金融機関の住宅ローン金利ブログ

金融機関の金利の変動具合を記していくブログです。

住宅ローンは借りやすい時期です。

今の時期は住宅ローンがとても借りやすい時期です。金利が1%を切る金利で貸してくれます。



不動産も安く住宅を買うにはいいタイミングです。多くの人が住宅を買っています。



今は賃貸料と同じ支払いで家が買える時代です。年収の7倍迄、借りることが出来ます。



近くで年収の7倍で買える物件が有ると考えて見たほうが良いです。



100万円当たり3000円位の支払いです。35年払いの1%計算です。3000万円借りて、月90000円の支払いです。



賃貸の3倍くらいの広さが手に入ります。家賃は大家さんを楽にさせますが、ローンは自分の資産になります。



よく考えて近くにいい物件が有ると買ったほうが良いです。買主に有利な時代です。将来が安心できます。


最後にローンを組む時に私が参考にした住宅ローンサイトを紹介します。 


住宅ローンを組む前にというサイトが 体験の具体例などが紹介されてあったり、


結構為になりました。みなさんも是非お役立てください。 

住宅ローンの準備

人生における大きな買い物はやはり住宅ですよね。一昔前ならマイホームの購入が大きな夢でもあり目標でもありました。
その分住宅を買うためには、住宅ローンについての勉強を用意周到に行う必要があります。調べれば調べるほど複雑な住宅ローンのこと、一つひとつの言葉の意味や金利の種類を、ローン商品の特徴などをチェックしたほうが後々のためです。住宅ローンの比較サイトや金融機関のサイトを参考にしながら借入のシミュレーションをしておくことをお勧めします。

2011年4月のフラット35の金利

2011年4月のフラット35取扱い金融機関の変動金利は、返済期間が21年以上35年以下のもので金利幅が2.630%~3.580%となっています。SBIモーゲージやオリックス、楽天銀行、全宅住宅ローンなど、取扱金融機関が提供する金利のほとんどは2.30~2.63%で、先月よりもやや上昇傾向です。
その他の主要金融機関ではみずほ銀行が2.52~2.85%、三井住友銀行が2.84~3.17%と金利水準は高めです。金融機関の金利をさらに詳しく知りたい場合は、住宅金融支援機構を参考にしてみるとよいでしょう。

2011年3月のフラット35の金利

2011年3月のフラット35を取扱っている金融機関の変動金利は、返済期間が21年以上35年以下のもので金利幅が2.540%~3.540%となっているのが現状です。SBIモーゲージや楽天銀行などをはじめ、取扱金融機関が提供する金利のほとんどは2.26~2.54%で、先月よりもわずかに下落しています。
その他の主要金融機関ではみずほ銀行が2.48~2.76%、三井住友銀行が2.85~3.13%と金利水準は高めです。

住宅ローンを賢く利用するには減税を活用することです。住宅ローンの減税で優遇措置を受ければ税額控除でお得なローンが組めるでしょう。 

住宅ローン借り換えを考える

もう既に住宅ローンの借り換えを検討したことがある人ならおわかりだと思いますが、借り換えの際に一番面倒でわかりにくいのが金利の比較でしょう。そのほかにも借り換えをする際にかかる保証料や事務手数料などの諸費用もあったりで非常に複雑です。一から気合を入れて勉強でもしないとまったく借り換えの利点がわからないまま行ってしまうことになりがちです。
現在ではネットバンクが登場したりで、金利が本当に低くて保証料も事務手数料も一律無料という銀行も出てきていますが、これらの金融機関の審査は結構厳しいのが現実です。今のローンを分析した上で住宅ローン借り換えすることに意味があるのかを考えて、身の丈に合った住宅ローン商品を選んでみるのが大切です。

2011年2月のフラット35の金利

2011年2月時点のフラット35を取扱っている主要な金融機関の金利を紹介します。返済期間が21年~35年のもので金利幅は2.27%~3.50%になっているのがわかります。
楽天銀行は返済20年以内が2.27%、返済21年~35年が2.55%となっています。先月から若干上昇しました。その他の主要金融機関ではみずほ銀行が2.49~2.77%、三井住友銀行が2.85~3.13%と少し高めの金利水準です。

低金利水準で推移している住宅ローン金利は適正?

住宅ローンの金利は不景気もあって長年低金利の水準が継続して続いています。日本経済のバブルがはじけ、1990年代から徐々に低下し現在では3%を切る水準で推移しています。この金利水準は高いのでしょうか、それとも適正なのでしょうか。
長期的な低金利の時代になって久しいですが、長期的視野で住宅ローンの金利の動向を予測してみると、今の状態が普通なのではないでしょうか。将来的には金利上昇リスクもあるかもしれませんが、急に住宅ローン金利が再び4%台に乗るとは考えられません。数十年後はわかりませんが、そういうふうに長期的な金利展望を予測しながら住宅ローン金利の検討をしてみるのが良いでしょう。

住宅ローン比較バンクhttp://xn--nckg3opa4abb1e3222bfszair1bei2f.net/ でオススメの金融機関を探すとご自身にぴったりな住宅ローン商品が見つかると思います。住宅ローン人気ランキングからもカテゴリ別に金利や保証料などを比較できるのがメリットです。

2011年1月のフラット35の金利

2011年1月時点のフラット35を取扱っている主要な金融機関の金利を紹介します。返済期間が21年~35年のもので金利幅は2.41%~3.40%になっているのがわかります。
SBI住宅ローンは返済20年以内が2.17%、返済21年~35年が2.41%となっており、その他の主要金融機関も同程度の金利水準で最低となっています。

2010年12月のフラット35の金利

2010年12月のフラット35取扱い金融機関の変動金利は、返済期間が21年以上35年以下のもので金利幅が2.400%~3.350%です。SBIモーゲージをはじめとしたほとんどの取扱金融機関が提供する金利は2.15~2.40%となっているのがわかります。
その他の主要金融機関で三井住友銀行が2.88~3.13%、はみずほ銀行が2.37~2625%と金利水準は高めです。金融機関の金利をさらに詳しく知りたい場合は、住宅金融支援機構に掲載されている情報を役立ててみるとよいでしょう。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ