2017年08月03日

お約束と、再度のご確認

お盆が近づき、転院が増えて、空き室情報が変わっています。
お部屋が必要な方は見て下さいね。
帰れるのならば、自宅のそばの病院でお盆が迎えられるのは嬉しいことです。
ご家族や親戚、友人たちが、患者さんの帰りを待ってますものね

さて、ここでファミリーハウスに宿泊される時の私達との約束を、再度確認をさせていただきます。

★手続きの時間を厳守して下さい。
入居時には前日までに予約係と電話で時間のすり合わせをして、「明日〇時に来て下さい」と手続きの時間を伝えています。
その時間を必ず守って下さい。

何の連絡もなく15分遅れてくる人、「5分ほど遅れます」と言いながら平気で30分遅れてくる人など、時間の約束を守れない方が増えています。

京都ファミリーハウスは、付き添うご家族の都合を優先して場所を決めたので、私達スタッフは宿泊施設のそばには住んでいません。
ボランティアスタッフは仕事や自分の休みの時間を都合して、片道30分以上かけて、お約束の時間を守って宿泊者の手続きに行っています。

そして宿泊者はあなただけではなく、時間通りに来た次の人も手続きを待っています。
時間厳守できない方は、当日の宿泊をお断りすることがあります(手続きができてないし)。
ご了承ください。

★宿泊人数は2名です。
京都へは観光ではなく、患者さんの付き添いに来られるのですから、布団は2組しか置いていません。
3人で宿泊される場合には、必ず予約係に連絡し、一泊であっても貸布団を借りて下さい。
布団無しで寝て体調を崩されては、何をしに京都に来ておられるのかわかりません。

なお宿泊できるのは、患者さんを中心に3親等までです。
叔父さん叔母さん、従兄弟などは泊まれません。
お見舞いではなく、患者さんのお世話をするための付き添いの部屋であることを、今一度ご家族、ご親戚でご確認ください。


house0581 at 18:21│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字