国会 衆議院の優越


二院制のメリットは審議を慎重に行うことができる。
しかし、その為に審議に時間がかかり決まらないこともある。

衆議院の優越
(下記4つ)はそういった国政の渋滞を防止するために認められている。


法律案の議決(憲法59条)
予算の議決(憲法60条)
条約の承認(憲法61条) 
内閣総理大臣の指名(憲法67条2項)


① 衆議院・・可決⇒参議院・・否決⇒両院協議会(任意的)⇒衆議院・・出席議員3分の2以上の多数で再可決⇒法律成立(参議院が議決を受け取って60日以内※2に議決しない場合は否決とみなす※1)

② 衆議院・・議決⇒参議院・・異なる議決⇒両院協議会(必要的)不一致⇒衆議院の議決が国会の議決となる(参議院が議決を受け取って60日以内※2に議決しない場合⇒衆議院の議決が国会の議決となる)
③ 同上

④ 衆議院・・議決⇒参議院・・異なる議決⇒両院協議会(必要的)不一致⇒衆議院の議決が国会の議決となる)(参議院が議決を受け取って10日以内※2に議決しない場合⇒衆議院の議決が国会の議決となる)


※1 みなす⇒ある事柄について事実と異なっていても法律上、その事実と同じように取り扱える
※2 国会休会中の期間を除く



ランキングに参加しています!
クリックしていただけると励みになります。
  ↓↓

にほんブログ村