京都鉄道博物館布地

2017年11月27日

吉田児童館バザー

昨日は吉田児童館のバザーに参加させていただきました。

BlogPaint

吉田児童館は、京都ファミリーハウスの近くにある児童館です。

家族が入院しても、病棟には子どもは入れません。
学校の休みに病院にやって来ても、小さい子ども達は病気のきょうだいに会うこともできません。
でも、京都に来ればきょうだいに付き添うお母さんに会うことは出来ます。

心臓病は先天性のものなので、病児のきょうだいはみんなまだ小さな子ども達です。
そんなきょうだい達のことがずっと気がかりで、京都ファミリーハウスを立ち上げた時に吉田児童館に「宿泊者のお子さんを児童館で遊ばせてもらえないでしょうか」とお願いしに行きました。
幼児は付き添いがあればOK、小学生から上の子さんは一人で来てもらってもいいですよ、と受け入れて下さいました。

宿泊される子どもの数は少ないですが、「児童館がありますよ」とお伝えしておくと、遊びに行っておられる方もあるようです。

吉田児童館には京大病院の職員のお子さんも何人か通っておられるようで、「京都ファミリーハウスのことは、よく知ってますよ」と声をかけて下さる方もおられました。

BlogPaint

ご近所の方とも、初めてお話ができました。
私達は滞在施設に常駐していないので、周りの方々の目や耳や手で助けていただけると心強いです。
吉田児童館の皆さま、ご近所の皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


house0581 at 12:41│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
京都鉄道博物館布地