職業選択の自由

■条文【第22条1項】
何人も
公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

■意義 
職業を選択する自由と選択した職業を遂行する自由(
営業の自由)も含まれます。

■保障の限界(制約)
公共の福祉の要請に基きその自由に制限が加えられることがある。
 
目的二分論→経済的自
      ⇓
消極目的による規制⇒緩やかな基準
他社の加害防止や他人の人権のために許される規制

積極目的による規制⇒かなり緩やかな基準 
経済的、社会的弱者の保護という福祉国家の実現のための規制


《参考》   
目的二分論
薬局距離制限事件違憲判決
小売市場事件⇒合憲判決




☆関連記事
【行政書士】憲法 表現の自由 検閲

☆関連サイト
 行政書士サイトはこちら
行政書士になるなら
あなたの時間は限られている!最も効率的な法律学習法!


ランキングに参加しています☆
応援クリックを頂けると励みになります☆
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村