法恩寺ブログ

法恩寺の行事の紹介、30代住職の日々や考えを綴る

2016年02月

お話しをするということ

日蓮宗には布教師会というものがあります。

私ももちろん所属しております。

布教師会とは、主に法話(お説教)を通しての布教、つまりは、お坊さんとしてどのように人に法を説くか、どのようにお話しをするのかということを学ぶ会であります。

先週、その布教師会が主催で、私たち島根県日蓮宗の若手僧侶のための法話の勉強会が開かれました。 
講師は島根県の布教師会長の蔵本上人。
お話の達人であります。

テーマは自殺者の家族への法話。

非常に難しいテーマです。 

講師先生には自分の体験談をお話しいただきました。
高校生の自殺者のお話。
話の達人の先生にとっても非常に辛く、難しいものだということを仰っておられました。

お坊さんは、家族が亡くなり、とても悲しみを抱えている状況で話をします。
これは非常に難しいものです。

とくに、若い方が亡くなる、また自殺者の場合、正直かける言葉が見つからない場合も多くあります。
何かそれなりのことを言ったとしても、体験していない人間が言っても、遺族にとっては中身のないものに聞こえてしまうかもしれません。

今回の勉強会でも、これという正解の答えはない、という結論でした。
ただ、絶対にご遺族の心情を害してはいけないということを教えていただきました。

自分もそのような状況にあったとき、ご遺族の悲しみに寄り添い、その辛さを少しでも和らげることができればと感じます。
しかし、実際その場になったら何も言えない、いや、何も言わない方が良い場合もあるかと思います。
その場、ご遺族の心情をしっかり感じる、見る、眼を養うことも必要になります。

そして先生が強く仰っておられました。
「自分のいのちは、自分一人のいのちではない」
「今ある、いのちは、親さんから頂いたいのち。ご先祖様から脈々と受け継がれたいのち。決して自分だけで生きているのではない。」
そのことに気付いてほしい、と。
そしてそれを伝えるのがお坊さんの役目であると。

精進を重ねます。それしかありません。

後輩の帰山式

昨日、安来の本成寺さんの副住職、自分の後輩になる岡本上人の帰山式がありました。
帰山式とは、日蓮宗大荒行堂を無事に成満し、初めて自分のお寺に帰り、その報告をする式であります。
日蓮宗大荒行堂とは

DSC_0209

彼も無事に一回目の修行を終えて帰ってきました。
DSC_0221
DSC_0224
死ぬかもしれない、本当に辛い100日の修行を終えて、ようやく帰ってくる。
檀信徒の方も、家族の方々も涙を流す、感動的な式典でした。

自分の帰山式がもう六年前になります。
昨日の式を見ていると、自分の時のことが思い出されますし、そしてもう一度という気持ちも湧いてきます。
IMG_3618

修行は本当に辛いです。やりたくはありません。
しかし、終わった後のなんとも言えない充実感、自信というものが心に刻まれています。
修行が辛すぎるが故に、そのことは脳が忘れるようにしていて、それを終えた喜びばかりが残っており、帰山式を見ると、もう一度!という気持ちになるのだと思います。

行けるかどうかは自分だけの問題ではないので、簡単なことは言えません。

しかし自分の心の片隅にあるその気持ちが、この式典を通じて、すこし大きくなった気がいたしました。
shimane88_31

クリックして頂いたあなたに、合掌

br_c_3082_1
クリックして頂いたあなたに、合掌

link_tag

ご相談、お問い合わせは法恩寺ホームページまで

  

 

無事完走とはいかず・・・

今年の星祭り、水行シーズンがようやく終わり、ひと段落しております。

しかし、無事完走とはいかず・・
法恩寺の星祭りの日に息子、信太朗が発熱したわけですが、その後インフルエンザの陽性反応が(+_+)

その後、母親も感染(T_T)

信太朗を見つつ、水行を続けることになり、自分も移らないよう、そしてほかのお寺さんに迷惑にならないように努めることとなりました。

そしてなんとか最後の一回を残し、9回の星祭り、水行をこなし、ホッとしたのか、自分も発熱してしまい寝込むことに・・・

最後のお寺の星祭りは欠席することになってしまいました。
結局インフルエンザではなかったですが、その時は家族がそのような状態だったので、行くわけにはいかず、無念の断念でした。

たくさんの方々にご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳なかったです。

そんなボロボロの状態でしたが、今は皆元気になりました!
DSC_0171
DSC_0174
自分は熱が出ることが多く、体づくりをしっかりしないといけないなとつくづく感じております。
何事も体が健康であってこそですからね!

これから走るようにしようかな。
口だけにならないように精進したいと思います!! 

まだまだインフルエンザが流行っているようですので気を付けましょう!

寒修行、節分星まつり

1月21日から行われていました寒修行も2月2日で無事に成満いたしました!
天候が悪い日も多かったですが、たくさんの方に参加していただきました。
本当にお疲れ様でした!!

2日は寒修行の前にお焚き上げがありました。
1454407913960
 1年守っていただいた、お札などに感謝を込め、お経を読み、御祈祷をし
DSC_0023
 お焚き上げ。

最後の寒修行が終わると、参加の皆様で打ち上げ
DSC_0034
信太朗も元気に参加(この時までは・・・)
DSC_0031
 DSC_0037

そして翌3日は節分星祭りがありました!
自分は午前は妙本寺さん、午後は大慶寺さんの星祭りに行き水をかぶっておりましたので、檀家の皆様が準備をしてくださいました。
ありがとうございます!
おかげさまで法恩寺の星祭りも無事に開催。
1454505579250
水行をし
DSC_0067
参詣の皆様と1年の無事を祈り
DSC_0075
最後は豆まき!
DSC_0076

全て無事に終わりました。
ホッとするとともに、寒修行も、星祭りも、たくさんの方々の協力があってこそできたなと、感謝に堪えません。
星祭りの後も遅くまで残り、数人の方が片付けも手伝っていただきました。
本当にありがとうございます!

一つだけ残念なことが・・・
信太朗が昨日の夕方になり急な発熱。。
すぐお母さんが保育所に迎えに行き、病院へ。
インフルエンザではなかったのですが、楽しみにしていた星祭りに参加できませんでした。
今日はだいぶ元気になってきましたので大丈夫だとは思いますが、見せてやりたかったです。

自分は明日からも星祭りが続き、まだまだ水をかぶらなければなりませんので、風邪を引かぬよう頑張ります!
shimane88_31

クリックして頂いたあなたに、合掌

br_c_3082_1
クリックして頂いたあなたに、合掌

link_tag

ご相談、お問い合わせは法恩寺ホームページまで

 
プロフィール

houonji

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
タグクラウド