との出遇いです。苦しみや悲しみの中でも人に生まれて良かったと、人生にうなずける身にさせていただくということです。

(19:00)

2014年01月15日

IMG_0259














「六つには心光常護(しんこうじょうご)の益」(聖典p251)

●浄土真宗の信心をいただいたときの利益の六つ目は、わたくしが疑いなく南無阿弥陀仏をいただいた今このときから、阿弥陀如来の摂取不捨(救いとって捨てない)の光明にまもられるということです。
今ここでの南無阿弥陀仏のおはたらきです。

(17:07)

2014年01月14日

IMG_1242












「四つには諸仏護念(しょぶつごねん)の益、五つには諸仏称讃(しょぶつしょうさん)の益」(聖典p251)

●諸仏とはいわゆる仏となられた先祖方々です。
諸仏は、還相(げんそう:浄土からはたらく)の菩薩となられて、本願を信じ念仏申す私たちを護り、また讃えてくださいます。
わたくしは、その導きによって浄土への道をしっかり歩ませていただいています。尊いことです。

(17:14)

2014年01月13日

IMG_0795a














「三つには転悪成善(てんあくじょうぜん)の益」(聖典p251)

●ご信心、つまり南無阿弥陀仏をいただいたものは、苦しみや悲しみを深い味わいに転じ、すべて阿弥陀如来のご用だったと喜べる人生が開けていくということです。
親鸞聖人はそのことを煩悩の氷がとけ、菩提の水になると讃えられています。

(17:06)

2014年01月11日

IMG_2712














「二つには至徳具足(しとくぐそく)の益」(聖典p251)

●至徳とは至極の功徳つまり、南無阿弥陀仏のお名号です。
お名号がわたくしにいつでもどこでも届いてご信心となっているということです。
よりどころがはっきりしているということは、今を精一杯生きる人生が開けるということです。ありがたいことです。

(17:06)